アメリカ合衆国. 「アメリカの特殊部隊について調べてみた」 SIG / SAUERで作成された、最初のストライカー式自動拳銃だ。半世紀もの間維持されてきたP2XXナンバーを超えた最初の拳銃である。そしてSIG P250以降出てきた第二のモジュラー拳銃でもある。 グロックが登場してから、メジャーとなっていったストライカー式の波に乗るように、2014年に公開された。 7 アメリカ海軍次期戦略ミサイル原潜コロンビア級 1番艦建造を正… アメリカの新たな「軽戦車」計画で2社に試作発注 update: 2018/12/20 14:30 アメリカ陸軍の装備品一覧(アメリカりくぐんのそうびひんいちらん)は、アメリカ陸軍が保有している装備品の一覧である。個人用武器、車両、航空機、艦船、衣類に分割することができる。, アフガニスタンに配属されている兵士にはマルチカムを施したACUが支給される。[56], 標準的な軍の制服は「アーミーグリーン」「クラスA」として知られている。2009年までは「アーミーブルー」が軍の一般的な正装であったが、後にアーミーグリーン及びアーミーホワイト(アーミーグリーンに類似しているが、熱帯気候で着用される)に変更され、新しい制服となった。新制服は白いシャツとネクタイに合わせる基地用制服、及び白いシャツとパレード用ネクタイ、「アフター6」「ブラック・タイ」用蝶ネクタイに合わせる正装としての両方の機能を果たす。パトロール・キャップは駐屯軍によってACUと共に着用され、ベレー帽はアーミー・サービス・ユニフォーム(ASU)と共に着用される。アーミーブルー・サービスキャップは伍長に昇格するか指揮官の裁量によって着用が許可される。, 全ての部隊のボディーアーマーはIOTVだが、MBAVやSPCSによって補完されている。頭部保護はMICHやACH (ヘルメット)などのヘルメットが主であるが、ECH (ヘルメット)による代替が進んでいる。, Carl Gustaf Selected as Standard Equipment for US Army Light Infantry Units, Self-propelled howitzer M109A7 and M992A3 carrier ammunition enter in service with U.S. Army, M777 155mm Ultralightweight Field Howitzer, United Kingdom. Saint-Gobain Crystals delivers transparent armor for M142 HIMARS windshields and door windows. アサルトライフル: アメリカ合衆国: M2ブラッドレーのガンポートから射撃されるM16の派生系 HK416: 5.56×45mm NATO: アサルトライフル: ドイツ: 統合特殊作戦コマンドで使用 Mk 17 Mod 0: 7.62×51mm NATO: アサルトライフル: ベルギー. エアガンパーツやサバゲーアイテムについて質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。. 「【 米軍・SWAT・FBI 】アメリカの突入作戦について調べてみた」, Amazon:『東京マルイ No.5 M92F ミリタリーモデル 18歳以上ガスブローバックガン 』画像をクリック!, gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。 各プレビューページから販売ページへのリンクもございますので、ご購入を検討される際は当サイトの情報をご覧になってみてください。 アメリカ陸軍ngswプログラムにmars inc.とcobalt kineticsが新型カービン・軽機関銃を提出 低反動リコイルの革新的ライフル. 2019年のshot showでg&gが新商品として発表した電動ガン「bamf team」で、サバゲー業界でも話題となったcobalt kinetics社。 各情報やレビューは随時追加、更新されます。 エアガンパーツをサバイバルゲームで実際に利用する電動ガンやトレポン、ガスブロに組み込んだアウトラインを公開し、お手持ちのエアガンに実装した場合のイメージなどのご参考にして頂けます。 「ビン・ラディンを倒したアメリカ海軍NavySEALsのDEVGRUとは?」 2017年春、米陸軍の制式採用拳銃の後継機がドイツに本社を置くシグ・ザウエル社の p320 に決定したとのニュースが入った。. 2017年春、米陸軍の制式採用拳銃の後継機がドイツに本社を置くシグ・ザウエル社のP320に決定したとのニュースが入った。, あれから1年。アメリカ軍ではP320への更新が始まり、ニューハンプシャー州にあるシグ・ザウエルの工場では、最終的に約50万丁もの拳銃を生産すべくフル稼働状態となっている。, このP320は、スライドがフルサイズのものが制式名称M17、コンパクトサイズのものが制式名称M18として採用された。, 最大の特徴は、フレームがポリマー樹脂(強化プラスチック)という点である。スライドはステンレスで、発射方式は撃鉄が露出しないストライカー方式。ポリマーフレームを採用した拳銃というのは1980年代に登場したオーストリアの拳銃、グロックシリーズ以降、様々なメーカーが開発し、珍しいものではない。, ポリマーフレームのメリットは、軽量なことに加え、苛酷な環境にも強く、様々な形状のものを比較的簡単に作ることが出来る。手の大きさに合わせて、グリップの前後幅を短いものから長いものまで揃え、女性が使うときには短いものを選べばいい。実際、米軍内でも女性兵士が増加しているので、今回の採用はそうした点も評価されている。, 拳銃業界の波が大きくうねるなか、米軍のサイドアーム(拳銃)は、1985年に制式採用されたイタリアのベレッタM92、制式名称M9がその地位を守ってきた。しかし、すでに35年もの歳月が経っている。仕官クラスだけが拳銃を携行する自衛隊と違い、米軍では一般の兵士も拳銃を携行するため、納入数はケタ違いといえる。そのため、35年前も今回も各メーカーの拳銃をトライアルにより選抜する方法となった。, 前回もシグ・ザウエルのP226が最終選考まで残ったが、ベレッタに負けてしまった。どちらも性能的には優れ、P226は安全性も評価されたのだが、最終的にベレッタが勝ち残った。その理由として、コストの問題が挙げられている。M9では約32万丁もの拳銃を納入したことになっており、この数ではやはりコストを抑えたいという思惑が国防総省にはある。そこでより単価の安かったM9を制式採用したというのが定説となっている。, 1911年にM1911として採用され、後に改良が加えられたことによりM1911A1として、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で用いられてきた。M9、M17(P320)が9mmパラベラム弾という小口径弾なのに対し、M1911シリーズは、.45口径(約11.4mm)もある。これは開発当時にヨーロッパでは9mmパラベラム弾が主流だったのに対し、アメリカではそれに威力不足を感じていたためだ。, 口径が大きくなれば弾速は落ちるが威力が増す。相手を行動不能にさせるマン・ストッピングパワーはM1911A1の方が優れていたが、時代が流れ9mmパラベラム弾が世界の主流になるとM9にその座を譲ることになる。9mmパラベラム弾は威力では劣るが、小口径のため装弾数が多いというメリットがあったのだ。, 今回のP320の選定にあたり、9社12種類もの拳銃がトライアルに参加したという。そのなかにはベレッタ社、グロック社など前回のトライアルにも参加したメーカーが名を連ねたが、今回はシグ・ザウエルが勝利したようだ。, P320のベースとなったのは、2004年に発表された同社のP250である。特筆すべきは、9×19mmパラベラム弾の他、より強力な.40S&W弾、.357SIG弾、そして、M1911A1と同じ.45ACP弾がラインナップに並び、.45ACP弾以外は、銃身などの交換だけでフレームはそのまま利用できる。, こうした、組み合わせの自由度が高いシステムをモジュラーシステムというが、このことで、一丁の拳銃が持ち主の手の大きさや使用目的に合わせて形を変えられるようになった。, 【※P320のファイヤーコントロールユニット。引き金の部分がそれで、ここが法的に拳銃と見なされる。wikiより引用】, さて、米軍に採用されたことで、シグ・ザウエルにとっては、銃本体の他、弾薬、アクセサリーを含め、最大で約660億円以上の巨大な案件となった。メーカーにとってはこのことが最大の宣伝であり、民間市場における売り上げも期待できる。, そのための大きなポイントが「ファイヤーコントロールユニット」の搭載である。モジュラーシステムの採用により、それまでフレームと一体になっていた撃発機構が分離されることとなった。アメリカの法律では、この撃発機構こそ拳銃と見なされることになっており、サイズの違うフレームを買い換えるには登録費の名目で200USドルが課税されるが、フレームとファイヤーコントロールユニットを分離させたことで、余計な課税を回避することが出来た。, また、米軍制式採用となったことで映画での露出も期待できる。P320が注目を集めるのは、まだまだこれらかなのだ。, 関連記事:米軍 Avenger Low Level Air Defence System, United States of America, MIM-104 Patriot - History, Specs and Pictures - Military Armor, AM General High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle (HMMWV) (Dec), AM General Secures Six-Year, $428.3 Million Contact To Provide The Army With M997A3 HMMWV Configured Ambulances, Lockheed Martin Protests JLTV contract award to Oshkosh, Family of Medium Tactical Vehicles (FMTV) (Nov), Oshkosh M977 heavy expanded mobility tactical truck (HEMTT) and M989A1 heavy expanded mobility ammunition trailer (HEMAT), Oshkosh M1070 and M1070A1 (8 × 8) Heavy Equipment Transporters (HETs) and M1000 semi-trailer, M1 Abrams Main Battle Tank - Specifications, Iraq Seeks Up to 30 General Dynamics Stryker Vehicles, M1117 Armoured Security Vehicle - Army Technology, M2A3 and M3A3 Bradley Fighting Vehicle Systems (BFVS), M3 Bradley Cavalry Fighting Vehicle (CFV) / Armored Reconnaissance Scout (1983), M88A2 HERCULES Armoured Recovery Vehicle - Army Technology, The US M9 Armored Combat Earthmover aka M9 ACE, M93 Fox - History, Specs and Pictures - Military Armor, U.S. Army Awards Additional M-ATV Reset Contract to Oshkosh Defense, “Sikorsky Aircraft Delivers 100th New Production UH-60M BLACK HAWK Helicopter to U.S”, http://www.reuters.com/article/pressRelease/idUS182954+25-Mar-2009+PRN20090325, Sikorsky to deliver 102 new tactical multirole helicopters to US armed forces, News – Feature story – The UH-72A "comes home" to its new Army assignment in Mississippi, hazegray.org – World Navies Today: US Army, Soldiers to get new cammo pattern for wear in Afghanistan, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ陸軍の装備品一覧&oldid=75321970, 1911年の原型採用以来、改良型への切り替えを経てM9に更新された後も限定的に使用されている, 過去の製造メーカーによる調達数はトラック、トレーラー合わせて74,000台、現在のメーカー.