Copyright(C)2019 BELLCO Co, ltd All Rights Reserved. 毎年お盆供養のお布施をお寺に納めておりましたが、今年は遠方に転居してしまったので現金書留で送りたいと思っております。その際添え状の「頭語、結語」は「拝啓、敬具」で良いのでしょうか?またどの様な文面にしたら良いのでしょうか Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 正しいお布施の渡し方についてご紹介。【アンケート回答で5,000円進呈】急な葬儀・斎場・葬儀場探しは電話1本で即見積り、最短30分でお迎えに!「いい葬儀」は葬儀社・斎場・火葬場から葬儀プランが探せる日本最大級の葬儀ポータルサイトです。 6 書き方と渡し方を意識しておこう お盆のお布施の相場は? お盆に渡すお布施というのは、一般的に提供されるサービスのように価格設定が明らかにされているものではありません。 お布施の渡し方をわかりやすく解説。袱紗(ふくさ)を使う場合の包み方やお札の入れ方・向き、お坊さんにお布施を渡すタイミングやその際にかける言葉を紹介。 0120-553-423 10:00-22:00(土日祝も営業!) 不動産手続き 預貯金手続き 運営会社 お申込みはこちら 無料で資料請求! menu. close. Copyright (C) 2020 冠婚葬祭のマナーや気になる疑問を解消しよう! All Rights Reserved. 「お盆に渡すお布施はいくら?相場と渡し方のマナーを解説」こちらのページは「よりそうお葬式」が運営しています。「よりそうお葬式」はご家族・親族中心でゆっくりお見送りができる小規模の家族葬をセットプランでご提供しています。お葬式に関わるご依頼やご相談は24時間365日無料で承っておりますのでお気軽にご連絡ください。経験豊かな専門の相談員がどんな些細なことでも親身にご相談に乗らせていただきます。, ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:株式会社クロス・マーケティング. 法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があるのをご存じでしょうか。今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきたいと思います。 copyright © 2020,Yoriso.Co.Ltd. 法事の際に僧侶の方にお経をあげてもらった際にその感謝の気持ちとして渡すのがお布施です。実はお布施は単に手渡しをすればよいというものではなくきちんとした渡し方があるのをご存じでしょうか。今回は法事の際の常識でもあるお布施の渡し方について見ていきたいと思います。 四十九日法要やお盆、年忌法要にてお坊さんをお手配します。クレジットカード払いにも対応。, お盆になると、菩提寺の住職がお経をあげに各檀家を回ります。その際に住職にお布施を渡しますが、新盆のときと普段通りの読経をあげてもらうときで、取り扱いが異なってきます。特に新盆は親戚への知らせや法要の準備などが忙しく、お布施のことまでなかなか気が回らないものです。一方、普段通りのお盆であっても、年に一回しかないため相場や渡し方などを失念しがちです。そこでこちらでは、お盆に渡すお布施の相場やお布施を渡すときのマナーなどについてご紹介していきます。, お盆に渡すお布施というのは、一般的に提供されるサービスのように価格設定が明らかにされているものではありません。日本ではお金に関する話はあまり公にしないこともあり、地域や内容によって異なるお布施の相場がわかりにくく、慣れないうちは苦労しがちです。もちろん、普段からお世話になっている菩提寺の住職と親しければ、その都度おおよそのお布施として渡すべき相場を尋ねることもできます。ですが、特に金額が決まっていないため、個々の檀家の判断にゆだねるという回答をされることも珍しくありません。, また、菩提寺を同じくする檀家同士であっても、金額に開きが見られることも多々あります。そもそも、お布施というのは自分の生活に支障がない範囲で、お寺や住職に感謝する気持ちを包むものですので、収入や感謝の気持ちに応じて差異が生じるのはある意味当然のことです。そこで、こちらではあくまでも一般的な相場としてお布施の金額をご紹介します。, 宗派やお寺によっても異なってきますが、通常のお盆で渡すお布施の相場は、5000円以上が多いです。毎年のことでもあり、多めにお布施を渡すところでも1~2万円までというのがほとんどです。通常のお盆では、住職は檀家の自宅に訪問し、読経をあげてすぐに他の檀家のところに向かうため、読経のための準備やお布施、お茶などの通常のもてなし以外に特別に用意しておくものはありません。, 一方、新盆というのは故人が亡くなってから四十九日の忌明けを過ぎ、初めて迎えるお盆です。このときには住職だけでなく、親族や故人が親しくしていた知人などを招いて法要を行います。, 自宅や故人が埋葬されているお墓の前で読経をあげてもらったり、新盆を迎える檀家がお寺に集まって合同で法要を行ったりとそのやり方は様々です。いずれにしても、新盆は通常のお盆よりもお布施の相場は増え、3万円以上包むことがほとんどです。新盆の場合は金額の開きも大きいですが、目安としては、上限は5万円程度と考えておきましょう。, また、新盆では墓参りや読経だけでなく、招いた人との会食の席を用意することもあります。そのため、住職にもお布施とは別に、お車代として5000~1万円、お膳料として5000~2万円程度用意しておくべきです。地域によっては、厳禁のお布施以外にお供え物の果物やお膳の現物などを渡すこともあります。, お盆のお布施は、単に適当な袋に入れて、あるいは現金を何にも包まずにそのままで住職に渡せばよいというわけではありません。包むための品物はもちろん、包み方や渡し方にもマナーがあります。, お布施を包むときには大きく分けて二通りの方法がありますが、正式な包み方は、半紙や奉書紙を用いる方法です。まず、半紙でお札を包んで中包みの状態にします。半紙がない場合には、白い封筒状の中袋にお札を入れても構いません。, これをさらに奉書紙で包みますが、お寺に不幸があったわけではありませんので、弔事の折り方にはしません。まず奉書紙の上側を折り、次に下側を重ねる慶事の折り方にしましょう。奉書紙は全体が無地なので表と裏がわかりにくいですが、触ってみてつるつるしている方が表面で、ざらついて光沢が少ない方が裏面になります。, 奉書紙は文房具店やネットなどで手軽に入手できますが、ネットではお布施を渡すときに間に合わず、店舗を探し回っても代用可能な封筒しか見つからないこともあります。このような時には、もう少し略式な方法として、白い封筒にお布施を入れる包み方もあります。, 手軽に使えるものとしては、「お布施」と印刷してある封筒が市販品で売られていますが、これも見つからない場合には、白い封筒で郵便番号が印刷されておらず、二重になっていないものを用意します。というのも、二重になっている封筒は同じことが二度重なるという意味になりますので、不幸ごとにはあまり向いていないからです。「お布施」とあらかじめ印刷してある封筒と、一回り小さい中袋がセットになっている商品ならば、不幸が重なるという意味には取られませんので、中袋にお札を入れてからお布施袋に入れるという包み方で差し支えありません。, なお、市販の封筒を使う場合には、中袋を用意せずにお札を直接入れても問題ありません。この場合には、封筒の表面に氏名を、裏面に住所や電話番号、金額などを記しておくと、複数の檀家を回る住職が後でお布施を取りまとめるときに整理しやすく親切です。金額を書くときの数字は、壱、弐、参といった旧字体の漢数字です。お布施のために用意するお札は葬儀の時などとは異なり、前もって準備しておくことができるものですので、新札を使用しましょう。お札を入れる向きは、封筒の正面上部にお札の肖像画がくるようにします。, お盆に渡すお布施の封筒には、水引は一般的には必要ないといわれています。実際、奉書紙にお布施を包んで渡す場合などは水引がついていませんし、市販の白封筒を使う場合でも、水引をつけずに渡しても何ら問題はありません。, ただ、これは一般的な考え方であり、地域によっては水引をつけなければならないケースも見られます。この時でも、水引と封筒が別々になっている不祝儀袋やお布施用の専用の封筒を用い、最初から水引が印刷されているのし袋は使わないようにします。, 水引にはいろいろな結び方がありますが、お布施として使う場合には、結びきり、あわび結びのものを使います。封筒は右上にのしがついておらず、柄や地模様のない白い封筒を選びましょう。, また、水引の色は、仏教であれば関東は双銀や白黒のものが一般的で、関西では白黄のものを使用することが多いです。神式の場合には、地域に関係なく双銀のみとなっていますので、特に白黄の水引に限定される地域でなければ、白い封筒に双銀の封筒を用意しておけば問題ないでしょう。水引の数は5本または7本で、表書きは仏教の場合と神式の場合で異なっています。仏教では「お布施」や「御礼」が一般的ですが、神式では「御礼」や「御祈祷料」、「御祭祀料」です。, 以上が水引を付けた場合の一般的なマナーですが、大まかな地域の中でも、特殊なルールが存在することも珍しくありません。転勤や結婚などで、これまでと風習が異なる地域に引っ越して間がないときには、どのようにお布施を用意しているのかを前もって聞いておいた方がよいでしょう。, お布施袋に表書きなどの必要事項を書くときにも、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。せっかくお盆のお布施用にきちんとした封筒や奉書紙を用意しても、書き方で失敗しては台無しです。ある意味、お布施袋そのものよりも、住職の目につきやすいところですので、正しいマナーに従って書くようにしましょう。お布施袋に書くときによく間違えられるのが、お香典などと混同して、薄墨を使用するというものです。お盆の法要は弔事の延長のように考えられがちですが、お布施というのは読経をあげた住職への御礼の気持ちが込められていますので、通常の黒い墨を使い、筆で書くのが正しいです。, お布施袋に書く内容は、表書きとして上段中央に「お布施」と書きます。既に印刷されている場合には、こちらは省略して構いません。また、一般的には「お布施」と表書きをしますが、記入しない場合もあります。そして、下段中央には自分の名前、あるいは檀家一同として「○○家」と記入します。表側に名前を書いている場合には、封筒の裏側に住所や金額を記入しましょう。奉書紙では、「お布施」と記入して、中包みの裏側、右下にお布施として入れてある金額を旧字体で縦書きし、左下に住所や氏名を記入します。慶事では中包みの表側中央に金額を記入していますので、混同しないように注意しましょう。, お布施袋に必要なことを記入するときには、慶事のように力強く、大きな字で書く必要はありません。読みやすい大きさで、丁寧に書くようにしましょう。また、お布施袋の文字は住職へのお礼の気持ちを込めて書くものですので、雑な書き方や汚い字、必要以上に崩して読みにくくしている字などは避けるべきです。パソコンやプリンタが普及した現代では、字を書くのが苦手な人の中には、封筒に筆文字で印刷をする人もいます。印刷すれば確かに字は綺麗で読みやすいですが、お礼の気持ちを込めるという意味では気持ちが伝わりにくくなるでしょう。字に自信がなくても、できる限り丁寧に、読みやすいように心を込めて書いた文字の方が活字よりも価値があります。, お布施の準備ができたら、後は住職に渡すときのマナーです。結婚式や葬儀の受付では直接手渡しすることも多いですが、お布施を住職に直接手渡すことはマナー違反です。また、テーブルや畳、床などの上に置いて渡すことも失礼に当たりますので避けましょう。, お布施を住職に渡す方法は、自宅で読経をあげてもらったときと、自宅以外で法要を行ったときで若干異なります。, 自宅の場合は基本的に屋内でお布施を渡すことになりますので、お盆や菓子折りの上に置いて、それらと一緒に住職に差し出します。お盆は切手盆とよばれる黒塗りの小さいお盆を使用し、食器などを運ぶときに使うお盆は使いません。手元に切手盆がない場合には、会場や葬儀社などで貸し出しをしていることもあります。, また、菓子折りを使うことも可能です。お布施以外に菓子折りなどを渡すときには、お盆は省いて菓子折りにお布施袋を乗せて、菓子折りごと渡すという流れです。, 一方、自宅以外で法要を行ったときには、屋外で渡したり、靴を脱がない屋内で渡したりすることも想定されますので、袱紗(ふくさ)に包んで渡すようにします。袱紗は紫色のものを用意しておくと、慶弔療法で使うことができて便利です。従来からある風呂敷タイプでも良いですし、簡単に取り出せるケースタイプでも問題ありません。風呂敷タイプで包むときには左側につめが来るように袱紗を開き、お布施袋を置いたら右側、下、上、左の順に織って包みます。渡すときには一度袱紗から取り出して、袱紗の上にお布施袋を乗せてから袱紗ごと差し出します。, なお、いずれの場合でも、渡すタイミングは読経の後が一般的です。合同で法要を行うときや会場を借りている場合などは、菩提寺や会場などに相談するのもよいでしょう。渡すときには、お布施の文字が相手から読める向きにしてから差し出します。新盆などで、お布施とは別にお車代やお膳代などを渡す場合には、お布施を差し出すタイミングでお布施袋と一緒にお盆や菓子折り、袱紗などの上に置いて、そのまま渡すようにしましょう。, このように、お布施を渡すときには書き方や包み方、渡し方などにきちんとしたルールがあります。お布施というのは、お盆のときだけでなく葬儀や法事など様々な時に用意すべきものですので、きちんと知っておいて損はありません。その地域や宗派、菩提寺のやり方を理解して、決まり通りに準備をして渡すのが理想的ですが、お金のことでもあり、菩提寺や周囲の人に聞いても明確な答えが得られないこともあります。そのため、まずは一般的なお布施の渡し方を理解しておいて、法要に呼ばれたときなどに独特な決まりごとがないのかをチェックするとよいでしょう。, まず覚えておきたいのが、お布施というのがお香典などのような不祝儀と同じように扱うべきではないという点です。お布施は菩提寺や読経をあげた住職への感謝の気持ちですので、弔事と同じマナーで準備をして渡してしまうと、先方に失礼をしてしまいます。かといって、結婚式のような純粋な慶事でもありませんので、慣れないうちは特殊な決まりごとに迷うことも多いでしょう。まず、失礼のないようにマナーを重視したいのであれば、お布施袋の書き方と住職への渡し方は特に意識しておくと安心です。, よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客様の理想の旅立ちをサポートする会社です。, ※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。. All Rights Reserved. 不祝儀袋をイメージされていた方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には白い封筒がマナーです。, お寺などに出向いてお布施を渡す場合、外の時など、自宅以外でお布施を渡す場合、袱紗に包んだお布施を出して渡すのもマナーでしょう。, というのも、次で説明しますが、自宅では袱紗以外のものを用いてお布施を渡せるからです。, 今日は〈台付きふくさ〉の包み方です✨ 〈台付きふくさ〉とは… 切手盆(きってぼん:お金のやり取りのお盆)と ふくさを兼ね備えたもので、埃よけなどの為に用います。 台付きふくさは、中の敷台の色を使い分けることで慶弔両方に使えるので便利です お祝いの席と悲しみの席では包み方が異なります。 今回は悲しみの席の包み方です 1、爪を右にして広げます 2、左を折ります 3、下を折ります 4、上を折ります 5、右から左に包み爪を留めます お渡しするときは、中の金封紙のみを渡します follow me @chi_ha_15, Chiharu☆ライフコンサルタント(@chi_ha_15)がシェアした投稿 – 2019年 8月月12日午前8時41分PDT, 今後のことを考えると、一つ用意しておくのがいいですが、急ぎの場合には代用品でまかなうこともできます。, 喪主の手から僧侶に渡すのではなく、お布施をお盆に乗せ、お盆を介してお布施を渡すという方法です。, 切手盆(きってぼん)や祝儀盆(しゅうぎぼん)という黒いお盆ですが、なければ家にあるお盆でもかまいません。, 【送料無料・ネコポス便代引き不可】PC DX切手盆 8寸(24cm) 紀州漆器 名刺盆 祝儀 慶弔 名入 家紋 ロゴ入れ 香典盆 結納盆 紀州漆器 祝儀盆 万寿盆 結納 金封 袱紗 転職 長寿祝い 初盆 お盆 【家紋入れ】, このお盆、安いものでは千円前後からあありますが、高価なものでは数万円するものまで。, お盆は自宅だけでなく、お寺など外で渡す際など、お盆ごと袱紗で包んで持参してもいいでしょう。, お布施を渡す機会は、葬儀・初七日・四十九日・納骨式・一周忌・その後の年忌法要などありますが、以下のように色々タイミングがあります。, まず、葬儀プランにお布施費用まで全部組み込まれ、葬儀社定型の僧侶を呼んだ場合など、支払い時に他の費用と合わせて葬儀社に支払いましょう。, ただ、これはその葬儀社などによっても異なるため、「お布施費用はどうしたらいいのか」事前に確認しておく必要があります。, お寺で法要を行う際、お寺の受付が設けてあれば、誰の法要なのか、故人名と施主名を伝えた上で受付の人に渡しましょう。, その際、素直に「お布施はいつ出したらいいでしょうか?」と質問しても問題ありません。, 帰られる際というのは、「次の予定もありますので」など、僧侶が帰り支度を始められたタイミングなどがいいでしょう。, 菓子折りを添えたい場合でいうと、袋から出した菓子折りの上にお布施を乗せる(菓子折りの上にお盆)という渡し方がベストです。, などが適しており、「志」「粗供養」「粗菓」「御仏供」「御礼」などと書くのが一般的でしょう。, 義父が亡くなり、葬儀は義母が喪主だったんだけど、「法事はあなたたちが家を継ぐわけだから取り仕切っていって」と言われ、お布施の渡し方すらわからない私はどうしたらいいのかと思って。, 渡し方のマナーは袱紗やお盆を用いるのが丁寧だとわかったけど、いつどのタイミングで渡せばいいのかしら?. 切手盆にお布施をのせる渡し方は、古くから伝わる方法です。切手盆は、不祝儀袋がぴったり乗るサイズで、黒塗りの盆のことです。切手盆が家にない場合は、ほどよい大きさのお盆で代用してもよいでしょう。 copyright © 2020,Yoriso.Co.Ltd. 「初盆(新盆)に必要なお布施の相場は?お布施の渡し方とタイミング!」こちらのページは「よりそうお葬式」が運営しています。「よりそうお葬式」はご家族・親族中心でゆっくりお見送りができる小規模の家族葬をセットプランでご提供しています。お葬式に関わるご依頼やご相談は24時間365日無料で承っておりますのでお気軽にご連絡ください。経験豊かな専門の相談員がどんな些細なことでも親身にご相談に乗らせていただきます。, 本日は○○の初盆(新盆)に際し、お心のこもったお勤めを頂きありがとうございました。 些細ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。今後ともよろしくお願いいたします。, 本日は○○の初盆(新盆)に際し、お心のこもったお勤めを頂きありがとうございました。 また、お忙しい中最後までお付き合い下さりありがとうございました。 些細ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。 今後ともよろしくお願いいたします。, 本日はお暑い中お越し頂きありがとうございます。本日は何とぞよろしくお願いいたします。, 本日は○○の初盆(新盆)に際し、お心のこもったお勤めを頂きありがとうございました。些細ではございますが、お礼でございます。どうぞお納めください。 今後ともよろしくお願いいたします。, 本日はお暑い中お越し頂きありがとうございます。 本日は何とぞよろしくお願いいたします。, ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:株式会社クロス・マーケティング. お布施を渡すときに添える言葉、ふくさ(袱紗)に包んだりお盆を使って渡す方法、向きはどうしたらいいのかについて確認をしていきましょう。, お布施はもちろんお経をあげてもらったことへの感謝の気持ちを込めて渡すものですが、いろいろとマナーがあることを知っていますか?, 今回は、法事を行う際に僧侶の方を読んだときのお布施を渡す時の渡し方のマナーをいろいろご紹介していきます。, お布施の渡し方とお布施を渡す時にはどのような言葉をかければいいのかについてご紹介します。, その為、ただ無言でお渡しするものではなく、お渡しするときにはきちんと言葉を添えることが必要です。, 本来であれば、切手盆にお布施を乗せ、かけ袱紗をかけ、さらにそれを風呂敷などで包んで持っていき、風呂敷から出してかけ袱紗はそのままにして差し出すのが一般的でした。, しかし、最近ではふくさは省略し、切手盆などに直接お布施を乗せてお渡しすることが多くなりました。, お盆は切手盆という普通のお盆よりも小さなものを用いることが多いですが、もしもない場合には普通の小さなサイズのお盆に乗せてお渡ししても問題ありません。, ふくさにお布施を包んで持っていき、渡す前に出して机の上などにおいてお渡しする方法もあります。, 最近ではお布施を乗せる専用の「切手盆」という小さなサイズのお盆でお渡しするのが一般的となっています。, もちろん切手盆はきちんと用意しておくのが一番良いのですが、時には準備がなかったり間に合わなかったりすることもありますよね。, ただ、普通のお盆でお渡しするときでも、出来ればお布施に合わせて小さめのお盆を用意するといいですよ。, お布施というのは、お経をあげてくださった僧侶の方へお礼としてお渡しするものですよね。, お布施をお渡しする向きは、もちろん表書きを僧侶の方に向けてお渡しするのがマナーです。, お布施をお渡しするときには、きちんとお礼を述べた後、切手盆にのせたり袱紗に包んでお渡しするのがマナーとなります。, 小さなことかもしれませんが、行えないと常識のない人と思われてしまうので、しっかりと覚えておくようにしましょうね。. All Rights Reserved. お布施は事前に準備をしておき、葬儀や法要でお世話になった僧侶に渡します。しかし、お布施の表書きをどのように書けばよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。仏教にはいくつかの宗派があり、お布施の表書きの書き方も宗派によって異なるので注意が必要です。 お布施を僧侶に渡す機会といえば、葬儀後・初七日・四十九日・初盆・年忌法要など。 とくにお盆は毎年のことだし、年忌法要も定期的。 マナーをわかっておらず、間違った渡し方をしていると、お叱りを受けることも・・・。 法事でお布施の渡し方に義叔母から注意を受けた。 お布施の渡し方のマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。お布施を渡すときに添える言葉、ふくさ(袱紗)に包んだりお盆を使って渡す方法、向きはどうしたらいいのかについて確認をしていきま … 四十九日法要やお盆、年忌法要にてお坊さんをお手配します。クレジットカード払いにも対応。, 初盆(新盆)に合わせて菩提寺の僧侶にお願いをする法要のことを「初盆法要」と言います。 そして、初盆(新盆)法要を執り行って頂いたお礼として僧侶にお渡しするもののことを「お布施」と言います。, 新盆(新盆)法要が執り行われる場所は、自宅やお寺、会館、お墓の前など様々ですが、僧侶によって執り行われる法要の内容に関しては基本的に同じとなりますので、 お布施としてお渡しする金額は場所には左右されません。 では、そのお布施は一体いくらお包みしたら良いのでしょうか。, 初めて迎えるお盆ということであれば、尚更悩んでしまいます。 あまり高額なお布施は包むことができないけれど、故人のことを思うと低い金額をお渡しして僧侶のご機嫌を損ねてしまったり、非常識な人だと思われてしまったりしたくないという気持ちもあるでしょう。, 初盆(新盆)は故人にとっては一度限りのものとなりますので、気持ちよく新盆で故人お迎えしたいと誰しも思うことです。実は、お布施に関しては知識を持っていることで悩みを解消することができます。, こちらでは、お布施とはそもそもどのようなもので、相場がいくらぐらいかを含め、詳しく説明していきますので、ぜひ参考にして準備を進めてください。なお、浄土真宗に関しては、お盆の時期に故人が戻ってくるという考えがありませんので、初盆法要というものもありません。, その代わりに「説法会」が開催されますので、ぜひ、参加されることをお勧めします。 説法会の日程に関しては、事前に菩提寺に確認をしましょう。 なお、説法はお寺で開催されるものもありますが、 自宅に僧侶をお招きして説法をして頂くことも可能です。 初盆法要はありませんが、 ご親族が集まるなど予定がある場合はお願いしても良いでしょう。その場合は、早めに予約をすることをお勧めします。, 初盆を含め、法要・法事を執り行って頂いた際に僧侶にお渡しするお礼金となります。 お布施はあくまでもお礼となりますので、地域によっては現金ではなく品物を渡します。 このお布施、僧侶にお渡ししますが、本来はご本尊様に対しての感謝のしるしとなります。, そのため、お布施はお寺を運用していくために使われることになります。 お寺は檀家のお布施によって保たれているのです。, 初盆(新盆)法要で僧侶に来ていただく場合に、僧侶に渡すお礼料はお布施の他にもあります。 こちらでは、各種類について概要を説明します。 詳細については、それぞれのタイトルで説明していますのでご参照ください。, 初盆法要でお渡しするお布施の金額は明示されているものではありません。 お布施はあくまでもお礼料となるため、渡す側の気持ち次第となります。, しかし、初めて迎えるお盆の場合、いくら包めば良いのか分からないというのが本音です。 金額に関しては、宗派や地域、家の慣習によっても変わってきますが、一般的な相場は以下の通りとなります。, 初盆のお布施の金額が高いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、新盆法要は僧侶が法要を執り行う場所に出向き、儀式を執り行います。また、故人が初めて家に戻られるため、親族や親しい友人・知人を招いて盛大に行いますので、その分、僧侶にもお手間をかけて頂くこととなりますので、決して高すぎる金額ではないということを理解しておくと良いでしょう。, お布施をお渡しする場合、直接僧侶に手渡すことはマナー違反となります。 また、お渡しするタイミングも重要となってきます。 こちらでは、お渡しするタイミングと渡し方についてご紹介します。, 基本的に法要もしくは会食が終わった後にお渡しします。 なお、当日は何かとバタバタしてしまうため、法要が始まる前にお渡しする場合もあります。 どちらの場合でも、必ずお礼の言葉を添えてお渡しするようにしましょう。, ① お布施を袱紗で包みます 袱紗は正式には四方に房がついたものとなりますが、一般的な袱紗でも良いです。 袱紗の色は紫など弔事用の色を用い、包み方も弔事用となります。, ② 切手盆(小さいお盆)の上に①を乗せます 切手盆の色は正式には黒となります。もし無い場合はご自宅にあるものを使います。, ⑤ 切手盆を差し出します 封筒に書いた「お布施」の文字が僧侶の方に向くように切手盆を差し出します。 袱紗でお渡しする場合は、袱紗を両手の平に乗せて僧侶に差し出します。, ※①と②は事前に準備しておくことになります。※お車代、御膳料を一緒にお渡しする場合は、上からお布施→お車代→御膳料の順に乗せます。, お布施の袋には中袋と外袋があります。それぞれ書き方にマナーがあります。 お札を中袋に入れる場合は、お札の表側が上になるように入れましょう。 また、一般的に不祝儀では新札は使いません。, もし、新札しか無い場合は一度お札を折ってから入れるようにしましょう。 なお、お布施用ののし袋ではなく、普通の白封筒を使う場合の注意点としては、封筒の内側に袋が付いて二重になっている封筒を使うことを控えましょう。, 表側の中心に「お布施」もしくは「御布施」と書きます。この時、文字は薄墨ではなく黒墨で書きますので気をつけましょう。, 表面の中心に金額を、裏面の左側に住所、氏名(フルネーム)を書きます。 金額を書く場合は、頭に「金」の文字を書き、旧字体の漢数字で金額を書くのがマナーとなります。(例:金伍萬圓 )※こちらでは、記事の関係上横書きになっていますが、外袋、中袋いずれも縦書きとなります。, お布施に気を取られていると、つい忘れてしまうのが「お車代」と「御膳料」です。 どちらも法要を執り行って頂いた際、必要に応じてお渡しするものとなります。, お寺以外で法要を執り行う場合は「お車代」として交通費をお渡しします。 事前に僧侶の移動手段に関して確認を取っておきましょう。 お車や公共の交通機関を使ってお見えになる場合のお包みする金額は、実際にかかる金額よりも多めに包むことが一般的です。, 相場としては、5,000円〜10,000円となります。 タクシーでお見え頂く場合は、タクシーの手配を施主側でしておきます。 僧侶が直接運転手にタクシー代を支払うことがないよう、事前に施主側でお支払いしておきます。 この場合には、お車代をお渡しする必要はありません。, 初盆(新盆)法要では、法要後に会食の場が設けられています。 この場に僧侶が出席しなかった場合にお包みすることになります。 お盆の時期は僧侶も忙しく、会食の席に着かれることは滅多にありません。相場としては、5,000円〜20,000円となります。, お布施をスムーズにお渡しするためには、事前の準備が大切になってきます。 お布施のお渡しで僧侶に不快な思いをさせてしまうことがないようにしましょう。 菩提寺との関係はこれからも続くものとなります。, 初盆(新盆)において、あまりにも低い金額のお布施だった場合にも、菩提寺との友好な関係が築きにくくなることもあります。 そのようなことがないよう、親族の方々にも相談しつつ準備をされると良いでしょう。, 初盆(新盆)は何かと準備をすることが多く大変かとは思いますが、お布施は菩提寺にとってはとても大切なものとなります。 お布施は気持ちとしてお渡しするものですが、僧侶としては施主(個人)から頂くというよりは、家から頂くというものになります。, 結果、お布施は菩提寺と家との関係を繋ぐものとなりますので、特に入れる金額に関しては十分に検討して入れましょう。 そして、何よりも大切なことは僧侶への感謝の気持ちを忘れないということです。, よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客様の理想の旅立ちをサポートする会社です。, ※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。.