音楽を聴いていて、周囲の騒音が邪魔してよく聞こえない、じっくり楽しみたい楽器がぼんやりしてしまう、といった不満を感じたことはありませんか。, そのような時に役立つのがイコライザ機能です。イコライザは、音響機器やオーディオ機器の持つ音声信号の特定の周波数帯域を変更する機能で、実はiPhoneのミュージックアプリにも備わっています。, ここではiPhoneでイコライザ機能を使いこなし、今までよりさらに満足できる音楽体験を得るための方法を解説します。, イコライザとは、低音・中音・高音のバランスを調整することで音の印象、つまり音質を変える機能をいいます。ここではiPhoneのミュージックアプリが持つイコライザ機能の概要を紹介します。, もともとイコライザとは「録音された音に戻す=イコールにする(Equalize)」という意味で、録音・再生によるライブ感・本来の音を再現するためのものでしたが、一般的には「調整するもの」という意味で使われています。, iPhoneにプリインストールされているミュージックアプリには、イコライザ機能が標準で装備されていますが、使いこなしているユーザーはあまり多くなく、不満を抱えたままでいることが多いようです。, 音響機器のイコライザというと、どこか専門的な難しい細かな調整が必要のように感じるかもしれません。しかし、iPhoneでは「プリセット設定」を使うことで、かなりわかりやすく簡単に設定できるようになっています。, 本来は音楽ごとに使われている楽器や音のレベル、音質などに細かく調整するものですが、プリセット設定では音楽をジャンルや聴いている周囲の状況、その他の特徴によってあらかじめバランスが調整されています。, これだけあると、本当に適した設定がどれかを選ぶのは難しいでしょう。それぞれの設定を把握するまでは、いろいろ試してみるのがおすすめです。, ではここから、iPhoneのミュージックアプリを実際に調整する方法を紹介します。調整方法自体は難しくありませんが、こだわりのあるベストな調整をするなら少しコツが必要です。, イコライザ設定は、ミュージックアプリから変更することはできません。iPhoneの設定画面から次の手順で行います。, 設定方法から分かる通り、この方法ではiPhoneの音楽全体の音質を調整します。同じジャンル、楽器の音楽だけなら再調整しなくてもよいかもしれませんが、音楽の種類が変わると聴き心地は変わる可能性があります。, 好みの音楽は多くの場合1つではなく、幅広いジャンルにわたることが多いです。そうなると、極端にいえば楽曲ごとに適したプリセット設定が違い、こだわるならば、それぞれに設定の変更が必要となります。, そこまではしないとしても、その日の気分や状況によって聴きたい音楽は変わるものなので、必要に応じて設定するのが基本であると考えておきましょう。, 音楽自体だけ出なく、「Small Speakers」や「Late Night」のように、視聴に使う機器や視聴している状況に合わせた設定もあります。, 音楽は楽しみ方も多様です。聞く状況に合ったプリセットを選ぶということも、頭に置いておくとよいでしょう。, iPhoneでは、プリインストールの「ミュージック」アプリ以外にも音楽再生アプリはたくさんあります。しかし、このイコライザ設定は純正の「ミュージック」アプリにだけ反映され、他のアプリには効果がありません。, いわゆる「サードパーティアプリ」の中には、独自にイコライザ設定できるものもありますが、できないものもあります。こだわるならば、満足のいくイコライザ設定ができるかどうかも確認しておきましょう。, iPhoneのプリセット設定は23種類もあるので、楽曲ごとにすべてを試せばかなりの時間や労力がかかります。ここでは楽曲や視聴環境の特徴から、大まかなおすすめプリセット設定を紹介します。, ある程度プリセット設定を試していけば、自ずとそのプリセットの特徴がわかってきます。それまでは次のような選び方を参考に絞り込んだ設定から試してみるとよいでしょう。, 最もかんたんなのは、楽曲の「ジャンル」で選ぶ方法です。楽曲ジャンルがロックなら「Rock」を、クラシックなら「Classic」を選んで聴いてみることをおすすめします。, ジャンルがそのまま設定名になっているものには、Hip-Hop、Jazz、Latin、Pop、Rockがあります。まずはここから始めてみましょう。, 強調して聴きたい音の高さに特徴があれば、それに合わせた設定を選ぶのもよい方法です。, 重低音を最大限強調したいなら「Bass Booster」や「Dance」、電子音などの高音なら「Electric」、すべての高さならバランスよく強調できる「Classic」を試してみましょう。, 音の高さよりも「特定の楽器の音」を強調したい場合は、楽器に合わせた設定を選びましょう。聴きたいメインの楽器がシンセサイザーなら「Electric」、ピアノなら「Piano」といった具合です。, その他にも、ギターなら弦楽器系の音がよく聞こえる「Acoustic」、ドラムなら「Jazz」や「Electric」、ベース音がしっかり響く「R&B」などがあります。, JPOPやPopsならボーカルがメインとなるでしょう。そのようなときは、人の声の音域を強調する「Pop」や「Vocal Booster」、「Spoken Word」を聴き比べてみましょう。, ボーカルを引き立たせるとはいえ、盛り立てる楽曲もバランスよく強調されなくてはなりません。アーティストごとに、どのようなプリセット設定が合うのかを試してみるのも面白いかもしれません。, スピーカーなら大きさや性能によって、また多くの人が利用しているアップル純正のイヤホンとヘッドホンでも聞こえ方はかなり違います。, 性能が高いヘッドホンやスピーカーなら、原音そのままに聞ける「Flat」の方がよいかもしれません。, イヤホンはいくつかのタイプに分かれます。アップル純正イヤホンと同じオープンエアタイプなら低音が強調される「Bass Booster」、高音を強調するカナル型イヤホンなら「Treble Reducer」を試してみましょう。, ただし、これらの音響機器はそれぞれ性能も特性も異なりますから、やはりいろいろな設定を試してみるのが一番です。その中から自分のベストプリセット設定を探し当てましょう。, 通勤電車やバスの中では騒音に悩まされている人も多いはずです。そのような雑音の多い状況なら、低音・中音・高音をそれぞれ強調するHip-Hopを試してみましょう。, Hip-Hopは、雑踏の音と楽曲の音が混ざるような場合もバランスよく聞こえ、もちろんHip-Hopの楽曲でも聞こえやすくなります。, 逆に周囲に音が漏れないようにするなら、音のメリハリを抑える「Late Night」が使えます。他にも、イコライザ機能ではありませんが、雑音が気になるならノイズキャンセリング機能を使うのも1つの方法です。, 面倒な設定は必要ない、楽曲の原音をそのまま楽しみたい、という場合は「Flat」を使ってみましょう。「Flat」はすべての音域を強調や抑制なく、まさにフラットに聞ける設定です。, ミュージックアプリは、変更しない限りイコライザ機能は「オフ」となっていますから、変更したことがなければこれに変えるだけでも聞こえ方が変わります。, 「もっと自分好みのイコライザ設定がしたい」など、音質こだわるなら純正のミュージックアプリではなく、サードパーティのアプリを使うのもよいでしょう。, このアプリでは、低音から高音まで自由自在に設定できます。まさに自分好みの音質を作ることができるので、こだわるユーザーにぴったりなアプリです。, 楽曲を自由にミックス、編集、カスタマイズでき、使っているヘッドホンに合わせて自動調節してくれるなど、最適な環境での音楽体験が可能になります。, このアプリがあれば、高価なハイレゾ対応音楽プレイヤーがなくても、iPhoneでハイレゾ音源を楽しめます。, さらに、音楽の再生状態が見える「ハイレゾビジュアライザー」を搭載しており、iPhoneにある楽曲をワイヤレスでさまざまな音楽機器で再生できるなど、音楽好きなユーザーなら欲しい機能も備わっています。, これまで毎日のようにiPhoneで音楽を聴いているのにイコライザ機能を使ったことがなければ、イコライザ機能を使うことで、これからの音楽体験が素晴らしいものになる可能性があります。, イコライザ設定は楽曲をより魅力的にするだけでなく、もっと単純に聴きやすくしたり好みに応じて強調したりしてくれます。, 好きな曲はもっと好きになり、あまり気にしていなかった曲でも新たに魅力を見つけられるかもしれません。, iPhoneの純正ミュージックアプリにあるイコライザは、23のプリセット設定を備えています。初めて使うならまずは「Flat」や、楽曲のジャンル名のプリセット設定から試してみることをおすすめします。, 聞き放題の音楽配信サービスについて「Apple Music と Spotify を徹底比較!どちらがおすすめ?」で解説していますのであわせてご覧くだい。, 最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。, © MarketEnterprise Co., Ltd. All rights reserved. 電車やバスなどで 周囲への音漏れを気にする必要がある場合 にも「イコライザ」は便利です。 設定としては全体的に抑えめの「Late Night」や「Flat」がいいんじゃないでしょうか。 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの iPhoneで音楽を聴くときに設定できる「イコライザ設定」をご存知でしょうか。イコライザ機能を使えば、よく聴く音楽ジャンルや接続するイヤホンなどに合った音質を選択できます。今回はイコライザの設定方法とおすすめのイコライザについて紹介します。 いつでも気軽に音楽を楽しむことができる定額制の音楽配信サービスを利用する人が増えてきています。音楽配信サービスでは一度ダウンロードすれば、オフラインでも聴けるので通信料を気にせずに好きなときに、好きな曲を聴くことができます。業界最大手のSpotifyに続... 楽天モバイルの新料金プラン|Rakuten UN-LIMIT Vの特徴・対応機種一覧, [2020年]格安SIMかけ放題を徹底比較!完全無制限・10分かけ放題のおすすめはここ, [2020年]MacBook Pro13インチ・16インチを比較!用途別おすすめモデル. 逆に周囲に音が漏れないようにするなら、音のメリハリを抑える「Late Night」が使えます。他にも、イコライザ機能ではありませんが、雑音が気になるならノイズキャンセリング機能を使うのも1つの方法です。 原音を楽しみたいならflat auで3年ほど店舗スタッフを経験。 普段の通勤や作業中など、リラックスや集中力を高めるためにiPhoneを使って音楽を聴いている方は非常に多いかと思います。, ただ、周囲の環境や使用しているイヤホンなどによっては、音が聞き取りにくかったり頭に響いたり、逆に不快感を味わうなんてこともあるんじゃないでしょうか。, iPhoneにこんな機能が搭載されていること自体知らなかったって方も多い、この「イコライザ」の設定方法やオススメの設定について詳しくまとめてみました。, まず「イコライザ」という単語を聞いたことがないって方も多いかと思いますので、簡単にどういったものか解説しておきたいと思います。, 「イコライザ」とは、デジタル音声の周波数を変更することで音質を変化させるための機能・機器のことです。, 音楽業界に勤めていたり、自分で電子楽器を触ったことがある方なら触れたこともあるかもしれません。, 具体的には、デジタル信号化した音声の特定の周波数に変更を加えることで、高音を弱めたり、低音を強調したりといった調整を行います。, うまく調整することで、キーンと耳に刺さるような音を耳馴染みよく仕上げたり、重低音を強調することで体に響くような音を作ったりすることができます。, ではiPhoneに搭載された「イコライザ」機能を使用する方法をご紹介したいと思います。, 本来「イコライザ」は、周波数ごとに自分で細かく数値調整を行っていくんですが、専門的な知識や慣れが必要になるため、初心者が上手に調整するには少し難しいんです。, そのためiPhoneでは、あらかじめ色々なジャンルや用途に合わせたプリセットデータが全23種類用意されています。, iPhoneのイコライザ設定を適用する際のシチュエーション別にオススメの設定をいくつかご紹介しておきます。, イヤホンを使って音楽を聴く場合、イヤホン側の質にもよりますが、どうしても高音部分が頭に響くことが多いようです。, そういった場合には、「Treble Reducer」や「Dance」などがオススメです。, 高音域が控えめの音質設定にしてやることで、頭にキーンと響く感じを抑えることができます。, カラオケなどで歌うために、楽曲の歌詞の部分を強調したい場合なんかも結構あるんじゃないでしょうか。, そういった時には、「Vocal Booster」や「Spoken World」といった設定がオススメです。, 人間が発声する中音域を強調した音質で、ボーカルの声がよりクリアに聞こえるかと思います。, 電車やバスなどで周囲への音漏れを気にする必要がある場合にも「イコライザ」は便利です。, 設定としては全体的に抑えめの「Late Night」や「Flat」がいいんじゃないでしょうか。, 低音にしろ高音にしろ強調された音域があると音が漏れやすいため、フラットな音質がオススメです。, 今まで使ったことのなかった方も、ご紹介した内容を参考にぜひ一度試してみてください。.