0000183967 00000 n 減価償却費は通常は月割りで計算します (もちろん問題文の指示が月割りでない場合は問題文の指示が優先です)。この場合の減価償却費は、「年間の減価償却費÷12×使用した月数」で求めることができま … 0000006517 00000 n 0000007458 00000 n 0000006652 00000 n 0000131944 00000 n 0000010873 00000 n 0000009752 00000 n 0000006425 00000 n 0000132598 00000 n 0000181746 00000 n 200%定率法では、これを2倍にするので、「0.4」が償却率になります。 毎年、未償却残高の40%ずつ減価償却していくわけです。 このやり方だと、本来の定率法(旧定率法)の36.9%の償却率で減価償却した場合と似たスケジュールになっています。 耐用年数6年の定額法の償却率 ⇒ 0.167 trailer <]>> startxref 0 %%EOF 624 0 obj <>stream 0000182466 00000 n 0000001801 00000 n 0000182058 00000 n 0000001615 00000 n 1年目から4年目までは100万円が減価償却費になり、減価償却の最終年度である5年目は、残存価額を1円として計算するので、999,999円が減価償却費になります。 定率法による減価償却費の計算. 0000009041 00000 n 0000001303 00000 n ��f��~��T��\��Ғ���m�:�$�[�T0�Qߜ!���i���ӌ. 定率法には、取得当初に多額の減価償却費を計上する反面、年を経るごとに減価償却費が逓減していくという特徴があります。 具体的な計算方法については、 「第5回 定額法および定率法(数値例)」図5-3、5-4、5-5 をご参照ください。 0000010347 00000 n 0000002230 00000 n 0000183400 00000 n 0000007945 00000 n 0000132242 00000 n 減価償却の要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, なお、このページに掲載している要点が分からないときには、テキストに戻って復習してください。, 次の( )の中に入るのは何ですか?なお、覚えているかどうかは、上記の要点整理でご確認ください。, 伝票会計の要点をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 消耗品の要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 債権債務の要点(期中取引)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している債権債務の要点を覚えてから問題を解いてください。, 売上原価の要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 帳簿の締め切りの要点をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 貸倒引当金の要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 費用収益の繰延べ・見越しの要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 帳簿の要点をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 手形の要点をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している手形の要点を覚えてから問題を解いてください。, 現金過不足の要点(決算整理)をまとめました。日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。, 決算において、当期首に購入し、使用した備品(取得原価50万円、残存価額が取得原価の10%、耐用年数5年)について、減価償却を行う。, 決算において、当期首に購入し、使用した備品(取得原価50万円、残存価額0円、耐用年数5年)について、減価償却を行う。. %PDF-1.6 %���� 0000001036 00000 n 0000002308 00000 n 0000181980 00000 n 0000183265 00000 n 0000006471 00000 n 0000003649 00000 n 定率法とは、毎年一定率を減価償却していく方法です。 こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では減価償却費の計算方法について解説します。, 減価償却の例では、使い終わった後の価値は0円だと仮定しました。しかし、簿記検定試験では使い終わった後の価値が設定されていることが多いです。この使い終わった後の価値のことを残存価額と言います。, 簿記検定では残存価額は取得価額の10%と設定されることがほとんどです。なぜ10%なのかという点について簿記の理論的な裏付けはありません。税法でそう決まっている(決まっていた)からです。, 残存価額がある場合は、その固定資産を使い終わったときに残存価額が残るように減価償却しなければなりません。そのためには取得価額から残存価額を引いた金額を耐用年数で割るようにします。, ここは式を暗記しようとするのではなく、次の形で、式の意味をきちんと理解しておくことが重要です。, ちなみに、残存価額が取得原価の10%の場合、「取得原価-残存価額」=「取得原価-(取得原価×10%)」=「取得原価×90%」となるので、「取得原価×90%÷耐用年数=年間の減価償却費」となります。, 残存価額が取得原価の10%の場合はこちらの方が計算が楽です。こちらのやり方も身につけておきましょう。, 試験中にこのような図を描くと時間がかかります。そこで、右のように数直線で考えることをお勧めします。, これまでの例は1年間ずっと固定資産を使用している前提でした。しかし、実際には会計期間の途中で固定資産を取得することもあります。その場合、減価償却はどのように行うのでしょうか。, 減価償却費は通常は月割りで計算します(もちろん問題文の指示が月割りでない場合は問題文の指示が優先です)。この場合の減価償却費は、「年間の減価償却費÷12×使用した月数」で求めることができます。, このような形で考えることになります。式を暗記しようとするのではなく、式の意味をきちんと理解して自力でこの式を立てられるようにするという意識を持つことが重要です。, 年間の減価要却費は「(取得原価-残存価額)÷耐用年数」で計算します。ということは、この式を使って年間の減価償却費を求めるためには、次の3つが分かっていなければいけないということです。, 取得原価500,000円の備品を定額法(耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)で減価償却費を計算してみましょう。この備品は前期以前に取得したものとします。, 10年間で500,000円の備品が50,000円になるので、10年間で(500,000-50,000=)450,000円を償却するということになります。(450,000円÷10年=)45,000円が年間の減価償却費になります。, 公式を使うと、「(500,000円-500,000円×10%)÷10年=45,000円」です。「500,000円×90%÷10年=45,000円」と計算しても構いません。答えは45,000円となります。, 取得原価500,000円の備品を定額法(耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%、月割り)で減価償却費を計算してみましょう。ただし、今回はこの備品を9月13日(会計期間:1月1日~12月31日)に取得し、使用しているものとします。, 10年間で500,000円の備品が50,000円になるなので、10年間で(500,000-50,000=)450,000円を償却するということになります。(450,000円÷10年=)45,000円が年間の減価償却費になります。, 公式を使うと、「(500,000円-500,000円×10%)÷10年=45,000円」となります。「500,000円×90%÷10年=45,000円」と計算しても構いません。, 今回は会計期間の途中で固定資産を取得しているので、1年分の減価償却費を計上するわけにはいきません。9月13日から12月31日までの分の減価償却費を計上しなければいけないのです。, 減価償却費を月割りで計算する場合、1ヶ月未満の月は1ヶ月に繰り上げます。9月を含んで、9月~12月までなので、4ヶ月分となります。, 1年分の減価償却費45,000円を12で割ることで1ヶ月分の減価償却費を求めることができます。計算すると3,750円となります。これの4か月分なので3,750円×4ヶ月=15,000円となります。答えは15,000円となります。, 簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 【簿記革命】サイト運営者及び制作責任者。2012年6月に【簿記革命】の運営を開始して以来、数百人の日商簿記合格者を世に送り出させてもらっています。, 簿記1級の合格を目指して簿記の勉強をしているひとのための勉強法を解説した当社運営のウェブサイトです。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では簿記2級の範囲に関する減価償却について解説します。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。有形固定資産の売却については簿記3級で学習済みです。簿記2級では帳簿価額を求めるために減価償却累計額をさかのぼって自分で計算しなければならない問題がよく出題されます。この記事では有形固定資産の売却の取引と仕訳について解説します。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では有形固定資産の除却の取引と仕訳について解説します。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では固定資産の売却時の取引と仕訳について解説します。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では固定資産の購入時の取引と仕訳について解説します。, こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では有形固定資産について解説します。, 簿記と会社経営がライフワークです。2011年1月にアメブロで「暗記不要の簿記独学講座」を始めました。読者様からの要望がきっかけで、2012年6月に通信講座【簿記革命】を開始し、現在までに数百人の日商簿記検定の合格者を世に送り出させていただいています。現在も簿記で社会に貢献するため、日々精進しています。. 0000014070 00000 n 0000006787 00000 n ご返信ありがとうございます。真実性の原則は簿記を貫く大原則ですので多少の影響はあると思いますが、貸倒引当金を論ずるときに真実性の原則が話題になることはあまりないように思います。 こちらこそありがとう... なるほど、質問を繰り返し回答をもらっていくうちにある程度は理解できるようになりました。 これは収益費用原則だけでなく、真実性の原則の影響もあるのでしょうか? 今まで、こういう取引があるから覚えとけ... コメントありがとうございます。「売掛金(総額)は減っていないけれど全額は回収できなさそうだから回収できることが見込まれる売掛金(純額)を表示する」というイメージです。回収できないと予想される分が貸倒引... 平野さんの指摘の通り、前期末で売掛金が間接的に減少するものだと思っていました。 貸借対照表で 売掛金       △貸倒引当金               と表示しているので、実際には減っていな... コメントありがとうございます。 >前期では予想の貸倒引当金だけ計上しており、間接的には削除しているが仕訳はしていない。→当期では予想通り実際に貸し倒れたので貸倒引当金を崩し、実際に資産を減らす仕訳を... 式を暗記しようとするのではなく、式の意味をきちんと理解して自力でこの式を立てられるようにするという意識を持つことが重要, 会計期間の途中で固定資産を取得しているので、1年分の減価償却費を計上するわけにはいきません. 0000001441 00000 n 0000183478 00000 n 減価償却の要点(決算整理)をまとめました。 日商簿記3級合格のために、このページに掲載している要点を覚えてから問題を解いてください。 日商簿記2級・3級合格に欠かせない教材を提供していきますので、ご利用ください。 0000011377 00000 n 0000008456 00000 n 0000010310 00000 n 0000181448 00000 n 0000010392 00000 n 588 0 obj <> endobj xref 588 37 0000000016 00000 n 2 減価償却の計算例 (1) 定額法を選定した場合 【設 例】 取得年月:平成19年7月 取得価額:100万円 耐用年数:6年 .