現行モデルである4代目(nd型)は2015年に登場、発売から4年が経過し、次期型への期待が高まっています。 マツダ ロードスター 次期型 予想CG 初代ロードスターを好む人達から落胆の声があったようです。 NAの1800CCエンジンの馬力は130馬力。一方NBは最終型で160馬力に到達します。, またボディ各部の強化や、 https://minkara.carview.co.jp/userid/14286/summary/p2/, 全て目を通すだけでもそれなりの時間が必要になりますが、 今後状態の良いものは大幅に減少していくことが予想されます。 最大トルク:14.5kgm/5,000rpm 歴史的名車、NAロードスターは当初のユーノス ロードスターからマツダ ロードスターに変わってからも長く作り続けられましたが、ついにモデルチェンジの日がやってきました。 CMキャッチコピーは”Roadster Reborn”。 NBロードスターはどのようなクルマだったのでしょうか? 高騰するのも当然の事でしょう。, しかし、NA型の次の代である、NB型ロードスターについては ですがNAの乗り味を色濃く残すのはNBがまだ手に入りますよ? クラシックカーとしての価値が高まってきたようです。 基本設計は同じであり、NAからNBになったとはいえ、 電装系(チューニングcpu)のことなら「みんカラ」。マツダ ロードスターに装着できるパーツのレビューや価格情報が満載。パーツレビュー投稿数690万件突破!マツダ ロードスターのパーツ情報は日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 やはりリトラクタブルヘッドライトの廃止や、特別仕様のドアノブの廃止等の変更に、 初代NAロードスターのデザインにうねりによるアクセントをもたせた、ちょっとばかりグラマラスなボディに、リトラクタブルライトを廃したことで、フロントの軽量化や歩行者衝突時安全など時代の流れにも適応した、正常進化版。, どうしても「デザインでNAに勝てず、パワーでNCに勝てない」というネガティブ面から人気が今一つなところはありますが、「走行性能でNAに勝り、軽快感でNCに勝る」という一面もあります。, パワー勝負以外でならば、歴代ロードスターの中で屈指のバランスを持つだけに、もっと評価されて良いと思う1台です。, モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。. 1989年モデルならばいよいよ30年前の車になろうかという頃合いですから、 ここ数年が良質なNBに乗る最後のチャンスかもしれません。, 人馬一体・みつどもえ 様 ある意味ビッグマイナーチェンジともいえるような連続性があります。, ですからその長い期間で熟成された技術がすべて詰まっているのは、 「高速クルーズを得意とする200馬力のnaロードスターターボ仕様」純正パーツ流用でコスパも追求! 公開日 : 2020/01/09 11:00 最終更新日 : 2020/01/09 11:00 AUTHOR : web option編集部 その後の大ヒットは有名で、世界的名車として今も人気が高く、 改造してレースに持ち込んだりするのにちょうどよい入門車という扱いになっているようです。 NCになると、もはや電子制御も多く入ってきてNBとは別物です。 マツダのロードスターと言えば2018年現在もなおND型として存在している歴史あるライトウェイトオープンスポーツカーです。 実はこのNB型ロードスター、発売当時はその見た目の、NA型からの大きな変化もあり、 公開日 : 2020/01/09 11:00 紛れもなくNBロードスターの最終型であると言えるでしょう。, NBは決してNAに劣ってません。 歴史的名車、NAロードスターは当初のユーノス ロードスターからマツダ ロードスターに変わってからも長く作り続けられましたが、ついにモデルチェンジの日がやってきました。 今が現在中古市場底値といったところでしょう。100万以下でそこそこ良いのが沢山でています。 車両重量(kg):1,010 エンジン仕様・型式:B6-ZE 直列4気筒DOHC 16バルブ デザイン面では、NCNDと続いた今でもNBをあまり良く思っていない人が多いようです。, そんなわけで、NBロードスターは、大人気ヒット作のNA型と比べると、 当時マツダのプレミアムブランドであったユーノスの第一弾車種「ユーノス・ロードスター」として登場しました。 だからと言って優秀な兄に対する不出来な弟なのかというと、はたしてそうでしょうか。, 決してNBロードスターが性能的に劣るから人気が無かったわけではありません。 その上製造メーカーであるマツダがレストアプログラムを発表しましたから、 総排気量(cc):1,597cc 4代目マツダロードスターが2015年6月発売決定。滅茶苦茶低いフォルムに低重心の設計で車重はわずか990kgと言うライトウェイト。エンジンはアクセラに搭載されているエンジンスカイアクティブG1.5(1500ccNAエンジン)をロードスター用 そのロードスターのルーツは1989年の初代NA型ロードスターであり、 NAばかり持ち上げられる昨今、NBは不遇ながらも、明らかに名車であると主張したい。, 現在中古市場で底値で扱われており、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© MR2と何処までも , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 最終更新日 : 2020/01/09 11:00, 走行12万kmのノーマルB6エンジンをベースに、ヘッドガスケットのみメタルに変更して、GT2540タービンをドッキングしたのがこのNA6CEだ。ロードスターチューンを大得意とするハンドレッドワンが手がけただけに、単なるメーカーターボキットのポン付け仕様とは、やはりひと味違う。, コストパフォーマンスを徹底的に追求し、EXマニを製作した上でインタークーラーはランエボ用を、インジェクターはGT-R用の440ccを、燃料ポンプはMA70スープラ用をと、純正パーツを巧みに流用。お手頃感を意識したハイパフォーマンスターボ仕様なのだ。最高出力は最大ブースト圧0.6キロ時に200psを発揮する。, 制御には、ハンドレッドワンが得意とするモーテックM4を使用。ブースト圧もモーテックのコントロールバルブを使って、ギヤや車速によるキメ細かな制御をCP内で行なっている。NA6CEの純正CPは8bit、対するモーテックは64bitと、制御や演算能力は大幅にアップする。「高価だけどライトチューンでもモーテック導入の効果は大きい。発展性もあるしね」とはハンドレッドワン角山さん。, 車高調はオーリンズとの共同開発で誕生した、PCVベースのハンドレッドワンオリジナル(F10kg/mm R8kg/mm)。ストリートをターゲットにしたセッティングが施され、スポーツラジアルタイヤとの相性は抜群だ。, ロードスターオーナーなら気づくであろうウインドウガラスのボカシ(ロードスターのガラスにボカシはない)。そう、このNA6CEに装着されているウインドウは、ハンドレッドワンオリジナルのボカシ入り軽量タイプなのである。価格は工賃込みで8万円〜とのこと。, ちなみにこのNA6CEは17インチ(205/40)仕様で、しかもファイナルは3.9とハイギヤード化されている。ターボパワーと相まって5速で220km/hも可能という、ロードスターではなんとも珍しい高速クルージングを狙ったチューニングが施されているのだ。, ●取材協力 ガレージハンドレッドワン 埼玉県戸田市笹目4−28−7 TEL:048-422-3434, 「ミニバンでこのカッコ良さは反則級!?」車検対応ギリギリを攻めるスタイル重視のFR5ジェイド!, 「富士最速のNCロードスターを捕獲!」ホワイトボディから製作された究極的NAメカチューンスペック!, 「わずか17秒で1000メートルに達する加速性能!」老舗のR35GT-Rが速すぎる!!, 「今年は湾岸ミッドナイトのメモリアルイヤーなんです!」劇中車3台が精巧なモデルカーとして登場, 「トップチューナーがBBS LMを選ぶ理由」色褪せない輝きを放ち続ける不屈の名作【最強ホイール解体新書】, 「FK8シビックタイプRの究極ブーストアップ仕様を試す」ハイレスポンスな384馬力は伊達じゃない!, 「カンサイサービスの技術力が注がれた至極のBNR34」2.8L+小径ツインターボで超レスポンスの560馬力を創出!. 不人気だったというのが一般的な認識でしょう。, ただ、不人気なのは好みもありますから仕方ないとして、 トランスミッション:5MT 1989年登場のBNR32 スカイラインGT-R は「GT-R」の復活として大注目の中登場し、 さらにレースは勝ちまくり、まるでレースカーが市販化されたかのようなスペックが、 世間を大いに賑わせた名車 ... 出典元:youtube S13シルビアといえば、もはや走り屋の車というイメージですが、 発売当時の日産のメーカーコンセプトはスペシャリティカーであり、デートカーという位置づけでした。 当時絶大な支持を ... 新型スープラが2019年に登場ということで、 先代のJZA80スープラが生産が終了した2002年から17年ぶりに復活ですね。 情報によると、 ・エンジンは3.0L直列6気筒ツインターボエンジン ・ベー ... 2017年にFK8シビックtypeRが新発売されました。 その速さは確かながらも大型化、高額な仕様は賛否両論ありますが。 目次ホンダスポーツといえばtypeR?typeR登場以前まで、最速の称号は「S ... (2019年5月 トヨタ博物館にて) 富士自動車から1955年に発表されたフジ・キャビンという車があります。 この車はとにかく小さい。 フジキャビンの寸法 全長 2,950 mm 全幅 1,270 m ... 30代になりました。前の車を売ったら思った以上に寂しかった経験から、この先もMR2を売らなくても良いように頑張って維持していきたいと思います。. ND型は初代NAへの回帰を目指したそうです。 雨漏り頻発部分、良く壊れたというパワーウィンドウの改良など、 最高出力:125ps/6,500rpm 独自インタビューや資料による非常に膨大な情報で興味深い内容でおすすめです。. 決して nbロードスターが性能的に劣るから人気が無かったわけではありません。 naの1800ccエンジンの馬力は130馬力。一方nbは最終型で 160馬力 に到達します。 またボディ各部の強化や、 雨漏り頻発部分、良く壊れたというパワーウィンドウの改良など、 CMキャッチコピーは”Roadster Reborn”。 NBロードスターはどのようなクルマだったのでしょうか?, 1989年のデビュー当初、1.6リッターエンジン搭載で決してパワー型ではない「小型FRピュアスポーツの軽快感と楽しさを追求した」NAロードスター。, しかし、9年のモデルサイクルの中で排気量の増大、車重の増加、最終減速比の迷いによる軽快性のスポイルなど、若干方向性を見失いかけていたのも、また事実でした。, そこで、一旦全てを仕切り直して「初期化」を行うともに、時代の流れに対応した改良も加えることで、一度初期型ロードスターの原点に戻ろうとしたのがNBロードスターです。, その意味で、デビュー時のCMキャッチコピー”Roadster Reborn”は、まさに的を得ていたと言って良いでしょう。, ただし、実質的にNAのビッグマイナーチェンジ版と言えたNBでは1990年代末期にデビューして2000年代のスポーツカーとして古さは否めません。, 結果的にターボ車やクローズドボディ版など、モデルライフ後半は「今後のロードスターがどうあるべきか」という実験を兼ねていたようにも思えます。, NBロードスターはそのスタイルを見るとわかるように、実質的にはNAからリトラクタブルライトを廃し、ボディラインにコークボトル的なうねりで躍動感を持たせたビッグマイナーチェンジ版と言っても過言ではありません。, 内容的には5速MTと組み合わせた1.6リッター版はNA初期型(NA6C)のリメイク、新開発の6速MTと組み合わせた1.8リッター版はNA中期以降(NA8C)の正常進化版と言って良いでしょう。, それ以外の大きな変化というと幌のリアウインドウがビニールからガラスになり、細部の変更やボディ剛性強化、エンジンの仕様変更があるためNBからNAへのパーツ流用が案外効かない面もありますが、基本的には同じような車と言えます。, モデル末期の2004年2月には、350台の限定販売ながら1.8リッターDOHCターボ搭載車が販売されました。, NAの頃にマツダの商品企画部門「M2」が作ったさまざまなロードスター派生試作車の中に3リッタークラスV6エンジン搭載のマッスルカー仕様もあり、「ロードスターらしくない」と否定されて市販に至らなかった経緯があります。, しかし、そこであえてパワー嗜好のロードスターを具現化してみたのがNBのターボ仕様で、後継のNCが搭載した2リッターエンジンに近いスペックを持っていました。, 2003年10月からは、受注生産ながら完全クローズドボディの「ロードスタークーペ」も販売していました。, オープンカーを表すロードスターという車名でありながらクーペという、何か矛盾した名前だったので違和感を感じるネーミングも話題になりました。, 同期の後輪駆動オープンスポーツ筆頭といえば、トヨタブランド最後のミッドシップスポーツ、MR-Sでしょう。, 2代にわたるMR2のハイパワー路線から一転、わずか140馬力の1ZZ-FE搭載で軽快なハンドリングマシンへと変貌したMR-Sは、当時のロードスターにも近かったスポーツカーだったと言えます。, 2リッターNA、または2リッターターボでNBよりややハイパワーでひと回り大きかったものの、手頃な価格の小型FRスポーツクーペ、それも先代のS14からダウンサイジングしての登場でしたから、期待値は高かったのです。, 2000年には電動トップのヴァリエッタが追加されましたが、オープンスポーツというよりラグジュアリー仕様だったので、NBのライバルはあくまでクローズドボディ版。, 初期のAP1型S2000もNBに近い存在で、S15同様ひと回り大きく250馬力で超高回転型NAのF20Cエンジンを積んだ、ハイパワー路線という意味ではS15寄り。, しかし、リアルスポーツ路線をあまりにも追いすぎてエンジンが扱いにくく、NCになる頃には排気量を上げて低中速トルクがあり、扱いやすいF22Cエンジンに換装したAP2へと変わります。, そのあたり、走る楽しさを難しさでスポイルしないロードスターのキャラへと、パワー路線のスポーツカーも結局集約していくということなのでしょう。, ホイールベース(mm):2,265 駆動方式:FR, 3ナンバーボディへ拡幅してブリスターフェンダーも勇ましく、厚みあるボリューミーなフロントマスクからはマッスルカー的雰囲気も漂うNCは、NBとだいぶ雰囲気が異なります。, ボディラインもうねりのあるNBに対してビシッと筋の通った、というより筋肉質のNCは同じ車名でも別な車と思うほど印象が違い、固定式ヘッドライトもパッチリしたNBに対してNCはロボットの目のような無機質感があります。, そのあたり、「20世紀最後のロードスター(NB)」と「21世紀最初のロードスター(NC)」というくらいの違いを感じますね。, リトラクブルヘッドライトも含めて、古の初代ロータス・エランの再来と言えるNAロードスターは、そのデザインのエレガントさが際立ちます。, 気品を漂わせつつ、決して周囲に対して出しゃばらないそのスタイルは、それがアメリカであろうとヨーロッパであろうと、はたまた日本の京都であろうと似合わない場所がおよそ考えつかないほど。, NBも基本的にキープコンセプトのはずなのですが、ヘッドライトでどうしても自己主張してしまうNBに対し、いざとなれば目をつぶれるリトラクタブルヘッドライトでこれだけ違いが出るものかと、今更ながらに驚かされます。, 出典:https://ja.wikipedia.org/ https://minkara.carview.co.jp/userid/14286/summary/p2/. まだギリギリディーラー中古車も手に入るため、程度が良いものも探しやすいと言えます。 ロードスターといえばNA型のイメージが強いことかと思います。, そして昨今、NAロードスターの中古車価格は高騰し始めています。 評判が良かったといえるかというと難しく、