谷川俊太郎 自選詩集『そして』 本社所在地: 神奈川県鎌倉市雪ノ下3-8-33 『 真実一路の旅なれど 真実、鈴ふり、思い出す。』 とても好きな一節でこの作品の世界観をよく表しているが、これは作者山本有三の生き方そのものでもあったのだろう、と拝察される。 もう一つ「真実一路の旅なれど 真実鈴ふり思い出す」という文が頭によぎります。 山本有三の作品や、北原白秋の詩の一節ということですが。 メロディーによって音色はいろいろに変わって聴こえてくるよ … そのときからチェンバロの音ってどんな音がするのかな?金の鈴でなくて銀の鈴なの?, 今でも時々思い出しています。 社名   : 株式会社 銀の鈴社 今回発表する『そして』は、「子どもに読んでもらいたい」という思いから谷川俊太郎が自ら選んだ詩集です。当社より1980年にジュニアポエム双書の一冊として、選詩集『地球へのピクニック』の刊行以降に出版されている谷川俊太郎の詩集から、一冊に一篇ずつセレクトして、『そして』が生まれました。 本シリーズからは、毎回多くの作品が教科書などの掲載詩に選ばれており、1974年以来、全国の小・中学校の図書館や公共図書館などで、長く、広く、読みつがれています。 多方面で活躍する画家 下田昌克による絵が描かれており、絵本のように楽しめる詩集になっています。 「銀の鈴社 電子ブックストア」URL 「真実一路の旅なれど、真実、鈴振り、思い出す」北原白秋の詩の一節である。多情多感な彼にとって、恋はする度にそれが真実になったのだろう。この詩を表題の横に掲げたのが山本有三の「真実一路」である。読書家の母が私に勧めてくれた本の一冊だ。   詩集・児童書の老舗出版社である株式会社 銀の鈴社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:西野真由美)は、1974年より続くジュニアポエムシリーズNo.256として、詩人 谷川俊太郎の自選詩集『そして』を2016年4月21日に刊行することを発表します。本作品は、より多くの人に詩を楽しんでいただくために紙書籍に加えて電子書籍版を「銀の鈴社 電子ブックストア」より同時に配信開始します。  また、もし機会がありましたら、「倍音」と「基音」の違いについて、教えていただければ幸いです。もしかすると、すでに取り扱われたテーマなのかもしれませんが・・・・。, なるほど、「硬い」という表現の持つマイナスのイメージですか。硬いものは何かと人を傷つけますからね。ぶつかれば打撲を負うし、こすれれば擦り傷を負うし、刺されば血が出ます。 代表者名 : 代表取締役 西野真由美   株式会社銀の鈴社 (西野大介) 「真実一路の旅なれど、真実、鈴振り、思い出す」北原白秋の詩の一節である。多情多感な彼にとって、恋はする度にそれが真実になったのだろう。この詩を表題の横に掲げたのが山本有三の「真実一路」である。読書家の母が私に勧めてくれた本の一冊だ。   サイトURL : http://www.ginsuzu.com 谷川俊太郎 自選詩集『そして』 Eメール :info@ginsuzu.com, http://contendo.jp/store/ginsuzu/Product/Detail/Code/J0010148BK0049964001/, 今回発表する『そして』は、「子どもに読んでもらいたい」という思いから谷川俊太郎が自ら選んだ詩集です。当社より1980, 多方面で活躍する画家 下田昌克による絵が描かれており、絵本のように楽しめる詩集になっています。, 「詩集は小説などとは違って、始めからページを追って読むよりも、一篇一篇を気が向くままに読むほうが楽しいと思います。」という谷川俊太郎の思いを紙面に表現し、読み進めるごとに味わい深い詩作品が登場する構成となっています。, 「『そして』は、ジュニアから楽しめる言葉でありながら大人にも味わい深い作品を膨大な候補の中から谷川俊太郎さんご自身にセレクトしていただいた思い入れの深い詩集となりました。様々な刺激の強いメディアの渦にさらされる日常ですが、すっと染みこむ言葉の魅力とパワーを世代を越えた人々に伝えていきたいと思っております。」と銀の鈴社 代表取締役 西野真由美は述べています。, ジュニアポエムシリーズは、子どもにもわかる言葉で真実の世界をうたう個人詩集のシリーズです。, 一人でも多くの子どもや大人に豊かなポエムの世界が届くよう、ジュニアポエムシリーズはこれからも小さな灯をともし続けて参ります。, https://www.facebook.com/ginsuzu.kamakura. 若い頃 とっても好きだった一文 「真実一路の旅なれど 真実鈴ふり思い出す」 何かを書く時 良く書いた 山本有三氏の言葉です。 今の私に・・・鈴の音は聞こえてきません。 追い求める昨今です。 とっても可愛い光景に出会いました。 【展開するコンテンツ】 山本有三の作品や、北原白秋の詩の一節ということですが。, チェンバロの音を金でなく銀に例えるのは、「美しいのだけれども少し控えめ」という感覚かなと思います。これ見よがしに自己主張しない楽器だと思われているのでしょうか。, 音楽など美しいものへの八百板正己の考えをメルマガでお伝えしています。コンサートの割引や楽譜の無料配布、会員限定イベントなどの特典もご用意いたします。. http://contendo.jp/store/ginsuzu/ 膨大な作品の中から厳選された29篇。「初めて読んでひと目ぼれする詩もあるし、何度も読み返しているうちに、じわじわ心にしみてくる詩もあるでしょう。地球上の生物が多様なように、詩も多様です。たとえひとつでも好きな詩に出会えたら、それはもしかするとあなたの運命を変えることにつながるかもしれません。」と谷川俊太郎は述べています。(まえがきより抜粋) ジュニアポエムシリーズNo.256   心を育む詩の世界 ジュニアポエムシリーズ 電話番号 :0467-61-1930 (代表) 「『そして』は、ジュニアから楽しめる言葉でありながら大人にも味わい深い作品を膨大な候補の中から谷川俊太郎さんご自身にセレクトしていただいた思い入れの深い詩集となりました。様々な刺激の強いメディアの渦にさらされる日常ですが、すっと染みこむ言葉の魅力とパワーを世代を越えた人々に伝えていきたいと思っております。」と銀の鈴社 代表取締役 西野真由美は述べています。 ISBN  :978-4-87786-260-2 ・川端康成学会(日本学術会議の登録学術団体)事務局として、学会の機関誌年報を発行。 絵   :下田昌克 心を育む詩の世界。 【著者プロフィール】 ◆ジュニアポエムシリーズとは <銀の鈴社とは> Twitter  : https://twitter.com/ginsuzu0467   そういえば、何百年も前のフォルテピアノと現代のピアノを比べた文章の中で、こんなのを読んだことがあります。「今のピアノは大きくて重くて、うっかりぶつかればこちらが怪我をする。いっぽうでフォルテピアノは軽くて華奢で、うっかりぶつかると楽器のほうが壊れそう。」, 深い楽しいテーマです。。。微妙に変化しつつ決して退屈させない音の連なり、心に伝わる清々しさ、優雅さ、癒し、パワー、絶妙な「間」や「強弱」を伴なって演奏者が音楽を通して伝えてくれる、言葉での表現がとても難しい「すばらしいなにか」、~ 冷たい音といえば、フラメンコギターのひやりと氷水を背中に流されたような音もとても素敵です。考えるほどに面白い音の世界。。。 誰しも生きていれば同じ悩みに直面することがあると思います。人生とはなんなのか?自分はこのままでいいのか?そういう疑問にぶつかってふと歩みを止めて深く悩んだ経験は、これを読んでいる皆さんにもあることでしょう。そういう時には家族や友人、恩師の助言というのは非常にありがたいものです。人の言葉のあたたかさを知るいい機会といえるでしょう。一方で人の言葉に匹敵するほど大きな励みになる本があることも事実です。その代表的存在と言ってもいいのが山本有三の作品です。この「真実一路」は壁にぶつかっている人にとっては暖かい励みになり、ありがたい参考になることでしょう。この作品では、自分の本当の生き方を貫こうとした時に果たしてその先に幸福があるのか?周囲の人間に影響ないのか?真実一路に生きて本当にいいのか?そういうことを考えさせられます。山本有三の作品はこれに限らず、”人生”という壮大で不可解なテーマに取り組んだものが多いので、まさに人生の参考書と言えます。どの作品でも主人公はまっすぐに生きようとするけど、いろんな困難にぶつかって苦労します。それでもくじけずに力強く生きていくというパターンが多いです。よくこんな深いテーマで作品が書けるものだと尊敬してしまいます。世代を選ばず多くの人に読んでもらうことを前提としているかどうかは知りませんが、非常に読みやすいのも特徴です。ちなみにこの「真実一路」という言葉は、北原白秋の詩「巡礼」の中からとられています。以下にその一節をご紹介します。真実、諦め、ただひとり、真実一路の旅をゆく。真実一路の旅なれど、真実、鈴ふり、思い出す。山本有三は最初にこのタイトルを思いついた時に、確か北原白秋の詩に同じ言葉があったことを思い出して、それから北原白秋の許可を得て冒頭部分に「巡礼」の一節を入れる許可を得たそうです。人間、真実一路に生きるのは報われるためではありません。人間としてそうすべきであるからです。つらい道のりとなろうとも、真実一路に生きるべきなのです。この作品から学べることは非常に多いと思います。. メルマガを1通お読みいただくごとにポイント加算します。早く登録するほど貯まってお得です。. 「詩集は小説などとは違って、始めからページを追って読むよりも、一篇一篇を気が向くままに読むほうが楽しいと思います。」という谷川俊太郎の思いを紙面に表現し、読み進めるごとに味わい深い詩作品が登場する構成となっています。 Facebook : https://www.facebook.com/ginsuzu.kamakura   【本件に関するお問い合わせ先】 ・『花や動物、子どもたちがすくすく育つこと』を願い、良質な書籍を刊行。     Copyright © チェンバロ奏者八百板正己の公式サイト All Rights Reserved.   詩人 谷川俊太郎の自選詩集『そして』 銀の鈴社より刊行 もう一つ「真実一路の旅なれど 真実鈴ふり思い出す」という文が頭によぎります。 ・2012年より詩集・児童書専門の電子書店「銀の鈴社 電子ブックストア」を開設。   もう一つ「真実一路の旅なれど 真実鈴ふり思い出す」という文が頭によぎります。 山本有三の作品や、北原白秋の詩の一節ということですが。 メロディーによって音色はいろいろに変わって聴こえてくるよ … 真実、鈴ふり、思ひ出す。 北原白秋『巡礼』 「真実、諦め」の諦めは以前触れた「明らかにする」という意味に使われている。 真実を明らかにするために、一人で巡礼しているわけである。真実の追求を諦めたのなら、つらい巡礼などしなくてもよい。 「真実一路の旅なれど 真実 鈴ふり 思い出す」 中学生のときに覚えました。 すっかり忘れていたけど、あるブログで発見した。 とっても懐かしい思いがした。 あの本(真実一路)、読んだはずだけど?とあらすじを探し、見たら 読んでなかった。 ・2009年に銀座から鎌倉へ移転し、昭和2年(1927年)築の古民家オフィスでギャラリーも併設。文化発信拠点としての出版活動を展開。     リーズ 宝石の美女, お問い合わせ ご意見・感想 リクエスト. 真実、鈴ふり、思い出す。 山本有三は最初にこのタイトルを思いついた時に、確か北原白秋の詩に同じ言葉があったことを思い出して、それから北原白秋の許可を得て冒頭部分に「巡礼」の一節を入れる許可を得たそうです。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc.     <銀の鈴社とは> ・『花や動物、子どもたちがすくすく育つこと』を願い、良質な書籍を刊行。 ・「真実一路の旅なれど真実鈴ふり思い出す」(北原白秋「巡礼」より)をモットーに、読者の心の鈴をチリンと鳴らすような本作りを心掛ける。 解説 「真実一路の旅なれど 真実、鈴ふり、思い出す。」有名なコピーで昭和十年に発表され原作小説は、発表当時から今日に至るまでも新潮文庫のベストセラーにあげられる不朽の名作。 http://www.tanikawashuntaro.com 「出た音はその時点の演奏者そのもの」であるだけに、演奏する側にとっては大変でもあります。練習して技術を磨けばいいという問題では済まないからです。人生には試練が絶えませんが、それは「今ここで人間性を高めて内面を磨きなさい」という導きなのでしょう。, higurasi さんの、”美しい音色のバックにはとてもたくさんのことがあるのですね”に同感しました。”どんな楽器でも出た音はその時点の演奏者そのものと言えるのかもしれません”—私もそう考えます。ここに演奏者の努力、というかトレーニング?がある?(表現が難しいですが)—そういうことを、尊敬する諸先生方から教えて頂いたと思います。・・少しずれてきたかもしれません。またよろしくお願いいたします。, 「チェンバロの音は 銀の鈴の音色」というのをずいぶん前に読んだことがありました。