Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. 『白ゆき姫殺人事件』(しらゆきひめさつじんじけん)は、湊かなえによる日本の小説。『小説すばる』(集英社)にて2011年5月号から2012年1月号まで連載され、2012年7月に発売された。 また、湊かなえ初の電子書籍として2013年 8月23日よりeBookJapan、BookLiveで配信されている 。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. Amazonで湊 かなえの白ゆき姫殺人事件。アマゾンならポイント還元本が多数。湊 かなえ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また白ゆき姫殺人事件もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 白ゆき姫殺人事件(2014)の映画情報。評価レビュー 3430件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:井上真央 他。『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人olの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。 All Rights Reserved. 白ゆき姫殺人事件を読んだ読書感想 インターネットやテレビの影響がこれほどまでに強くなっているのか、ということを実感しました。 そもそもは注目されていない事件でしたが、赤星がネットで公表したことによって多くの人間がそれを目にして興味を持つようになりました。 恵庭OL殺人事件(えにわオーエルさつじんじけん)は、2000年3月に北海道恵庭市で発生した殺人事件。, 2000年3月17日午前8時頃、恵庭市の人気のない農道の路上に焼死体があるのを幼稚園バスの運転手が発見した。遺体はタオルのようなもので目隠しされ、後ろ手に縛られており完全に炭化していた。死因は頚部圧迫による窒息死で、絞殺後に灯油をかけられたものと見られた(確定判決では、犯行時刻は3月16日の午後9時半から11時5分頃とされている[1])。, この焼死体は苫小牧市在住で千歳市に勤務する女性従業員(当時24歳)の遺体と判明。女性従業員は3月16日に同僚と退社して午後8時半頃に自宅に電話した後は行方不明となっていた。女性従業員の家族によって3月17日午後1時頃に捜索願が出され、同日午後3時頃に勤務先2階の女子更衣室ロッカーから女性従業員の携帯電話が見つかっていた。, 被告人側は事件発生時に購入した灯油については「社宅の片付けのための暖房用」と主張した。また、「女による単独犯は不可能」「真犯人は男性による強姦目的の複数犯」として冤罪を主張している。, 2003年3月、札幌地裁判決では状況証拠から被告人による殺害を認定し、懲役16年を言い渡した。被告人側は直ちに控訴した。, 2005年9月29日、札幌高裁判決は、性犯罪の可能性を否定し、一審同様に状況証拠から被告人の犯行と認定、控訴を棄却した。被告人側は、最高裁に上告した。, 2006年9月25日、最高裁は上告を棄却した。同年9月29日、被告人は最高裁に異議申し立てを行ったが、10月12日に棄却され、一審の懲役16年が確定した。Xは刑務所にて服役後、2018年に刑期満了。, Xは2012年10月に札幌地裁に再審請求を行い、新証拠として弁護側は豚を焼いた実験を元にした「灯油10リットルでは内臓まで炭化しない」とした弘前大学大学院教授・伊藤昭彦による鑑定結果を提出し、「炎を目撃した住民の供述から、遺体に着火された時刻は午後11時15分頃で、犯人は早くても事件当日の午後11時42分までは現場にいたが、被告人は午後11時半の時点で現場から15km離れたガソリンスタンドの防犯カメラに映っており、アリバイがある」と主張したが[1][2][3][4]、「遺体が炭化するほど燃焼するのは不可能とは言えない」などとされ、2014年4月21日に請求は棄却された[5]。, 伊東秀子(本事件の主任弁護人)や瀬木比呂志は本事件について、検察のずさんな捜査と裁判官の強引な解釈による冤罪であるとみなしている。, 雑誌『新潮45』2002年2月号(1月18日発売)が「恵庭美人OL社内恋愛殺人事件」とのタイトルで、本事件に関する記事を掲載。同記事はほぼ同じ内容で『殺ったのはおまえだ-修羅となりし者たち、宿命の9事件』(新潮文庫、2002年11月1日発売)に収録された。これらついて、Xが発行元の新潮社、『新潮45』編集長の中瀬ゆかり、記事を執筆したノンフィクションライターの上條昌史を相手取って東京地方裁判所に訴えを提起した。, について、Xが犯人であるとの事実を摘示するものであり、名誉毀損に当たると主張。上記書籍の販売の差し止めおよび回収、謝罪広告の掲載ならびに1100万円の損害賠償の支払いを求めた。, 2007年1月23日の東京地裁判決(高野伸裁判長)は、上記1事件については最高裁で有罪判決が確定していることからXが犯人であるとし、新潮社側の不法行為を認めなかった。一方、上記2事件については、記事の内容はXを犯人と指摘するものであり、かつ、そう指摘できるだけの十分な取材がなされているとはいえないとして、不法行為を認めた。そのうえで、損害賠償として220万円の支払いと、記事の問題箇所を取り除かないままでの書籍の販売等の差し止めを命じた[14]。, 一審判決に対し、新潮社側は「殺人犯の主張を一部とはいえ認めるもので、編集部としては到底承服しがたく、即刻控訴の手続きをとった[15]」。, 同年10月18日、控訴審である東京高等裁判所(吉戒修一裁判長)は、一審同様名誉毀損を認めたが、販売の差し止めは認めず、賠償額も110万円に減額した判決を言い渡した[16]。, なおこの記事の取材過程において、上條が「警察の捜査は予断に満ちたものであり、冤罪の可能性も含めて検証したい」と恵庭事件冤罪支援会に取材を申し込み、支援会の協力を得たうえで現場取材をしている。そのため、取材目的を偽った『騙し取材ではないか?』と指摘されている。, 江川紹子「【再審請求・恵庭OL殺害事件】炎の新目撃証言で「完全なるアリバイ成立」と弁護団」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=恵庭OL殺人事件&oldid=79592692, 被害者がXの恋人と交際を始めた後から被害者への度重なる無言電話の受信記録があったが、事件直後に無言電話にまつわる受信記録が無くなったのは事件直前にXの恋人が被害者と交際を始めたのを妬んだXによる可能性が高いこと, 死亡後も生存偽装工作目的で勤務先と恋人に宛てて発信されていた被害者の携帯電話の電波発信記録がXの足取りにほぼ一致する一方で他の従業員の足取りでは該当者がいないこと, 死亡後も生存偽装工作目的に勤務先を除けば特定個人としては唯一被害者の恋人に宛てて発信されていることについて、恋人の電話番号は被害者の携帯電話の着信履歴には残っておらず、被害者の携帯電話のメモリダイヤルには恋人の自宅及び携帯電話を含めて計45件の, 死亡後も発信されていた被害者の携帯電話が部外者の入りにくい会社2階女子更衣室内のネームプレートがない被害者のロッカーに戻されたのは会社の女性従業員である可能性が高いこと, Xが事件当日にタンク入り灯油10リットル分を購入して事件後に再び灯油を購入していること, 再び灯油を購入した理由に関するXの証言が父親や同僚の証言と食い違うとその都度証言が変遷したこと, 被害者のロッカーの鍵がXの車内から発見されたのであれば、それが検察に押収されると同時にXに対して押収品目録書が交付されるはずであるが、Xは受領した記憶がない。後日Xの自宅が家宅捜索された時にXのバッグの中に目録書があったが、伊東は検察が偽装工作をして、押収書も家宅捜索の時に検察が忍ばせたのではないか、と見立てている, Xの車の傷については、死体の発見場所と道路の位置関係から炎の熱によるものではありえない, Xは短指症で右手の握力が極端に弱く、被害者の殺害、遺体焼却の過程で自車、遺体周辺に跡を残さないことは不可能である, 犯行時刻は逮捕状では11時15分、Xがガソリンスタンドに立ち寄った時刻はビデオテープから11時30分であったにもかかわらず、起訴状では前者は11時、後者はレシートから11時36分とされていた。実証実験では、現場からガソリンスタンドまで15分で移動するためには、街路灯もない凍結した夜道を時速100kmで走らねばならない, 11時20分頃、現場で2台の車が止まっていた目撃証言がある。その時車越しに赤い光(炎)が見えたというが、第一審判決では「(無関係な第三者が)不審火をゴミ焼きと誤認して、単に傍観していたと思われる」と推認した, 被害者遺体を扱った納棺業者は、弁護人への供述で「灯油を何回もかけて時間をかけてじっくり焼いた」可能性がある(10リットルの灯油で火をつけ、直ちにガソリンスタンドへ車を飛ばしたとは思われない)と語った. 私は現役高校生で、湊かなえさんのファンです。SNSをよく使う若者に是非見て欲しい作品です。1人が発した情報が、ネットの海... 最後の犯人のオチは弱いけど、この作品の主張はそこじゃない。湊かなえのSNSやワイドショーへの批判だろう。結局、SNSなん... 人気作家・湊かなえの同名小説に、中村義洋監督が挑戦した『白ゆき姫殺人事件』。事件の容疑者・城野美姫役の井上真央、謎めいた死を遂げる“白ゆき姫”こと三木典子役の菜々緒が飾らない女子トークを展開した。, 「Yahoo!映画」はYahoo! 2000年3月17日午前8時頃、恵庭市の人気のない農道の路上に焼死体があるのを幼稚園バスの運転手が発見した。 遺体はタオルのようなもので目隠しされ、後ろ手に縛られており完全に炭 … 湊かなえの「白ゆき姫殺人事件」が文庫化され、大々的に売り出されていると思えば、井上真央主演で映画化されたらしい。 読みたくてたまらないがさすがに今読む時間はないので、あらすじを調べたら、これはどう考えても元ネタが「恵庭OL殺人事件」。 しぐれ谷でOLの三木典子(25)が全身を十か所以上刃物で刺され、かつ灯油をかけて火をつけられた遺体が発見されます。 彼女は『白ゆき』という洗顔石けんが大ヒットした『日の出化粧品』という会社に勤めていて、 その美貌と白ゆき姫をかけて、巷ではこの事件は『白ゆき姫殺人事件』とも呼ばれています。 典子の死亡推定時刻は金曜の夜中と推定され、その夜は会社の飲み会があって彼女は一次会で帰っていることから、その後に殺害されたと見て調査が進みます。 そこで容疑者として挙がったのが … 長野県諏訪市にある、木々や小川の綺麗なしぐれ谷国定公園内で、「日の出化粧品」の会社員・三木典子(24歳)が、全身を10ヵ所以上刺された後、灯油をかけて燃やされる殺人事件が発生しました。 ワイドショーの契約ディレクターの赤星は、普段はグルメ情報などの番組を手がけています。プライベートでも、ツイッターで訪れたラーメン店の評価をして流すほどです。ハンドル名は「RED-STAR(赤星)」でした。 ある日、同じ大学の卒業生の里沙子から電話がかかってきます。そう親しくない相手なの … 『白ゆき姫殺人事件』(しらゆきひめさつじんじけん)は、湊かなえによる日本の小説。『小説すばる』(集英社)にて2011年5月号から2012年1月号まで連載され、2012年7月に発売された。また、湊かなえ初の電子書籍として2013年8月23日よりeBookJapan、BookLiveで配信されている[1]。また、メディアミックスにより映画化・漫画化されている。, インターネット上の炎上や報道被害をテーマとしており、美人OL殺害の容疑者となった女性の人物像が、架空のSNS「マンマロー」上で噂によって魔女のように語られ形作られてゆくサスペンスである。, 第一章から第四章は事件を追うフリーライター「赤星雄治」目線の取材内容が描かれ、第五章は容疑者「城野美姫」によって語られる顛末の真相が描かれている。巻末には「関連資料」という形で登場人物によるSNSの書き込みや週刊誌の事件報道が収録されている[2]。電子書籍版では各章末のリンクをタップ操作することで関連資料が表示される形式になっており、電子書籍で読むのに向いた内容とも評価されている[2]。, オリコンの「2014年 年間本ランキング」の文庫部門で、本作が第2位にランクイン[3]。, 長野県のしぐれ谷国定公園内で、化粧品会社のOL・三木典子が滅多刺しにされ燃やされた遺体となって発見される。テレビワイドショー『カベミミッ!』の制作を請け負う契約ディレクターの赤星雄治は、知人の狩野里沙子から三木殺害に関する情報を知らされると、その内容をツイートし始めTwitter上で注目される。赤星は狩野から三木に恨みがあるとされ、事件の日から失踪している同僚・城野美姫の存在を知る。評判の美人だった三木の事件は、いつしか勤務する会社の目玉商品になぞらえて「白ゆき姫殺人事件」とネット上で呼ばれるようになる。, 赤星がワイドショーに取り上げるべく周辺に取材すると、地味で目立たない城野は上司の篠山聡史と交際していたが三木に彼を奪われていて、また同期として何かと比較される存在とされていた。赤星は城野を犯人と断定して取材を進め、周辺社員たちの城野への疑いや、篠山が城野からの手作り弁当を受け取るも迷惑がっていたことなどのツイートを続けてゆく。, やがて匿名の何者かが城野の実名や学歴までもネット上で暴露する中、赤星は彼女の故郷で取材する。知人たちは子供の頃城野が放火騒ぎを起こしたことや、呪いの力を持っているという噂を話し、城野の両親も娘を犯人と考えカメラの前で謝罪する。だが、小学校時代の親友で引きこもりの谷村夕子は、『赤毛のアン』の世界に浸っていた二人の少女時代、夕子をいじめる級友を改心させようとしたおまじないで火災を起こしてしまい、以来付き合いを禁じられたことなどを語る。しかし放送された番組の内容は城野を犯人と決め付け魔女のような不気味な女性であると強調するものになる。ついに城野の大学時代を知る友人が番組に抗議文を送り、赤星の行動も上司にばれたためTwitterから遠ざかるが騒ぎは収まらない。, その頃、ビジネスホテルの一室に身を隠し世間の自分への糾弾を茫然と眺める城野は、自分自身について手記にしたためる。少女時代、城野は夕子とともに『赤毛のアン』のように空想にふけっていじめなどの辛さをやり過ごし、何かいいことがあると信じて日々を生きていた。中学生になると初恋相手の少年にアンの恋の相手ギルバートを重ねて空想を楽しむが、その行動はのちに城野が魔女であると誤解される振る舞いと見られる。就職後、三木と出会うが、彼女はそれまでの被害者像とは異なり、他人の服装を真似したり、嫌味な言動をして他の女子社員を傷つける人物だと語られる。そしてある日三木の前で、夕子のことを彼女より美しかったと語ったのをきっかけに城野は三木の攻撃のターゲットにされる。篠山に手作り弁当を渡して喜ばれ、順調に交際するも三木に奪われ、心の支えとしてのめり込んでいった音楽グループ・芹沢ブラザーズのファンであることを知られると、メンバーの雅也との交際をほのめかされるなど、城野は彼女に傷つけられてゆく。そして東京でのコンサートチケットを譲る約束を反故にされた城野に狩野が近づき、会社の飲み会で三木に薬を盛って眠らせ、チケットを奪ってコンサートに行く計画を入れ知恵する。事件当日、城野は打合せ通り眠らせた三木を車に乗せ、コインパーキングに放置し東京へ出かける。だがファンに取り囲まれる雅也に手を触れた直後、彼は階段から転落し、混乱した城野はホテルへ逃げ込む。大ケガをさせた犯人と自分が疑われているのではないかという不安、そしてネット上の糾弾を目にした城野は、罪悪感にさいなまれ自殺を図ろうとする。, だがその直前、ニュースは三木殺害の犯人として狩野が逮捕されたことを報じる。三木と仕事上パートナー関係だった狩野もまた三木の被害者で、また狩野は騒ぎを起こすことを面白がって職場での盗みなどを重ねていた。それを三木に知られたため、城野をそそのかして計画を進め、車で三木をしぐれ谷に運んで犯行に及んだと狩野は証言する。疑いの晴れた城野は祖母の葬儀のため実家に帰るが、城野を犯人扱いしていた家族や周囲の人々とは気まずい。しかしその夜、部屋で城野が見たものは、昔と変わらず彼女の味方であり続けていた夕子が送るロウソクの明かりを使ったサインだった。二人は夜の闇の中でサインを送り合う。, ワイドショーは事件の結末を報道するも城野への犯人扱いには簡単にお詫びを述べたのみで、糾弾していたTwitterは一転して城野への同情に溢れ、今度は赤星が糾弾され個人情報を晒される。契約を切られ、城野の故郷へ謝罪に訪れた赤星は信号を無視し、やってきた車が危うく轢きかける。心配して運転席から出てきたのは城野だった。憔悴して自分の惨めな境遇を見知らぬ相手に愚痴ってしまう赤星に、城野は「きっと何かいいことがありますよ」と励ます。彼女が付き添いの長谷川に言われても城野だということに気付かないまま、赤星はその場を去り、自身を犯人扱いした元凶と知らない城野もまた運転する車で田舎道を走り去ってゆく。, 映画では、原作の架空のSNSを実在するTwitterに変え、ツイッター・ジャパンの協力のもとに、画面上に多数のツイートが表示されるという演出がなされた。関連するキャンペーンでは、Twitter限定の特別映像が公開されるなどしている[5]。また、小説ではライターだった赤星は映画ではテレビワイドショーの契約ディレクターとなる。無責任な噂・口コミが真実とされてゆくさまを表現するため、物語の展開や表現手法を映画向きに処理したと評価されている[6]。, 公開前の2014年3月10日、3月12日に新規開館するシネマコンプレックス・TOHOシネマズくずはモール(大阪府枚方市)オープン記念のイベントとして、京阪電気鉄道が京阪中之島線・中之島駅よりくずはモール行き(最寄駅は京阪本線樟葉駅)の、本作のヘッドマークを掲げた特別列車を1日限りで運行した。この出発式に監督の中村義洋と主演の井上真央がサプライズ出席し、作品のPRを行った[7]。井上の合図で列車出発後、TOHOシネマズくずはモールでは本作の舞台挨拶が行われた[8]。, タイアップ企画として、様々な有名人の顔真似タレントとして有名なざわちんが出演者の井上真央、綾野剛、金子ノブアキ、貫地谷しほり、菜々緒、蓮佛美沙子の顔真似メイクをしたパロディポスターが製作された[9][10]。, 丸の内ピカデリー1他全国305スクリーンで公開され、2014年3月29、30日の初日2日間で興収1億6361万2000円、動員12万4755人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった(実写映画1位)[11]。, 公開初週の成績では、宣伝量などで優位に立っているとされた東宝配給の『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』をわずかだが上回り、東宝の独壇場とされた公開当時の日本映画界では久々に松竹企画作品がランキングで上に立つ結果を残した[12]。, 2016年4月1日に日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送(解説放送 / 文字多重放送 / データ放送)。, 『ぷら@ほ〜む』で連載。シナリオ担当は銀杏社、作画担当は那葉優花。2014年4月25日に単行本発売。ISBN 978-4-8342-3212-7, http://mantan-web.jp/2013/08/23/20130823dog00m200039000c.html, 湊かなえ初の電子書籍化作品】 謎を解く鍵はSNSにあり? 電子時代のミステリ誕生!, http://www.oricon.co.jp/entertainment/ranking/2014/bookrank1201/index.html, http://www.nishinippon.co.jp/nlp/movie_now/article/79045, TOHOシネマズくずはモールオープン記念京阪電鉄特別企画『白ゆき姫殺人事件』特別列車出発式&舞台挨拶イベントレポート, http://cinema.pia.co.jp/news/163045/56570/, http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/149207, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html, http://www.japan-academy-prize.jp/prizes/38.html, http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=白ゆき姫殺人事件&oldid=79886141, 電子書籍版 - eBookJapan、BookLiveほか、2013年8月23日配信開始, 赤星雄治は取材で得られた情報を、雑誌記事以外にマンマローにアップしていた。城野美姫の個人情報流出の一因ともなり、「白ゆき姫殺人事件」の犯人城野は魔女という流れを作ったが、真犯人が逮捕されると今度は赤星の個人情報が流出し始めた。, 赤星は前谷みのり・谷村夕子と少なくとも2度抗議を受けているが、いずれもそれすら歪めて誇張した記事を作成している。, 前谷も城野擁護のためにマンマローを利用しているが、それが原因で一部の個人情報が流出した。, 三木典子殺害の犯人は狩野里沙子である。狩野は会社の主力商品である「白ゆき石けん」の盗みを繰り返しており、それを三木に気づかれていた。会社に告発されるのではと思っていたときに城野から相談を受け、放置された城野の車で眠る三木を見て犯行に及んだ。, 劇中曲 - 芹沢ブラザーズ「All alone in the world」(キングレコード).