(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 開くドアも中にはあるかもしれませんが大抵のドアはドアノブをひねらないとドアが開きません。, というよりかはどんな構造になっているのかなんて考えたことすらなかったという人も多いかと思います。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 広告 発電機おすすめ50選|震災防災 停電対策(ホンダ ヤマハ デンヨー ガスボンベ対応). ドアノブには、内部の構造やサイズの違いによる種類があるため、自分で交換品を選ぶときには注意が必要です。ここでは、住宅で一般的に使われているドアノブの種類、交換品を選ぶ際の注意点、その交換方法を解説します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 情報宅急便|みんなに情報届けます!|.All Rights Reserved. Copyright © ROYAL HOMECENTER Co.,Ltd. 広告 All Rights Reserved. トイレのドアノブが、ひねって手を離しても戻らない。 とりあえず外してみた。 どうもこれがバネっぽい。 さらにばらしてみた。 んー、どうもこの二つがバネみたいなんだけど、 これがどうすればバネとして機能するのか全くわからない。 このタイプは、ハンドルを握ったとき親指を使ってラッチという留め金を外すことで開閉できるタイプのドアノブです。華やかな形でデザイン性が高いため洋式の玄関に一般的に採用されています。持ち手がマグカップの様なシルエットなのが印象的ですが、サムラッチハンドルも構造が複雑なので自分で修理するのは控えて業者に任せましょう。, DIYが可能なドアノブの種類は限られています。その中でもDIYが可能な3つのタイプを集めましたので紹介します。, 円筒錠のタイプは以前は戸建ての勝手口のドアや、アパートなどの玄関などにも多く使われていましたが、防犯性が低いという理由で現在は室内ドア用として採用されることが殆どです。台座部分にネジがなく、内側のノブを先に外さないと外側のノブが外れなくなっている構造となっており、鍵をかけられるタイプと鍵をかけられないタイプがそれぞれあります。, インテグラル錠のタイプは、鍵をかけると四角いかんぬき状の金具が飛び出して、ドア枠側の同じ様な四角い穴にはまり施錠する構造のドア錠です。防犯性が高いため、玄関や勝手口のドアに採用されています。, チューブラー錠のタイプは、ドアノブを木のネジで固定するシンプルなタイプのドア錠です。一般的にリビングや子ども部屋などの室内の間仕切りドアに、鍵つきのものがバスルームのドアやトイレなどに採用されています。, 1.ドアノブの根元にある小さな穴にキリやピンを差し込み、軽く押しながらドアノブを引き抜きます, 2.丸座の下部分もしくは横にある穴にマイナスドライバーを差し込み、軽く押し上げて、てこの原理で丸座を取り外します, このドアノブは、道具を使わずに手で取り外すことが可能となっています。一部のインテグラル錠のドアノブは工具を使用しないと取り外せないタイプもあるので、その場合はプライヤーを用意しておくことをおすすめします。手順は下記の内容となります。, 1.室内側のドアノブの根元を、反時計回りに回して取り外します。プライヤーを使う場合は、ドアノブの根元にある小さな穴に対して、プライヤーを差し込んで回します, このタイプの取り付け方は、外す際との逆の手順で取り付けることが可能です。先ずラッチ、フロント板、外側のノブ、丸座の固定をしてから、丸座・内側のノブの順序で組み立てていきます。, インテグラル錠タイプを取り付ける場合は、棒部分やスピンドルがラッチボルトやデットボルトが入っているケースに組み合うように入れて、施錠やラッチがしっかりと作動するかどうかを確認しましょう。, 先ずは、収納したチューブと一体となったフロントに対して差し込んでいきます。この際に注意しなければいけないのが、ラッチボルトの向いている方向です。ラッチボルトには、真っすぐな面・斜めに傾斜した面の2つがありますが、ドアが閉まる際に傾斜面がドア枠に触れる様に差し込んでください。, ラッチボルトの向いている方向が確認出来たら、上下2つの箇所を取り付け用ビスで止めます。この時はきつく締め過ぎない様に注意をして、少し緩い程度に軽くネジ止めをしておきます。四角い穴が丸い穴の中心付近に見えることが確認できれば問題ありません。, 角芯の付いた外側のドアノブ1に差し込みます。その後に、上下2つの箇所をビス止めします。この時表示窓が上になるように取り付けることが大切なポイントです。取り付けるビスは少し動く程度に取り付けておくことが大事です。この時に角芯が飛び出しているのを確認することができますので、ドアノブが滑らかに動くかどうか確認をしておきましょう。, 外側からの角芯に対して内側のノブを差し込みます。室内側のサムターンが縦になっていることを確認してから差し込む必要があります。上下の2箇所をビス止めして、全ての取り付け用ビスをしっかり締め込んで固定します。, 3の内側のノブを取り付ければ作業は終了ですが、最後に動作に不備が無いかを確認しておきましょう。外側、内側のノブを回してラッチボルトがスムーズに動くかどうかを確認します。ラッチボルトの動きに不備がある場合には、内側と外側の丸座の4ヵ所の取り付けビスの締め具合がまばらになっている場合があります。4つの取り付け用ビスを再度締め直して均一に調整しましょう。, ドアノブの修理や交換をする時の注意ポイントとしては、正確な採寸が重要であるといえます。しかし、この正確な採寸を行うということが素人にとって中々に難しいのです。この採寸はバックセットだけ測れば良いのではでなく、ドアの厚さ・ラッチ部分・ラッチのビスの間隔などの縦横の長さも正確に採寸する必要があるため、それぞれの採寸ポイントをチェックしておきましょう。, ドアノブ脇を見るとラッチを固定している四角い形状のプレートがありますが、そのプレートの部分がラッチフロントと言われている部分です。そのプレートの縦と横がそれぞれ何センチなのか正確に測る必要があります。一般的なドアの場合、プレートの縦と横の長さは約縦5.5㎝・横2.5㎝程度のものが多く使用されています。, ドアノブ脇のプレートを固定するビスが上と下に2つ並んで締められています。この上下のビスの間の間隔がビスピッチです。このビスピッチも正確に採寸しておきましょう。, ドアノブの中心箇所からドア端までの水平距離のことをバックセットと言います。正確に採寸しておきましょう。, ドアノブの台座にあるビスピッチも正確な採寸が必要です。ほんの少し長さが違うだけで、ビスの固定ができなくなることがありますので要注意ポイントです。, ドアノブのレバーを握り玉タイプから、レバーハンドルタイプに変更する場合もあると思いますが、古くなったレバーハンドルタイプを新品のレバーハンドルタイプへと交換したいという場合もあると思います。その際は品番を確認して同じレバーハンドルタイプを購入しておけば、間違いがなく安心です。, 如何でしたでしょうか?ドアノブにも様々な種類があり、作業方法にも違いがあります。中には業者に頼まないと交換できないタイプもありますが、DIYできるタイプもあることが分かったと思いますので、用途・デザインなどに応じて自身でのドアノブ交換にチャレンジしてみてくださいね。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 冒頭にも書きましたがドアノブがどのように作動しているのかを知っている人は少ないかと思います。, まず構造を知るに際してどのような部品で構成されているのかというのがわかると良いかなと思います。, 出典先:https://www.miwa-lock.co.jp/lock_day/glossary/lock/12.html, このラッチボルトというのは扉が風や何らかの理由で押されたときにそれだけではドアが開かないように仮締めしておくために存在しています。, これは錠面から常に突き出すようになっておりドア枠側に取り付けられたストライク・プレートという受け皿にドアがしまっている状態の時は動かないように嵌まっています。, ただ、ドアノブを回してラッチボルトが引っ込むことによって仮締めの状態が解除されてドアが開くようになるのです。, といったような手順で仮締め状態に戻るといったような仕組みでドアノブは開いたりしまったりするのです。, これが突き出しているときはラッチボルトと違ってドアノブを回してもドアは開きません。, このように構成されている部品について知ると仕組みについても理解することが出来たのではないかなと思います。, これだけではいまいちピンと来ないという人は実際にドアノブを回したりしながら考えてみてください。, ドアノブは先ほども書いたように案外複雑な構造となっているため少し歪んだりすると閉まらなくなったり開かなくなったりしてしまいます。, また、ラッチボルトが壊れてしまうとドアノブを回さなくても開いてしまうようになってしまうことも。, 最近のドアは防犯対策のために頑丈なものが多いのでこういったことはあまり怒らないのですが古いドアではよくこういったことが起こります。, このようにさっき仕組みを知ったことによって故障の原因が何なのかがわかるようになっているでしょう。, そのため自分でドアノブを直すということも出来ないことはないでしょうが正直難しいです。, また料金は業者によっても変わってきますがおよそ1万円前後で修理を行ってくれるところもあるようです。, そこまで普段は気にならないことですが知ってみるととてもよくできている構造に驚かされます。, 押すという動作と回すといった動作の中にこんな複雑な構造があるとは思いもしませんでした。, 他の普段は気にならないような身近なものにもこういった驚かされているような仕組みが隠されているのでしょう。, 聞く分には何だそんなものかと思うようなものでもいざそれを自分で考えられたかと思うと多分無理でしょう。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); diyをしていく中で用途やデザイン性などの理由でドアノブを交換したい場合があると思います。ですが、ドアノブ一つとっても様々なタイプや構造があります。ここではドアノブの基礎知識から交換方法までお伝えしますので、是非参考にしてみてください。 ドアをリフォームしたり、アレンジしたりする方法は、パネルの張り替えや塗り替えだけではありません。デザイン的にも機能的にもポイントとなるアイテム、ドアノブの交換にも注目してみてはいかがでしょうか。基本形状が同じドアノブでも、材質や色を変えることで、ドアの印象はがらりと変わります。丸い握りからレバーハンドルに取り替えれば、握力の弱いお年寄りやお子さんにも使いやすい、機能面のリフォームにもなります。もちろん、古くなって傷んだり、動きが悪くなったりしたケースでも、交換は必要です。, ウッドワックスを塗ってドアをアンティーク調にアレンジしようとしたとき、ステンレスの丸いドアノブのままでは思い通りのイメージに仕上がらないのでは? 真鍮やガラスなどのノブに取り替えて、全体のイメージを統一したくなるでしょう。また、あまり握力が必要なく、バリアフリーアイテムとして定番のレバーハンドルが気になっている方は多いでしょう。こちらは、両手がふさがっていてもドアを開けられるなど、便利さもあってドア周りのリフォームで人気があります。, ドアの外側に見えている丸い握りのことを【ドアノブ】と言い、ドアを開閉したり、施錠・解錠するための機械を含めるときは【ドア錠】という呼び方をします。このドア錠には、その仕組みの違いによっていくつかの種類があります。交換したいドア錠がどのタイプかわからないと、取り外すことさえできません。住宅によく使われているドア錠を紹介するので、該当するタイプを見つけてください。, チューブラー錠は、ノブを木ネジでドアに固定するシンプルなドア錠で、ノブの台座部分にネジが見えているのですぐにわかります。主にリビングや子供部屋などの室内の間仕切りドアに、鍵つきのものがトイレやバスルームのドアなどに使われます。, かつてはアパートなどの玄関、戸建ての勝手口のドアにも使われていましたが、防犯性が低いため、最近はチューブラー錠と同じように、室内ドア用として使われることがほとんどです。台座部分にネジがなく、内側のノブを外さないと外側のノブが外れない構造です。円筒錠にも、鍵をかけられるタイプと鍵をかけられないタイプがあります。, 鍵をかけると、四角いかんぬき状の金具(デッドボルト)が飛び出して、ドア枠側の穴にはまり、施錠する構造のドア錠です。防犯性が高いため、玄関や勝手口のドアに適しています。, ここからは、室内ドアによく使われているチューブラー錠、円筒錠の交換について説明します。, 以前、室内ドアによく使われていた丸い握りのチューブラー錠から、レバーハンドルへの交換は、ドア周りではニーズの高いリフォームです。どちらも内部の仕組みが同じため、形とサイズが合うものなら、交換は簡単です。, ノブが台座部分にあるネジでドアに固定されていることから、このドア錠がチューブラー錠であることがわかります。, ラッチがきつくはまっていて手で抜けない場合は、ラッチの角穴にドライバーを差し込んで、両手で持って引き抜きます。この作業を片手で行うと、ラッチが斜めになってドアの内側を傷める可能性があるので注意してください。, ラッチを差し込み、フロントをネジで固定します。ラッチを差し込む際は、先端が丸くなっている方がドアを閉める方向に向くようにしてください。, ドアの両側からネジの位置を合わせて台座をはめ合わせ、ネジを締めて固定します。ハンドルの種類によって、両側の台座をドアパネルにネジどめするものもあります。従来のドア錠とネジ位置が違う場合は、両側のハンドルを仮どめし、台座の位置を決めて下穴をあけてから、ネジでとめてください。, 円筒錠は台座にネジがないため、初めての方はどうやってノブを取り外せば良いか戸惑うでしょう。ただ、取り外し方さえわかれば、あとの作業は簡単です。チューブラー錠と同じように、レバーハンドルへの交換もできます。, ノブの首にある小さい穴に、千枚通しなどのとがった道具を差し込みます。当たったところを先端で押し込むと、バネのような手応えで沈み、ノブの留め具が外れてロックが解除されます。小穴のあるノブは、室内側についているのが基本です。, フロントを固定しているネジを緩めて、フロントごとラッチを引き抜きます。きつくはまっていて手で抜けないときは、ドライバーなどを使って奥から押してください。, 円筒錠は、たいていは組みつけた状態で箱に入っています。手順(2)を参考に分解し、取りつける準備をします。, ※ドアノブを交換するときは、古いラッチをそのまま使わず、セットに入っている新しいラッチに交換しましょう。長年使ってきたラッチには傷みやへたりが発生している可能性がありますし、丸いドアノブとレバーハンドルでは回転角度が異なる場合があります。, 今回はドアノブの種類と交換するときの注意、手順について紹介しました。交換方法は一般的な手順で説明していますが、製品によっては細かい部分の仕様や脱着の手順が異なることがあります。販売されているドアノブの多くは業者向けのものであるため、簡易な説明書しかついていないことが大半です。購入時には、サイズなどとともに、取りつけ方法についても確認すると良いでしょう。, このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。, おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。, 豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。.