個人・法人の経営形態と業務形態は、どれを選ぶかによって開業時にかかるコストや取引における制限が違ってきます。 ”宅地建物取引士”は、法律にのっとった公正・公平な取引がなされているかをチェックする国家資格者です。 また、事務所の形態や立地は、開業時だけではなく経営していく段階でも大きく影響してくるので、一つ一つ慎重に選んでいくようにしましょう。, 不動産業を開業するには、専任の”宅地建物取引士”を5人に1人以上の割合で所属させなければなりません。 ここでは「小資本・少額資金で開業する」ことを前提として、自社で建築したマンションや戸建て住宅を販売する形態の会社を開業するケースは除いて、「仲介」と「賃貸」に限定した説明をすることとします。, 不動産業を開業するには、国土交通大臣または都道府県知事の免許を受ける必要があります。, 2つ以上の都道府県に事業所を置く場合は国土交通大臣、つまり国の免許が必要になり、事業所は1カ所のみ、または複数億場合であっても、そのすべてが同じ都道府県内である場合は、都道府県知事、つまり都道府県の免許が必要になります。, 事業所や店舗を解説する場所に制限はありませんが、仲介・賃貸のいずれにおいても、利便性の高い駅前のテナントが望ましいかと思われます。, 事業所を法人とするか個人事業として行なうかは予算の面で判断されることになるかと思われますが、, 売買物件の仲介業務を行なうことになれば、大きな金額をやりとりすることになるため、法人格を持っていたほうが、お客様に安心と信頼を感じて頂けることになります。, 不動産業の会社には、宅地建物取引士を最低1人以上常駐させることが義務づけられています。, 従業員5人に対して1人の資格者の設置が必要とされているため、5人までであれば資格者は1人でよいのですが、6人を超えると2人の資格者が必要になります。, もちろん、開業される方が宅地建物取引士の資格をお持ちであればそのまま1人としてカウントされます。, 当初、5人以内の少人数で開業されるのであれば資格者は1人で問題ありませんが、人数を増やすことになった場合は、できるだけ多くの資格者を確保することが必要になります。, 免許の審査が行われ、特に、宅地建物取引士の人数、代表者や法人の役員が破産者、禁治産者、その他の欠格事由に該当していないか等、登録の基準を満たしているかを確認されます。, そのため、不動産業者は事故が発生した際に損害賠償ができるようにとの観点で、法務局に1000万円の供託金を預けることが義務づけられています。, 一般的に不動産業を開業する際には、この全宅保証と都道府県の宅建協会に同時に入会することが常識となっています。, 初期費用として必要になる金額のうち、事業所の取得にかかる費用と、全宅保証の分担金60万円の支払いが大きな割合を占めます。, 土地や建物を仕入れて売るとなればまた別で、何千万円、何億円といった仕入れ資金が必要になりますが、仲介や賃貸のみの業務を行なうのであれば、その資金は不要です。, 売買の仲介においても、賃貸においても、利益の額が大きく、費やした時間に対する利益額が大きいことが、不動産業開業の最大のメリットだといえます。, 不動産物件の金額が400万円以上である場合、その売買金額の3パーセント+6万円が仲介手数料となります。, たとえば、2000万円の不動産物件の売買を仲介した場合、66万円を仲介手数料として得ることができます。, この場合、不動産物件の貸主と借主の両者から最大で家賃の1か月分までを仲介手数料として受け取ることができます。, 家賃が5万円の物件であれば、貸主と借主の両方から5万円ずつ、合計10万円を手数料として受け取ることができるのです。, 勤めていた銀行の吸収合併で、出世の望みがなくなったと感じた山本さん(仮名)は、退職金を資本にして不動産業を開業しました。, 銀行の業務で不動産にかかわることも多くあったため、銀行の方針で宅地建物取引士資格を取得していたこともあり、実務は未経験ながら、不動産の世界にとびこみました。, 駅前の古いテナントビルに小さな事務所をかまえ、主に売買物件の仲介業務を始めました。, 銀行出身とあって、ローンの業務は得意ですし、得意先係の仕事を長く続けていた経験により、お客様への接し方や物件の勧め方、そして何より親身になって購入の相談にのる態度が高く評価され、順調に業績をあげていきました。, 月収も銀行時代を上回り、しばらくはそのことに満足していましたが、やがて、事業を拡大していこうと考えるようになります。, まず会社を大きくして、自分は社長業に専念して営業の現場から引退したいという思いもありました。, 全員を採用することはできないので、即戦力になると考えた業界経験の長い1名を採用しました。, その状態が数か月続き、おかしいと思い、興信所を使ってその社員の行動調査をしてもらいました。, 自社で開拓したお客様に対して、知り合いである他社の物件を勧めて、そこで契約させて紹介手数料を受け取っていたのです。, 山本さんは即刻その社員を解雇しましたが、その数カ月間、その社員に払った給料や、本来は自社に入るはずだった仲介手数料など多大な損害を被ることとなりました。, つ以上の都道府県に事業所を置く場合は国土交通大臣、つまり国の免許が必要になり、事業所は, カ所のみ、または複数億場合であっても、そのすべてが同じ都道府県内である場合は、都道府県知事、つまり都道府県の免許が必要になります。, 人で問題ありませんが、人数を増やすことになった場合は、できるだけ多くの資格者を確保することが必要になります。, そのため、不動産業者は事故が発生した際に損害賠償ができるようにとの観点で、法務局に. 専用出入り口や独立した事務所スペースを設けることが義務付けられ、不動産経営に相応しい形を整えておくことが求められます。 ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。や 医院・クリニックの開業支援なら医院のための不動産屋。医師・オーナー様方の開業・移転をお手伝いいたします。医療向け物件紹介に特化し、実績豊富なスタッフが専任でお客様にベストな物件提案を行います。開院のためのご要望に柔軟に対応。 入会申込みは、免許申請後であれば免許が交付される前からでもお手続きしていただけます。 継続的に業務を行うことができる施設を有する場所で、宅建業に係る契約締結権限を有する使用人をおくもの と定められています。 不動産業を開業するには、十分な準備が大切となってきます。 また、不動産業を開業するには、営業保証金をはじめとした開業資金が必要となってきます。 これから開業される方は、是非当協会へご入会ください。全力でバックアップいたします!. 当協会では、60年間培ってきた実績とネットワークを活かし、会員である不動産経営者を全面でバックアップします。, といった4つがあります。 元手となる資金や事務所の手配、”宅地建物取引業免許”の取得義務、さらにはその免許を取得するのにも条件が付いてきます。それに加え、たとえ開業できたとしても長く経営していくには、業界の最新情報を集めるネットワークや営業ノウハウを常に収集し、実践していくことも重要です。