オーストラリアの動物を代表するカンガルーは、オーストラリアの国章にも描かれる事実上のオーストラリアのシンボルの1つで、ぴょんぴょんと飛び跳ねる姿で有名です。, カンガルーと呼ばれるカンガルー科に属する動物は複数の種類が存在するため、全てのカンガルーのジャンプ力を一言で表せるわけではありません。, そこで、以下ではカンガルーの仲間としては最大種になるアカカンガルーを例に挙げて、ジャンプ力を確認してみます。, アカカンガルーが前方へジャンプした場合は最大で12〜13mの距離を跳躍することが出来、また、真上へ飛び跳ねる際には最大で183cm飛び跳ねることが出来るという主張があります。, ただし、前方へのジャンプに関しては、通常個体では最大でも8〜9mというのが一般的で、12m近く飛ぶと言うのはかなり例外的な場合になると思われます。, さらに、最大限に前方へジャンプする場面というのは、天敵に命を襲われるなど、基本的には危険が迫った時のみです。, カンガルーのジャンプ力を数値だけで示してもイマイチ伝わりにくいと思うので、人間と比較してみましょう。, 現在(2020年5月現在)のところ、前方へ跳躍する走り幅跳びの世界記録は、アメリカのマイク・パウエル氏が記録した8.95m。, このことを考えると、例外的な個体であれば12〜13mジャンプ出来るかもしれないアカカンガルーは、およそ1.3〜1.45倍跳べることになります。, また、垂直跳びでは、人間は最大で125cm前後ジャンプ出来るとされており、これはカンガルーが最大限に垂直跳びした場合の183cmに対して、おおよそ1.45倍です。, よって、アカカンガルーの平均的な体長はオスで130〜160cm、メスで85〜105cmである点を考慮すると、アカカンガルーは人間の大体1.7倍前後のジャンプ力を持つと考えると分かりやすいかもしれません。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. The following two tabs change content below. webサイト制作や性教育に Copyright © 2015-2020 Smartlog. バスケでジャンプ力はとても重要ですよね。「ダンクしたい!!」バスケをやっている人なら一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか?, 僕もそのうちの一人です。まだダンクは出来ませんが、いろんなジャンプ力upの方法を試し着々とジャンプ力が伸びています。, その中で効果のあったものをこのページでまとめ、紹介していきます。上から順番に読んでいってください。参考動画もつけているので、じっくり勉強してください!, あなたは、ジャンプ力を上げてどんな選手になりたいですか?あなたの理想の選手になる為にもこの記事をじっくりと読み進めていってくださいね。, RESH認定トレーナーコーチ級。埼玉県立川口北高校でインターハイに出場。卒業後は早稲田大学スポーツ科学部でトレーニング、コンディショニングについて学ぶ。バスケ専門のスポーツトレーナーとして活動中。得意分野はジャンプ力up。現在、『4スタンス理論』の資格を取得し昇格試験にチャレンジ中。, この手順でトレーニングをしていく事によってあなたのジャンプ力はメキメキと伸びていき、周りの仲間が驚くようなスピードで進化する事ができます。, しかし、体の歪みについて説明してくれているサイトはいくら探しても出て来ません。身体能力を上げる上で、いちばん重要で、いちばん簡単な方法なのに!!, 人の筋肉は、普段の生活の中で、前後・左右でバラツキが出てきてしまいます。運動をするときに使う筋肉は、ほとんどが2つセットになっています。右左もしくは、前後でセットになっています。, 太ももの前側の筋肉が強くなりすぎている(こわばっている)と必ず、太もも後ろ側の筋肉は弱くなって(ゆるんで)います。人の体には、必ずこわばり筋とゆるみ筋が存在しているのです。, 右足と左足で、筋肉の出せる力に差があると高くジャンプすることや、速く走ることはできません。他にも、腹筋と背筋のバランスが乱れていれば背中が曲がってしまったり、腰が反ってしまったりしてしまいます。, 身体の中心部のバランスが悪いとそこにつながっている、手や足も最大限の力が出せなくなってしまいます。身体が歪んだまま練習やトレーニングをしているとその歪みはどんどん悪くなってしまいます。, こわばり筋はどんどん、硬くなっていき、ゆるみ筋はどんどん、弱くなっていきます。それが続くと、腰痛やひざ痛などが起こり練習どころではなくなってしまします。逆に、体の歪みが少なければ常に最大限の力を発揮することができ、疲れにくくなります。前後・左右、均等に力が出せるのでトレーニングの効果も高まっていきます。, 効果はありましたか?他の身体の歪み改善ストレッチもあります。ジャンプ力を上げるために必要なものをまとめた、ジャンプ力upマニュアルを作成したのでいますぐ、ダウンロードしてみてください。, このトレーニングもジャンプ力を上げ、さらには夢のダンクを目指すために重要なパーツになります。, 関節トレーニングというのは、『関トレ』とも略され、関節を安定させるための筋力トレーニングのことを指します。, そもそも関節は骨と骨を筋肉で繋いで構成されています。この関節をつなぐ筋肉をトレーニングすることで、関節が安定していきます。, 関節が安定することで、ジャンプ力が上がり、豪快なブロックを決めたり、リバウンドを何本も取ることができるようになります!, ジャンプの動作の時は体の複数の関節を曲げます。そして曲げた状態から一気にグッと関節を伸ばします。その時に関節がグラグラして安定しないと、パワーが損なわれてしまいます。頑張ってパワーをつけてジャンプ力をあげようとしているのに、パワーが伝わりきらずジャンプ力が上がらないのはすごくもったいないです。せっかくのパワーが発揮されず高いジャンプをすることができないのです。, 【2020年最新版】1ヶ月で17cmジャンプ力up!バスケで最強の武器を手に入れろ!, ジャンプ力爆発ストレッチNO.5 膝を伸ばし強く踏み込む「大腿四頭筋」 | #ストレッチ バズウォール, ジャンプ力爆発ストレッチNO 4 走るのも跳ぶのもこの筋肉!「ハムストリング」 | #ストレッチ バズウォール, ジャンプ力爆発ストレッチNO 1ストレッチでジャンプ力上がるの!? | #ストレッチ バズウォール. ネットで調べても筋トレの方法がたくさん出てきてきますよね。ただ今回は、実際に春高に出場した大学の同期に質問したので信ぴょう性は高いです。, また、ジャンプ力をあげるためのトレーニング後にプロテインは必須。リンクを貼っておくのでご購入くださると嬉しいです。, *春高出場者の友人から聞いたおすすめのプロテインです.トレーニング効果を最大化させましょう。プロテインの必要性は記事最後でも書いています。, 早稲田大学の授業でも、トレーニングの効果を最大化するためにたんぱく質の摂取が必須だと習いました。, それでは、春高バレーにもスタメンとして出てた友達にいくつか質問をした回答を、詳しくみていきましょう。, 結論から伝えると、おすすめしていた筋力トレーニングは3つ。(実際に学生時代に取り組んでいたやつもあります), 上にある3つが、ジャンプ力を上げるために必要なトレーニング。ぼくも初めて聞く名前ばかりでしたが、動画を参考にすれば誰でも取り組めます。, 正式に発表されている論文でも、瞬発力をあげるためにはプライオメトリクストレーニングが有効だと言われているそう。, 動画では「陸上 短距離」と書いてありますが、ジャンプ力をあげたい方にはおすすめです。プライオメトリクスの中にも3種類トレーニング方法がありました。, 実際に春高にでた友人が行なっていたトレーニング方法はボックスジャンプです。ただ、トレーニングをする上での注意点が2つ。, プライオメトリクスによる筋肉への負担が大きいため、週1から2回の回数にしましょう.ジャンプ力を上げるために一生懸命筋トレをしても、ケガをしては元子もありません。, プライオメトリクスの1つ。素早く筋力を発揮できる能力を高める効果があります。詳細は動画を参考にしてください。, 下半身の強化に繋がるトレーニングですが、どのような理由で効率よく筋肉がつくのでしょうか。結論、台を使わないトレーニングよりも伸張反射が大きくなるからです。, デプスジャンプでは台の高さを利用してトレーニングを行います。その上から地面に落ちることで、台を使わないトレーニングよりも鍛えられます。, また複数の筋肉の連携を鍛えることができるので、ジャンプ力に加えて瞬発力の向上も期待できます。, 結論から伝えると、大きなパワーを瞬間的に使う練習を繰り返すことで瞬発の向上が見込めます。よって、ジャンプ力やスプリントの能力も上がります。, ただしこのトレーニングは難しい。理由は技術系のトレーニングなので習得することが易しくはないです。(体験談), 実際にこの記事を書くときに質問した友達は、身長が178cmにも関わらず最高到達点が3m33cmもあります。かなり高いですよね。, 3m33cmはバスケットのリングを両手で余裕でつかめます。もしかしたらダンクシュートもできるかも。(小さいボールで), そもそもジャンプ力を上げる必要はあるのか。友人に「ジャンプ力を上げて良かったこと」を質問してみました。, A,最初は2m43cm(男子バレーボールのネットの高さ)が高く感じたけど、ジャンプ力がついてからそんなに感じなくなった。, ポジションがミドルブロッカーだったので、マッチアップする対戦相手の身長が190cmから200cm近い。でもしっかり飛んでればほぼ対等に戦うことができた。, 男子バレーのネットの高さである、2m43cmがあんまり高く感じなくなるっていうのはすごいですよね。笑, ジャンプ力を必要とするスポーツで、ジャンプ力をつけておいて損することはないです。これまでおすすめしたトレーニングをもう一度振り返ります。, 上記の3つです。もちろん筋トレをすればジャンプ力を上げることができるはず。ただ、その効果を最大化させる方法があります。, それはトレーニングをした後にプロテインを摂取すること。わたしが通っている早稲田大学の授業でも、たんぱく質の摂取が必須だと習いました。, プロテインに迷っている方はこちらがおすすめ。実際に春高にでた友人も大学でトレーニング後に飲んでいます。, おすすめポイントとしては「チョコレート味で飲みやすい」という点。プロテインの購入に迷っている方にはチョコレート味をおすすめします。, プロテインとはそもそもたんぱく質のことを言います。人間の体は水とたんぱく質で構成されていると言っても過言ではありません。, 筋肉はもちろん、血液、髪の毛、皮膚、などもたんぱく質からできています。厚生労働省の調査によると、一般市民の場合は体重1kgに対して1gの摂取が最低限の摂取量。, どれくらいの量を摂取すれば良いのかと言うと、体重1㎏あたり2g程度のたんぱく質の摂取がおすすめされているんです。, たんぱく質の重要性を少し把握できたでしょうか。ただ、食事でたんぱく質を摂取しようとするとめちゃくちゃ大変なんです。, 例えば、体重70㎏の人であれば、カラダづくりに必要なたんぱく質量は、体重1㎏あたり2gで計算すると140gになる。, これは、ステーキであれば700g程度、卵であれば20個以上、牛乳であれば、4L以上に相当する。これらを毎日とるのは現実的ではないし、余計な脂質、カロリーまで摂取してしまうことにもなる。 2020年更新。ジャンプ力を効果的に上げる方法しってますか?ネットで検索すると1ヶ月で20cmアップとか言ってるけど本当でしょうか?エビデンスに基づいたジャンプ力の上げ方、教えます。 Footage of a big Red Kangaroo jumping quickly through the arid, dry Australian outback! ニージャンプ+前方向へジャンプ. ニージャンプから次の動作は素早く行いましょう! 是非参考にしてみてください。 もう1段フィジカルを成長させたいサッカー選手に! 【プロテインを飲んでも変わらない人にオススメ!】「ビタミンB6」と「酵素」 - アスリートコレクション, 【キンベンペ選手が実践するウォーミングUP6種】全身に刺激を入れていくW-upを解説, 【動きの質からパフォーマンスを養おう!】バルサが実践する上半身と下半身の連動トレーニング, 【片足でも爆発的なパワーとスピードを生み出そう!】難易度高いがオススメの自重トレーニング. ジャンプニーについて、完結編です。 少し長いですし、写真が多くなりました。 携帯の方は特に、画像が多くて見るのが大変かもしれません。 それでもよろしければm(_ _ )m 1と2はこちら↓ ジャンプニー1、ジャンプニー2 ポイントをおさらいしましょう。 「ニーアップジャンプ」や「バービージャンプ」を8~10秒間した後は、「サイドステップ」や前後方向の瞬発力トレーニングをはさみ、再び「ニーアップジャンプ」や「バービージャンプ」のトレーニングというメニューが良いでしょう。 体のケアも大事です。 ケアをしっかり行う事で. クリスティアーノ・ロナウドの身体能力の凄さは皆さん、ご存知だと思います。とあるTV組が、ジャンプ力の測定をしたところ、とんでもない記録を打ち出しましたね。どのくらいの凄いジャンプをしたの … SPONSORED LINK ニーアップジャンプ. オーストラリアの動物を代表するカンガルーは、オーストラリアの国章にも描かれる事実上のオーストラリアのシンボルの1つで、ぴょんぴょんと飛び跳ねる姿で有名です。カンガルーのジャンプ力について解説します。カンガルーのジャンプ力はどれくらい? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポーツしていると筋肉がダメージを受けやすい。修復するためにはたんぱく質が必要になってくるのからですね。, 大学生の日常がちょっとでも豊かになればいいなと想って、「ざわわブログ」(130,000pv/月)を運営しています。 ニージャンプ+前方向へジャンプ. 肩幅よりも少しせまいくらいに脚を開き、背筋を伸ばして立つ。 両脚でジャンプして、脚を胸に引き寄せる。 10回程度繰り返す。 4. そうなれば、カロリーオーバーで、無駄な脂肪もカラダについてしまう可能性がある。 引用:DNS TECH, 食事でたんぱく質の確保することがめんどうなので、プロテインを使うことがおすすめなんです。, ⚠️春高にでた友達は現在スポーツ系の学部に通っています。そこで筋トレ後のプロテインは大切だと言っていました。, 高校生はプロテインが一般的ではないかもしれませんが、しっかり筋トレした後にプロテインを補給することでジャンプ力が上がると思っています。, もちろん1週間でいきなり効果がでるわけではありません。ただ、せっかくトレーニングして鍛えた体の効果を最大限発揮するためにはプロテインが必須。, まずおすすめはDNSのチョコレート味のプロテイン。美味しくプロテイン補給ができるのは嬉しいですよね。, ザバス savas プロテインシェイカー SV Pシェイカー 500ML 3460110700 0000, ジャンプ力を上げるための「正しい筋トレ」と「正しい知識」を使って、いままでより数段上の自分にレベルアップしましょう。, バレーボールに関する記事は他にも書いています。気になる内容があれば、ぜひそちらもチェックしてください。, 関連記事:バレーが上手くなりたい人向け|バレー経験9年のぼくがどうやったら上達するか伝える. ジャンプ力を上げて、バレーやバスケなどスポーツに活かしたいですよね。そこで今回は、ジャンプ力を上げる方法を大公開!ジャンプ力を上げるために鍛える筋肉部位と高くジャンプするコツ、ジャンプ力を上げるトレーニングメニューやストレッチ法を徹底解説します。, スタンディングカーフレイズの効果的なやり方|ふくらはぎを鍛えるトレーニング方法とは, Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たちの願いです。, 特にバレーやバスケなどでは、ジャンプした後に空中でパフォーマンスを行うため、体の安定性を高める必要があります, ストレッチで筋肉を適度に柔らかくすれば、筋肉の可動域が広くなり、ジャンプをする際に力をスムーズに発揮できます, 肩甲骨や股関節はもちろん、手首や大胸筋、ふくらはぎと言った細かい筋肉の伸ばし方・やってはいけないNGストレッチまで徹底解説。, 愛用プロテインサプリはもちろん自宅でも簡単に取り組める効果的な筋肉トレーニングを大公開!, 正しいやり方やフォームから、筋トレ中の注意点、トレーニング効果まで徹底レクチャーします。, 効果を最大化する呼吸のコツはもちろん、回数、負荷のかけ方、綺麗なフォーム(姿勢)まで徹底解説。, ジャンプ力を鍛えるためには、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋)を筋トレで大きくする必要があります。正しいフォームはもちろん、効果を高めるコツまでマスターして、瞬発力を高めていきましょう。, 正しいスクワットのやり方を大公開!また、スクワットの効果を上げるコツや、間違ったスクワットの仕方と改善方法も解説します。, スクワットは毎日すべきなのか知りたい方へ。今回は、スクワットの正しい頻度や、素早く痩せるための正しいコツを解説!, ノーマルなスクワットとの違いから、正しいやり方・フォーム、効果を倍増させるコツ、筋肥大における注意点まで徹底レクチャーします。, 正しいフォーム、効率的な負荷のかけ方など、毎日自宅でもできるシックスパックの作り方を徹底解説します。, フロントブリッジ(プランク)のやり方と効果を紹介します。体幹を鍛えたい貴方のためのフロントブリッジバイブル!, 「股関節の動きを支える筋肉とは?」という基礎知識から効果的なストレッチメニューまでをまとめた股関節を柔らかくする柔軟体操の教科書をご覧ください。, オフィス&家で出来る柔軟体操シリーズ、今回はふくらはぎのストレッチ方法をご紹介します。, 自宅で出来る下半身の効果的な鍛え方として、お尻・太もも前部・太もも後部・ふくらはぎの4部位のトレーニングメニューを解説していきます。, 男性女性問わず、初心者でも自宅とジムで簡単にできる上半身の筋トレメニューを徹底解説!, 自宅でもできる自重の体幹トレーニングメニューをお教えします。腹筋、背筋、側部などの効果的な鍛え方がここに!, 韓流モテ服図鑑vol.1 身長が高く見える、買って損なしの超優秀ダッドスニーカー7傑. ニージャンプ+垂直跳び. ニージャンプから次の動作は素早く行いましょう! 是非参考にしてみてください。 もう1段フィジカルを成長させたいサッカー選手に! どちらも高くジャンプするためには必要で、どちらにも取り組める人こそ、高い打点を手に入れることができます。, ここからは、「飛ぶ力を高めるために鍛えるべき筋肉部位」「高くジャンプするための5つのコツ」の2つのパートに分けて、詳しく解説。, ジャンプ力を強化してバレーやバスケなどのスポーツに活かしたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。, 高くジャンプするためには、飛ぶために必要な筋肉部位を知った上で、その部分を集中的に筋トレやストレッチすることが大切。, 筋トレやストレッチをする際に鍛えるべき筋肉部位を意識すると、その効果がアップするからです。, ここでは、飛ぶ力を高めるために鍛えるべき筋肉部位について、詳しく解説していきたいと思います。, 高くジャンプするためには、腕を強く振って反動をつけることが必要。また、縮まった体を一気に伸ばすバネのような瞬発力も求められます。, そんな腕を強く振る力には、**「三角筋」や「大胸筋」を中心とした肩や胸の筋肉を鍛えなければいけません。, 三角筋とは、両肩の関節を覆うようについている厚い筋肉で、大胸筋とは、両胸の前部にある広く平たい筋肉のことを表します。, どちらの筋肉も比較的鍛えやすい筋肉になるため、ジャンプ力を高めたい方はぜひチェックしてみてください。, 特にバレーやバスケなどでは、ジャンプした後に空中でパフォーマンスを行うため、体の安定性を高める必要があります。, 体の安定性を高めるには、「腹筋」や「背筋」を鍛えることが不可欠。その中でも、特に腰にある筋肉(脊柱起立筋)は体幹の安定に欠かせない鍛えるべき筋肉です。, 体幹がどっしり安定すると、ジャンプをした後に高いパフォーマンスが発揮しやすくなり、周りから見ても滞空時間の長い印象を与えられます。, ジャンプ力を高めるためには、元となる下半身のパワーを高めなければいけません。特に太ももの筋肉は、体の中でもトップクラスの強度を誇り、筋肉の大きさもトップクラス。, しっかりと鍛えることで、ジャンプ力はもちろん、足の速さやフィジカルの強さも鍛えられますよ。, 太ももの中でも特に鍛えるべき部位は、太もも裏(ハムストリング)と太もも前(大腿四頭筋)という筋肉です。, どちらもヒザの曲げ伸ばしと股関節の動きを支える大切な筋肉で、鍛えると踏み込んで跳ぶ動作がアップ。バネのように力強く収縮できるようになり、より高いジャンプ力が手に入りますよ。, 「大臀筋」と「腸腰筋」を中心とした、お尻や股関節周りの筋肉を鍛えるのもジャンプ力強化に有効。, 大臀筋は、お尻の外側にある大きな筋肉で、ジャンプする前に体を縮め、ジャンプ時に強いパワーを、股関節周りの筋肉は、上半身と下半身を結び、ジャンプ時にしっかりと力を上で伝達するために必要な筋肉になります。, どちらも下半身を収縮させ、高い力を上へと向けるために大切な筋肉になるため、必ず柔軟性を高めながら、鍛えていきましょう。, すね部分にある「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」と「長趾伸筋(ちょうししんきん)」、ふくらはぎ部分にある「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」も、ジャンプ力を上げるために鍛えるべき筋肉です。, この3つの筋肉をしっかり鍛えて、地面を力強く蹴り上げられるようになれば、その反動でより高くジャンプできるようになります。, 高くジャンプするためには、筋トレで筋肉を鍛えるのも必要なことですが、ジャンプのコツを掴むのも大切なポイントです。, ジャンプする際に、どこに力を入れるのか、どういう動きで反動がつくのかなどを知っておくと、もっとジャンプが高くなるでしょう。, 体を縮めた状態から伸び上がる反動の力が大きいほど、ジャンプ力は高くなります。高いジャンプをする時は、腕を思いきり振り下ろして、体を丸めるように縮めながら反動をつけることが大切です。, 丸く縮まったら、次は強いバネのようなイメージで、それぞれの筋肉を伸展させましょう。この時、伸展する力をどれだけ発揮できるかで、ジャンプの高さは決まります。, 体を限界まで縮めて、縮んだ筋肉を放出するようなイメージで高く上へ飛んでみましょう。, 高くジャンプするためには、地面を蹴り上げる反動や、筋肉を収縮・伸展させる力がカギとなります。, つまり、ジャンプをする前にどれだけ強い力で踏み込めるかというのも、外せないポイントなのです。ジャンプをする時は、必ず両足で踏み込むことが肝心。片足だけでは十分な力が発揮できないため、当然ジャンプ力も下がってしまいます。, 体を収縮させる時、強くジャンプする時に、しっかりと両足で地面を踏み込むイメージを持ちましょう。, 両足で強く踏み込んだら、下半身の筋肉と腕を振り下ろした反動をフルに使って飛び上がりましょう。腕を思いっきり振り上げながら、上体をややあおらせるようなイメージでジャンプするのがコツです。, この時、大臀筋やハムストリング、ふくらはぎの筋肉だけでなく、足の裏の感覚までを意識して、しっかりと地面を蹴り上げるようにするのも重要なポイント。かかとからつま先へと重心を移動させ、ジャンプに全ての力を集中させましょう。, 助走をつけるとその分しゃがみこむ時の反動が生まれ、より高くジャンプできるようになります。助走がたった1歩、2歩違うだけで、ジャンプ力に差が出てくるものです。, ただし、スポーツによっては、ただ高くジャンプすればいいというわけではなく、次の動きに繋げる必要が出てくる場合もあるでしょう。また、スポーツの種類によって、助走できる距離や時間が異なるので、自分が行うスポーツに合わせて正しい助走を身につけることが必要です。, 収縮と伸展の力を充分に発揮するためには、筋肉の適度な柔らかさが必要です。硬まってしまった筋肉では力が上手く伝わりません。ストレッチで筋肉を適度に柔らかくすれば、筋肉の可動域が広くなり、ジャンプをする際に力をスムーズに発揮できます。, 例えば、肩付近のストレッチを念入りに行うと、腕の振り幅が広がって、体を上へ持ち上げる力が伝わりやすくなるでしょう。, 高くジャンプするために、下半身はもちろん、お腹や背中など全身の筋肉を適度にほぐしてあげてください。, ここでは、ジャンプ力が上がる筋トレとして、おすすめのトレーニングメニューを8つ紹介していきます。, 美しい筋肉を持つことで知られるGacktさんが行っているトレーニング方法です。Gackt流クランチでは、ジャンプ力を上げるために欠かせない、お腹や太もも、股関節周りの筋肉が鍛えられます。 ニージャンプ+垂直跳び. 「ニーアップジャンプ」や「バービージャンプ」を8~10秒間した後は、「サイドステップ」や前後方向の瞬発力トレーニングをはさみ、再び「ニーアップジャンプ」や「バービージャンプ」のトレーニングというメニューが良いでしょう。 ジャンプ力を上げて、バレーやバスケなどスポーツに活かしたいですよね。そこで今回は、ジャンプ力を上げる方法を大公開!ジャンプ力を上げるために鍛える筋肉部位と高くジャンプするコツ、ジャンプ力を上げるトレーニングメニューやストレッチ法を徹底解説します。 自宅で短時間で行える鍛え方なので、忙しい人にも向いています。, Gackt流クランチの目安は、15〜20回×3セット。負荷が非常に高いトレーニング方法なので、初めのうちは回数を「10回1セット」などに減らして行うのもおすすめです。, 太ももとお腹を引きつける時に、毎回必ず膝と胸が一瞬触れるようにすると、腹筋に強い負荷や刺激を与えられます。, Gackt流クランチは、かなりハードなトレーニング方法ですが、腹筋や下半身の筋肉をしっかり鍛えるには効果的です。, 「スタンディングカーフレイズ」は、ふくらはぎ部分の下腿三頭筋を重点的に鍛えられるトレーニング方法です。, 下腿三頭筋は地面を蹴り上げるために必要な筋肉部位。しっかり鍛え上げればジャンプ力の向上に繋がります。, 初めのうちは、1セット30回を目安に行っていくといいでしょう。全く運動をしていない人の場合、多い回数から始めると肉離れやアキレス腱を怪我する場合があるので要注意です。, スタンディングカーフレイズは、太ももの筋肉である下腿三頭筋の収縮を意識しながらゆっくりと行うのがコツです。, かかとをしっかり上げて、下腿三頭筋への負荷や刺激を感じながら、じっくりと行っていきましょう。, 「ノーマルプッシュアップ」とは、基本的な腕立て伏せのこと。上腕筋や大胸筋、三角筋が鍛えられて、力強く腕を振れるようになるため、ジャンプ力の強化に繋がります。, ノーマルプッシュアップは、20回×3セットを目安にするといいでしょう。しっかり効果を出すためには、正しいフォームで行うことが大切です。, ノーマルプッシュアップで効果を上げるコツは、身体を一直線にキープした状態を心がけること。背中が反ったり、お尻が浮いたりすると、トレーニング効果が下がってしまいます。, また、一部の筋肉や関節に負荷がかかりすぎて、思わぬ怪我の原因になるので注意が必要ですよ。, つま先で地面を押して飛び跳ねる「アンクルホップ(エア縄跳び)」は、縄跳びの要領でジャンプするのが特徴。高いジャンプ力を発揮するために必要な筋肉である、ふくらはぎの下腿三頭筋を重点的に鍛えられますよ。, アンクルホップ(エア縄跳び)は、20回×3セットを目安に行います。セットの間に、30秒のインターバルを挟むのを忘れないようにしましょう。, アンクルホップ(エア縄跳び)を行う際のポイントは、最初のジャンプ以外は膝を曲げないこと。膝を曲げずにつま先だけでジャンプすることで、ふくらはぎの下腿三頭筋を集中的に鍛えられます。, トレーニング後にふくらはぎの筋肉がピクピクしていれば、きちんと出来ている証拠です。, 大腿四頭筋やハムストリング、脊柱起立筋、大臀筋など、ジャンプ力に強く影響する筋肉を鍛えられるトレーニング、ノーマルスクワット。, 下半身以外にも、腕や上半身など全身の筋肉も鍛えられ、引き締まった体を手に入れることができます。, まだトレーニングに慣れていない方は、1日20回を目安にするのがおすすめです。慣れてきたらセット数を2〜3セットに増やしていくといいでしょう。, ノーマルスクワットで起こりやすいのが、膝の怪我です。背中を丸めて前傾姿勢をとったり、つま先よりも膝が前に出たりすると、膝に負荷が集中してしまうので要注意。, 「目線は前、背骨は真っ直ぐ」を意識して、正しいフォームを心がけると、しっかり筋肉が鍛えられます。, 「ジャンピングスクワット」は、ノーマルスクワットにジャンプを加えたトレーニング方法です。, ノーマルスクワットより収縮と伸展の差が大きいため、ジャンプ力強化に必要な下半身の筋肉をより鍛える効果が期待できます。, ジャンピングスクワットを行う時は、しっかりと腰を下げてから跳ね上がるのがポイント。たったこれだけを意識すれば、太ももやふくらはぎなどの下半身の筋肉に強く刺激が届き、効率よく鍛えられます。, 「クランチ」は、上半身を丸めるように起こしていくトレーニング方法。お腹の筋肉の中でも、特に腹直筋に効果があります。, バネのように丸まったり伸びたりする筋力の向上に繋がるため、ジャンプ力を高めたい人に向いていると言えるでしょう。, クランチは、1日10回×3セットが目安です。お腹の筋肉は回復が早い筋肉なので、初めのうちは1日おき、慣れたら毎日行ってもいいと言われています。, クランチでお腹の筋肉を鍛える場合、全ての動作をゆっくりと行うのがコツです。上半身を丸める時も、元に戻す時も、反動や腕の力を使ってはいけません。, 腹直筋を中心としたお腹の筋肉のみを使うことを意識して、ゆっくりとトレーニングを行いましょう。, 背筋や腹筋、背骨周りの筋肉を強化する「プランク」は、体幹を鍛えるトレーニング方法として有名です。胴体を中心に全身の筋肉が満遍なく鍛えられるので、ジャンプ力の向上に大いに役立ちます。, また、バランス感覚も良くなるので、ジャンプ後も高いパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。, プランクの姿勢を維持する時間は30秒~1分が理想ですが、慣れないうちは20秒にするなど時間を短めに設定するといいでしょう。, お尻を上げたり、背中を丸めたりすると、背筋や腹筋、背骨周りの筋肉への負荷が弱まり、思うように効果が出ません。, 顔を前に向け、上半身から下半身まで一直線になるように姿勢を維持すると、しっかり筋肉を鍛えられます。, ジャンプ力を上げるには、体の柔軟性を高めるのも有効な方法です。柔軟性を高めるならやっぱりストレッチ。高いジャンプに必要な筋肉部位や関節に柔軟性を持たせるストレッチを日課にしましょう。, ここでは、ジャンプ力を鍛えるストレッチ方法を厳選して3つご紹介していきます。柔軟性を高めるストレッチを行うことは、怪我の防止にも役立ちますよ。, 股関節と太もものストレッチを行うと、大腿四頭筋やハムストリング、内転筋群などに柔軟性が生まれます。, 膝を屈曲させて跳ね上がる際に力を込めやすくなり、また、動作もスムーズになるため、ジャンプ力がさらに向上するでしょう。, 股関節&太もものストレッチは、左右20秒ずつ行うのが目安です。股関節や太ももが伸びる刺激を感じながらストレッチを行いましょう。, 股関節&太もものストレッチは、股関節が痛い時には行わないようにしましょう。傷みがある時に無理に伸ばすと、怪我の原因になるので要注意です。, 「少し痛いけど気持ち良さを感じる」程度の刺激で徐々に伸ばしていくと、効果的に柔軟性を高めていけます。, 下腿三頭筋を中心とする、ふくらはぎの筋肉を柔らかくするのも、ジャンプ力の強化に役立ちます。, ふくらはぎの筋肉が柔軟性を持つようになれば、バネのような瞬発力が身につき、地面を蹴り上げる力が増すからです。, 足先を内・外側・中央に向けて、各1回ずつ順番に20秒間キープします。ふくらはぎの筋肉が刺激されているのを感じて行いましょう。, ふくらはぎのストレッチで大切なのは、足先を外・内・中央に向けて、3段階で行うことです。, 足先の向きで刺激できる筋肉の位置が変わるため、あえて分けて行うことで、下腿三頭筋をバランスよく伸ばすことができます。, ジャンプ力を強化するためには、足首に力を込めて、足の裏でしっかりと地面を蹴り上げる必要があります。, 収縮と伸展をスムーズに行うためにも、足首の柔軟性を高めることは欠かせません。足首のストレッチで足首付近の筋肉をやわらかくほぐし、しっかりと伸ばしましょう。, 時計回り×5回、逆回り×5回を、左右それぞれの足で行うのが、足首のストレッチの目安の回数です。, 足首のストレッチを行う際は、足首を回すスピードに気をつけましょう。2秒で一周させるくらいのスピードで取り組むのが、高いストレッチ効果を得るためのコツ。, 強い力で無理に大きく回そうとせず、足首の柔軟性を確認しながらゆっくり回すのがポイントです。, ジャンプ力を高めるには、主に下半身や腕周りを鍛え、筋肉が収縮・伸展する力とスピードを上げる必要があります。, また、力を無駄なく筋肉に伝えられるように、ストレッチで柔軟性を高めるのも大切です。ジャンプ力の向上を目指す人は、今回取り上げた鍛え方やストレッチをぜひ試してみてくださいね。.