マスクドサタン マスクド校長 ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外. その場はアルル達が何とか止めれたものの、放っておいたらサタンもろとも全て消し飛んでいたかもしれないらしく、彼の底知れぬ魔力の恐ろしさが改めてよくわかる。 魔導物語 ぷよぷよ ぷよぷよ通 ぷよぷよSUN アルル(アルル・ナジャ) また、本編より2年前の魔導物語ARSルルー編で、ルルーを(たまたまであるが)助けたことがきっかけで、以降ルルーから惚れられて追いかけられている。ルルーに対する態度は作品によって優しかったり冷たくしたりと様々だが、総じてサタンの気持ちはやはりアルル寄りに傾いている。 黄色いサタンは連鎖がうまく決まればカー、バン、クル、ちゃん、と自分の恋人のように大きく強調して言います | ぷよぷよ!!の攻略「黄色いサタンのセリフ」を説明しているページです。 「サタンさま」までが名前であると説明書等に記されていることもあるが、初期作品の説明書やゲーム中のデータでは単に「サタン」となっている。 ただし、初期作品の頃から製作者サイドが様付けで呼んでいることは注目すべきことであろう。 また、神話・伝承や他作品のサタンと区別する意味でも、本記事は「サタンさま」とする。 一応魔界の貴公子で10万と25歳。ルルーに惚れられていることやハーレムダンジョンを作るあたり女性にモテるらしい。よくおっさん扱いされる(魔導2、はなまる、ぷよ! サタン: 逢坂力 【初代ぷよぷよ】 ぷよ地獄を創造したボスらしい。大好きなカーバンクと一緒にいるアルルを、”フィアンセ”と言い張る。大きな力を持ち、ことごとく無駄なことに費やしてきた彼だが…果たして今回は!? サタリデ  しかしアルルがまだ魔導師の卵の少女ということからか、普段合うたびに結婚を迫るというしつこさはなく、結婚に対して焦っているという印象はない。 ぷよぷよテトリスではアルルとはもはや腐れ縁みたいになっており、レムレスと共にプリンプにやってきたアルルたちにプリンプにテトリミノが降るようになった原因を伝えようとしたがアルルからは(昔からの日ごろの行いの悪さが祟り)このことを真っ先に疑われていじけてしまい、一緒にいたアルルを惑わせた(と思っている)ぴったり服の少年を懲らしめようとした。が、誤解したアルルが謝ったときは『うん、いいよ!』とあっさり許している。・・・ただ、今回の異変の原因の説明が『時空』や『旅』の関係だったためにもうひとりのラスボスもとばっちりに遭ってしまった。なお、ティが宇宙船テト号を持っていることにはかなり驚いていたようだ。 関連(? 膨大すぎる魔力の持ち主でありその実力は計り知れないのだが、そんな魔力をどうでも良いことのために無駄遣いするのが趣味であり、近所迷惑も甚だしいことばかりしている。 ID: xqH6ge8Jo7, 2018/03/15(木) 00:45:48 その後、画面とサウンドを強化し、モードや操作性などに大幅な改良を加え、対戦モード「ひとりでぷよぷよ(対コンピュータ戦)」「ふたりでぷよぷよ(対人戦)」をメインにしたアーケード版が1992年10月にセガから発売された[3]。それから2か月後の1992年12月18日[3]には、エンドレスモードに相当する「とことんぷよぷよ」などを搭載したメガドライブ版がセガから発売された[3]。, この他、本作が当時斬新だった点として「連鎖ボイス」が挙げられる。これは、『魔導物語』に搭載されていた(当時のRPGとしては珍しい)キャラクターボイスを引き継いだものとなっている。制作元がセガに移った後の作品にも、非常に大きな連鎖をしたときに「ば・ば・ば・ばよえ〜ん! 魔王サタンガンダム 【超級】 5: 600000: 70: 34 ※獲得コインの数値は平均 ※【No.008】イベントマルチコインは特効対象にならない ※ホストとゲストでクリア時に獲得できるイベントマルチコインの量が異なる ※ゲストでミッションを遊んだときに、ENは消費されない. 開催期間(アチーブメント受取期間) 緑髪赤眼で、横上に生えた大きな角と大きな翼(出し入れ可能?)、長い髪、尖った耳が特徴。 ただし、初期作品の頃から製作者サイドが様付けで呼んでいることは注目すべきことであろう。 現在『サタン様ファンクラブ』と呼ばれる集団は、初期の魔導物語ではサタンのハーレム軍団であった。, アルル・ナジャとは『魔導物語1-2-3』にて彼が潜んでいたライラの遺跡で出会った。, しかし、アルルにばたんきゅ~(気絶)させられてしまう上にカーバンクルがアルル側についてしまった。, なお、この頃はアルルの設定がナイスバディの美少女だった為、彼女に対して「可愛い」や「美しい」と発言している。, ルルーと初めて出会ったのは『魔導物語A・R・S』のルルー編(『1-2-3』のエピソード2の二年前)にて、, が、ルルーが遺跡の最深部に辿り着く前にアルルがサタンとの婚約の証であるカーバンクルと共に現れたので、これが新たな騒動のキッカケになった。, ぷよぷよテトリスでは、アルルに世界融合事件の犯人と疑われるも、誤解が解けてからは事件解決に協力する。, CPUは強くなったけど、ぷよぷよフィーバーの性能はかなり弱いんだよな。全く強化される気配がないし、意図的に弱くしてるとしか。 -- 名無しさん (2014-01-26 16:16:52), DBかとおもたw -- 名無しさん (2014-01-26 16:18:55), ぷよぷよの実力はサタンよりルルーが上なのはもはやお約束だな。 -- 名無しさん (2015-02-08 12:15:44), SUNのサタンの声はコンパイル社長だったけど7連鎖目のセリフ何て言ったんだ。 -- 名無しさん (2015-11-27 23:56:17), ↑たぶん「サタンクロス」 -- 名無しさん (2018-06-18 13:44:16), VCとかで過去のシリーズやってみたけど確かに意外とあっさり倒せた。弱いってかぷよの落ちる速度にCPUが対応できてない印象。 -- 名無しさん (2019-09-24 09:02:44). 「サタン さま」だっ ... あいかわらず つれないセリフだな しかたない ぷよ地獄でちょっぴり おしおきだ~~!! サタンの勝ち 「さあ 星空のハネムーン☆へ しゅっぱつだぁ~!!!」 「アルル ランデブーするなら ぷよ地獄行きを ゆるしてあげるぞ」 「さあ ず~っとガマンしてきた あんな 20th - ぷよぷよ! 『ぷよぷよ』(Puyo Puyo)は、株式会社コンパイルが発売した落ち物パズルゲームのシリーズ。また、このシリーズにブロックとして登場するスライムタイプのモンスターの名前でもある。どちらも縮めて「ぷよ」と呼ばれる。, 本作は、同社のRPG『魔導物語』の派生作品として製作されており、操作ブロックとなるモンスター・ぷよぷよ(ぷよ)や主人公アルル・ナジャをはじめとするキャラクター群は同作を初出としている。, 1998年3月にコンパイルが経営破綻により和議申請を行った際、『ぷよぷよ』シリーズの知的財産権がセガ(後のセガホールディングス)[注 1]に売却され、2002年9月以降はコンパイルからの販売が終了し、その後はすべてセガグループ各社(セガゲームス、セガ・インタラクティブ)が販売を行っている(後述)。, 『テトリス』の登場により空前の落ち物パズルゲームブームとなり、1980年代末から1990年代初頭に掛けて各社から二匹目のドジョウを狙った多くの亜流作品のパズルゲームが登場した。『ぷよぷよ』もまた、そのような時代に生まれたパズルゲームの一つであり[1]、80年代当時に徳間書店より発行されていたゲーム専門雑誌『ファミマガ』の読者参加型企画「ファミマガディスク」から生まれた企業とのタイアップゲームとして開発された。, ディレクター&サウンド担当の塚本雅信及びデザイナーの森田健吾は当時『DiscStation』に掲載されたユーザー投稿ゲームに着想を得て、ドミノの牌が降ってきて、同じ数字や連番になるように積む『どーみのす』というゲームを開発していたが、遊べる段階まで実際に作ってみたところ全く面白くなかったため、作り直すことになった[2]。その際コンピュータRPG『魔導物語』のスタッフ(初代開発者である田中貢がプロジェクトの合間に遊びで作っていたものを元に、米光一成を中心としたチーム)が関わり、落下するブロックを『魔導物語』に登場するぷよぷよに置き換え、それに伴いルールも一新した別のゲームに作り変える形で開発した[1]。, その後、本作は1991年10月25日にMSX2・ファミコン ディスクシステム用ソフトとして徳間書店インターメディアから発売された[3]。この時点では、雑誌「マイコンBASICマガジン」上で記事を執筆していたライターの手塚一郎が対人戦の面白さを大いに評価していたものの[要文献特定詳細情報]、大きな話題を呼ぶことはなかった[3]。, 旧ぷよの発売後、アーケード向けにアレンジした『ぷよぷよ』をセガから発売することとなった[3]。