0000176182 00000 n 経営理念、経営方針、ビジョン、経営目標、経営戦略、コンセプト、行動指針の違いについて ビジネスにおいては、使い分けに戸惑う言葉がいくつかあります。とりわけ「経営理念」「経営方針」「経営目標」などといった言葉は、それぞれど… 0000192617 00000 n 結論:外部から取り入れる「指針」、自分で決める「方針」 「指針」をもっと詳しく 「指針」と「指標」 「指針」の使い方の例 「指針」の英語訳 「方針」をもっと詳しく 「目的」があり、「方針」が決まり、「目標」 0000009895 00000 n 0000010489 00000 n このことを管理職自らが明確にし、部下と共有化を図らなければ方針管理も日常管理も機能させることができません。, ※ミドルの管理職にとっては、全社的視点での経営管理活動を部門の管理活動にブレークダウンする必要がある. 0000003165 00000 n 0000009733 00000 n 0000004838 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000004813 00000 n 0000175926 00000 n 0000187597 00000 n 0000004091 00000 n 0000187529 00000 n 0000010644 00000 n 0000175359 00000 n ��x/�fK0�p���}� ���%�&jϭ'���z-��whU�r��qc)M�'�@tq�@`Q!� 0000193083 00000 n 「戦略・戦術・作戦・目標・目的」の違い. 0000016249 00000 n 0000016095 00000 n endstream endobj 64 0 obj <>stream 0000192904 00000 n 0000006385 00000 n 0000186672 00000 n 0000015194 00000 n xref 0000187177 00000 n 0000009140 00000 n 49 0 obj <> endobj endstream endobj 50 0 obj <>>> endobj 51 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/XObject<>>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 362.835 532.913]/Type/Page>> endobj 52 0 obj <> endobj 53 0 obj <> endobj 54 0 obj <> endobj 55 0 obj <> endobj 56 0 obj <> endobj 57 0 obj <> endobj 58 0 obj <> endobj 59 0 obj <>stream 0000187710 00000 n 0000015799 00000 n 0 startxref 0000010229 00000 n H�\��j�0����l/JM�B`�r��� ��t��1Nz����fH��Kɱ>վ� y��=�m�]�q�E�p�k�U����t�-�7A%$>��}��A�%$t8Nq�Փ.�V�[t;�����|�{��PUథB/Mxmz�d�mjG��4oH��9�|�gb���X����*SZ�ϴ*���;�"�������O���T�M�@� g̹pμ�2��NxǬ�5�6�{�=�A�@\H͂kj�W�Zjj��E�Ykħa�F��fďa?�$ɢ�m���Bs�G��-Fj�2ܥ�����c�a@*�ԯ ��k 0000193056 00000 n 0000002752 00000 n �C��'L.�8$�023p5p\ 2�@R.JM},6;0m`X��r�A ��0�G1� �l`p*fPSaHbPp �)�,"�,�b�0TE.0� z��A-A�00.a g%g 6``nь@� � ���� 0000174383 00000 n H�\��j�0��~ 0000003633 00000 n endstream endobj 62 0 obj [91 0 R] endobj 63 0 obj <>stream 0000005136 00000 n HOME » 人財育成資料室 » 管理職実践講座 » 4.管理職の方針管理と日常管理, ミドルの管理職が役割責任を果たす基軸に「トップ方針や上位方針に基づき、自己方針を下位に打ち出し、打ち出した方針に沿って活動が成されているかを定期的にチェックし、修正していく」ことがあります。これが方針管理です。, この方針管理を考える際に悩みが発生します。それが、日常的に行っている管理と重複するケースがあるということです。「これは方針管理?日常管理?」という悩みです。, 基本的には、「方針管理」とは、「経営ビジョンや経営戦略に基づき、環境変化に対応しながら企業の使命を果たすためにトップ方針を各部署に展開し、会社や部署が直面している重要課題を解決すべく、全社一丸となって取り組む経営管理活動」と定義づけできます。, 「日常管理」とは、「各部署がそれぞれの部署の使命を果たすために行う日常的な業務を、効率的かつ効果的に実施する管理活動」のことと定義づけできます。, ●は共通管理項目になります。つまり、日常管理の対象項目ですが、当該年度の方針として取り上げられた項目に該当するため、方針管理の対象項目にもなっています。 0000174099 00000 n それぞれの違いを説明する前に、まずはビジネスにおける「目的・目標・戦略・作戦・戦術」の関係性からお伝えします。下記の図をご覧ください。 これらは「目的」を頂点としたピラミッド構造になっています。 0000001496 00000 n 0000004505 00000 n H�lVY�7~�_���5U*���H$x�Lf�q/�7���RK�m3�:����ց�����OO/�O?���z���|����� ���;����Q�����Q�P ���K�0j� ��s� `���W�ܺOlィFQ �D�e}5���܍��2A��N�}&۪����W�&m�X{� C"X�J#L��������&2H��{'+��� �)0 0000006547 00000 n ■は方針からの管理項目です。, このように管理項目を区分けしてみると、3つに分けることができます。 0000175643 00000 n �W}��,���.�%��R҉�x� xe�"j6�&. 0000003746 00000 n 0000176019 00000 n 0000004480 00000 n 0000002214 00000 n © Copyright 2020 社会人の教科書 All Rights Reserved. <]/Prev 231368>> 0000006246 00000 n }��E�s��҈ʜ�0W�F!��N�����L}}��]�ͽ�o�|���,y�J�-B |�)�BmK�0 �;o� 0000009758 00000 n HOME>ビジネス知識>経営理念、経営方針、ビジョン、経営目標、経営戦略、コンセプト、行動指針の違い, ビジネスにおいては、使い分けに戸惑う言葉がいくつかあります。とりわけ「経営理念」「経営方針」「経営目標」などといった言葉は、それぞれどう違うのかよく分からないという人も多いでしょう。, しかし、分からないままあいまいに使っていては、いつか問題に直面するかもしれません。 社会人として働いていからには、これらの意味の違いをしっかり把握しておきたいところです。, そこで今回は、「経営理念」「経営方針」「ビジョン」「経営目標」「経営戦略」「コンセプト「行動指針」という7つの言葉について、それぞれの意味を詳しく解説していきます。, 経営理念とは、その企業が活動するにあたって必要となる、最も根本の考え方を表したものです。「クレド」、「フィロソフィ」などと呼ばれることもあります。, 創業者または経営のトップである社長などによって示され、企業の基本となる価値観や信条、目指すべき理想などが記されています。これらはその企業の存在意義に関わる重要なもので、多くの会社がそれぞれの理念を掲げて活動しています。, 企業活動は単なる営利目的にとどまらず、社会的な意義も大きくなっています。そのため、しっかりした経営理念を掲げてそれを社員に浸透させることは、社会に対する責任の上でも重要です。 またこうした理念をはっきり打ち出すことで、企業の信頼感やイメージをアピールできるなどのメリットもあります。, 経営理念が企業の根本を表す考えだとすると、経営方針はその考えを実現するための、具体的な方策という位置づけになります。 つまり、経営理念が大きな理想や抽象的な概念を掲げがちなのに対し、経営方針はより具体的な内容を定めたものと言った違いがあります。, 例えば建設業であれば、「安全や衛生を徹底させる」「環境に配慮した活動を心がける」などといったことが、方針としてよく定められます。 また、サービス業であれば「お客様の満足度を最優先に考える」などが、金融機関では「信用第一」といったものなどが考えられます。 さらに社内に関する経営方針もあり、労使間の信頼関係や社員間のチームワークを呼びかけているところも多くあります。, ピラミッド図で表すと、位置づけとしては経営理念のすぐ下にあたり、根本となる理念の実現にあたって、どのような具体像を描くかを定めたものになります。, 例えば家電メーカーであれば、「電化製品の販売によって、顧客の生活の質の向上に貢献する」という理念が掲げられているのに対し、経営ビジョンでは、「顧客の活動の場となるあらゆる状況に応じた商品を提供することで、一人一人の生活をよりよいものにする」といった、より具体的な青写真が描かれます。, 経営ビジョンは一つではなく、経営理念に応じていくつも描くことができます。また、時代や状況に応じて変化していくものでもあり、その都度見直しの必要もあります。 それだけでなく、経営ビジョンが経営理念にフィードバックされることもあり、両者は相互に影響しあう関係にあります。, 経営目標は、同じくピラミッド図で言うと経営ビジョンの下にあたります。 経営ビジョンが経営理念実現のための青写真だとすると、経営目標はさらにそれを具体化するための、里程標(マイルストーン)だと言えます。, 数年後などの近い未来、自社がどういった姿になっていたいかを表したのが、経営目標です。そのため、経営ビジョンがやや抽象的な表現を残すのに対し、経営目標は数字や期限などより具体的、客観的な指標が求められると言った違いがあります。, 例えば、「5年後に県内の店舗を倍増させる」「3年後にコストを5%削減させる」などといったことが、経営目標の例として挙げられます。各社員はこれらの目標実現に向け、具体的な仕事に取り組んでいくことになります。, 上で設定した経営目標に対し、その実現に向けた方法を表したのが、経営戦略です。 経営目標はあくまで近い将来のゴールですが、経営戦略はそこへ至るための、具体的な方策をまとめたものになります。, 例えば「5年で店舗を倍増させる」という目標に対し、経営戦略では必要な人員やコストの計算、どの地域に進出するかやサービス内容の見直しに至るまで、さまざまな方策を立てていきます。ゴールに到達するために何が必要なのか、詳細な分析を元に、こまかく煮詰める作業が求められます。, 目標が大きいほど、より詳細な戦略が必要になります。企業の規模が大きくなると、経営戦略(全体戦略)と事業戦略(個別戦略)に分けて取り扱うところもありますが、この場合は両者のバランスのとり方も重要になります。, 経営におけるコンセプトという概念は、その企業の特質を短く分かりやすい言葉で表したものになります。, 例えば、他人に対して自社の特徴を説明しようとした時、経営理念をそのまま述べても簡単には理解してもらえないでしょう。そうした時に、自社に対する知識がまったくない人にも、「こういう会社です」と分かりやすく簡潔に説明できるものがコンセプトになります。, コンセプトは経営理念が基本となりますが、より具体的にイメージしやすい言葉が求められます。 例えば飲食店であれば、どういう顧客に対しどんな素材や調理法を用いた食事を提供しているのか、明確に理解できることが必須です。, ビジネスにおける行動指針の意味は、それぞれの企業によって違ってきますが、大まかに言うと、その企業の社員全員が持つべき行動の規範にあたります。, 企業は複数の人間からなる組織ですから、考え方や信条は個人によって違います。 しかし、社員ごとにバラバラの考えでは、企業活動を行う上で支障が生じてしまうでしょう。そのために、ある程度統一された行動指針が必要になるわけです。, 行動指針は細かく規範を定めたものから、より抽象的なものまでさまざまです。場合によっては具体的な行動例が示されないこともありますが、概して経営理念に基づいた行動を促す原則ということができます。, 「社会人の教科書」は社会人のためのビジネス情報マガジンです。ビジネスマンやビジネスウーマン向けに働く上で欠かすことができない情報・ノウハウや仕事上で役立つツールなどをまとめてお届け致します。.