詐欺メールが届きました。SMSで楽天市場から『購入ありがとうございます。発送状況はこちらにてご確認下さい』 と届きその後にURLが貼られていました。 あれはどうしてですか? ヒア・ウィー・ゴー~あらすじと感想~過去、現在、未来へと繋がる物語, 【映画】マンマ・ミーア!~あらすじと感想~観ると元気になれるかも?大ヒットミュージカル!. 埼スタで行われる代表戦の参加率高し。少し変わった作品の発掘を得意とする。, 1993年生まれ名古屋暮らしが、日々の気になることをあれこれ書いてるブログ「フォレストラバー」です。暇つぶしにどうぞ。このブログについてはコチラ. 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 言葉のお守りを、私はたくさん持っている。みんな、大切な友人たちがくれたものだ。 「悪い意味じゃなく、だらしないの。」 だらしないが褒め言葉になるって初めて知った。でも言われたとき腑に落ちた。彼女ならではの的確な私への評価だと思う。 だらしないが褒め言葉になるって初めて知った。でも言われたとき腑に落ちた。彼女ならではの的確な私への評価だと思う。, 初対面で、「可愛い子だな」と思った。茶髪にミニスカートで、どちらかというと派手目な出で立ち。話してみると、学部が一緒ということもあり学問的な話もかなりできた。私なんか比べ物にならないほどしっかり者で、課題は〆切の一週間前には完成させておかないと気が済まない、そんな子だった。彼女の家に深夜訪れて、自分の過去や将来についてあれこれ深く話をしたことを、すぐに思い出せる。, 彼女は初対面の時、私のことを、多くの人が抱くのと同じように「しっかりした子」だと思ったという。実際彼女がそう思ってくれるような面もないことはないが、あくまでONの時の自分であり、私の大半は面倒くさがりでできている。彼女は、私の大半の部分に早い段階で気が付いて、それを良いところだと思ってくれた。, 「だらしない一面は、あなたの魅力的なギャップになっている。そして、対ひとにすごく真剣なところ、尊敬してる」, 町屋のごはん処で向かい合って、彼女はそう言った。「私なんて」というしみったれた一言をぶったぎって、全肯定の言葉をくれた相手を前に、私は二の句を次げなかった。——「ありがとう。」答えて味噌汁を口に運んだ。, 大学生活の4年間、定期的に会ってきた。慣れない土地で過ごす上で彼女の存在は不可欠だったし、一緒にご飯を作って食べる「自炊会」はとても楽しかった。大学も所属団体も違っていたけれど、彼女の目標に向けて着々と進んでいくところや、人を頼るのがうまくて気遣いもできるところを素敵だなと思っていた。誕生日プレゼントが選べないと言った私に白い大きなお皿が欲しい、とはっきり言ってくれたことを覚えている。私たちは相性が良かったと思う。, 先日、東京に来てから初めて彼女と会うことができた。今でも、彼女の目にはこれからこうなりたい、という姿がしっかりあるのだろうなと感じた。そうなるまでに、きっと今も考えて足を動かし続けている彼女のように、私もなりたいと思う。そしてそんな彼女に良いところがあると思ってもらえている自分のまま、これからも頑張りたいなと思う。, 小学生からの幼馴染の彼女と久々に会った冬の終わり、そう言ってプレゼントをくれた。やわらかい彼女のまとう空気にぴったりな、木の枠のティープレス。最初にふたりで行った紅茶飲み放題のお店のことがふわりと思い出された。, 特別な技術を身に着けるためにまだ暫く私が大学生活を過ごした土地にいる彼女は、何度も悩みながら、そのたび芯を持って、続けることを決めている。彼女の強さと柔らかさは私の理想だ。, noteの下書きを整理していたら2年弱前のこの記事を見かけて、懐かしくなったのでこのまま公開しようと思う。誰にもらった言葉か一瞬で思い出せるし、今でも連絡を取ったり会えているから、あぁやっぱり、有り難い友人たちがたくさんいるなぁと、そんな風に思う日曜の朝です。, 本と美味しいものとイヤリングと腕時計が好き。 いくつか疑問があります。 4.『君の名は。』(250.3億円) 今回は、山口ねね先生の『陽だまりのアスファルト~姐さん、はじめました~4巻』の紹介をしていくよ!, あれはスミレが悪いもん…。ちなみに、「前回を見逃した~><!」って方はこちら!↓↓↓陽だまりのアスファルト~姐さん、はじめました~3巻のあらすじとネタバレを見るまずはあらすじから、どうぞ~!, 薄井 灯【うすい あかり】は両親を亡くし、伯父と名乗る人物に騙され多額の借金を背負わされてしまう。まだ未成年ということもあり風俗には売り飛ばされなかったものの、取り立て屋の息のかかった会計事務所で成年になるまで働く事に。事務所の社員である水野【みずの】の強引な紹介で強制的にキャバクラの面接に向かう途中、悪蛇組に連れ去られ人違いでスミレという若頭の花嫁になってしまい、その日のうちに結婚する事になってしまう。翌日、すぐに帰されると思われていた灯だが、予想外の事態でそのまま極妻生活が続く事に!嫌だと泣いて拒否する灯をなんとか説得したスミレ。極妻生活が始まった灯だが、料理は出来ない掃除も出来ないのダメダメ妻…。それでも頑張って行こうと思う灯に、スミレは心にもない言葉を言い怒らせてしまう。そのご機嫌取りの為に昼間の仕事を許したスミレだが、そのせいで今度は十瀬の我慢が限界に。激しく責められる灯も同じく不満を爆発させ、泣きながら気持ちを吐き出し――。, そうやって、スミレは怒り心頭な灯から細い一本の紐で部屋を2分割にされ、同室別居を言い渡されたのであった――。翌日になっても、灯の静かな怒りは収まっていなかった。彼女の怒りの原因は自分だということは重々承知なので、スミレはなんとか機嫌を直してもらおうと優しく灯に話しかける。しかし、返ってくるのは灯の冷たい返事と、針の様に鋭い視線だけ。いつもは横暴なスミレも、さすがに怒っている灯に強くは出られなかった。何とか慈悲で準備してくれた朝ご飯も一緒に食べる訳はなく、灯はさっさと自室へ戻ってしまい独りで食べるしかない。部屋に一人残されあまりの灯の冷たさにイライラし、ご飯に手を付けず横になってしまうスミレ。, 聞き間違いかと灯はきょとんとした顔でスミレに聞き返した。スミレはぶっきらぼうながらももう一度言う。, スミレの言う「行ってきて良い」とは、もちろん昼間の事務の仕事の事だった。思ってもみなかったスミレからの許可に、先ほどの怒りも忘れて途端に笑顔になる灯。「ありがとう」と今までにないくらい喜ぶ灯に、「用心の護衛は付けるけど」とスミレは照れながらも頷いた。, 十数名のいかにもヤの付く男が、灯の護衛として着いてくると言うのだ。目立つと拒否する灯に、スミレは「もしもの事があったら」と引き下がらない。憂鬱な気分で二週間ぶりの職場へ大勢を引き連れながら出勤した灯に、早速第一の「もしも」な事態が発生した。, カッとヒールの音を鳴らしながら、水野が登場したのだ。大層ご立腹な様子で、灯は弁解の余地もないまま激しいお説教を食らう。, ここぞとばかりに護衛の人達に助けを求める灯だが、彼らはさっと目を逸らして動かない。, 水野は灯を事務所の更衣室まで連れて行き、逃げられないように椅子に縛り付けた。この二週間どこで何をしていたか、どうして仕事に来なかったのかを聞く為だった。絵面はまるで尋問されるスパイ…。灯は洗いざらい今まであった事を水野に白状するが、嘘だと一蹴してしまう。必死に本当だと言う灯だが、”スミレ”という名前を聞いた途端に水野は顔色を変えた。そう、蝶子は正真正銘、水野だったのだ。, しかし、灯は説明に精一杯で水野の表情には気が付かず、その事実に気が付いていない。自分の知らない所でまさかスミレと結婚させられそうになっていたなんてと、スミレを気持ち悪く感じる水野。しかし、それと同時にスミレが手違いであっても2週間も灯を手元に置いていた事に疑問を感じた。そして思いつく。, にまーっと笑う水野に対して、真っ赤になって否定はしない灯。灯はスミレに対して本気で惚れている事が分かり、水野は「好都合!」とある一つの提案をした。, 蝶子という見えない愛人に嫉妬するよりも、身代わりで甘んじるよりも、自分の力で本命の座を奪い取れ!――と。そんなこんなで灯は水野の提案を飲むことにした。まず始まった特訓は、バナナ。歯形を付けずに、長時間、色々な方法で舐め続ける事だった…。, げんなりと気力を削がれなんとか組へ戻った灯は、出迎えてくれたスミレの頬を思わず叩いてしまう。それもこれも全て水野のバナナレッスンのせいなのだが、この事態でついに十瀬が堪忍袋の緒が切れた。, 灯の胸倉を掴み、壁に押し付けてスミレから引きはがす十瀬。灯は呆然としながら謝るが、十瀬はヒートアップしてしまいスミレが仲裁に入っても言葉が止まらない。今まで溜まっていた鬱憤を吐き出す彼の鋭い言葉に、灯はみるみる落ち込み目から涙が溢れてくる。今まで無理矢理連れて来られても勝手に姐さんにさせられたのに。それでも今まで頑張ってこれたのは、スミレが優しくて好きになったからなのに。十瀬から「姐さんなんだから愛人を笑って許せ」なんて言われても、好きな人なんだから頷ける訳がないと。, ぼろぼろと涙を流しながら気持ちを吐露する灯を、スミレは十瀬にきつくお灸を据えてから抱き締めた。, スミレが「夫婦になろう」と言った時、灯が”うん”って言ってくれて嬉しかったと言う。, 灯は「どうせ身代わりなんだから」と突き放そうとするも、スミレは灯を抱き上げ逃げられない様にする。, 自分はスミレの何なのかとか、蝶子はどうしたのかとか、聞きたいことは山ほどあるけれど、灯はスミレを諦める事が出来ない。いつか自分だけを好きになってほしいと、心の中で思うのであった――。, 部屋に戻り、気まずい雰囲気は微かに残りながらも灯はスミレに1つお願いをした。それはズボンと下着を脱ぐ事だった。スミレは灯なりのけじめのつけ方だと思い、言われた通りに脱ぎ去る。すると、灯は恐る恐るスミレに手を伸ばし、水野に言われた通り口で――…。, 前回から大分間が空きましたが、ついに更新されましたね!スミレが灯の事を大事にしている事が分かったり、案の定水野先輩が蝶子だったり…。色々と展開の早い回でした!十瀬の不満爆発で灯のメンタルが心配になりましたが、スミレが無事フォローしてくれて良かったです。最後は水野先輩のバナナレッスンをうまく実践出来て、灯はスミレの事を、スミレは灯の事をより一層好きになったのかなと思います。ネタバレには無いですが、一番最後、スミレが〇〇に会いに行っていましたが、まさかあそこがまだ繋がっていたとは…。次回、灯の身に何か起こりそうな予感です…!, 灯ちゃんが今後、どうやって成長していくか楽しみ…!さて、今日はここまでにしておきましょう!それでは皆さん、次回をお楽しみに~!, 今回は「忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?8巻(act.8)」のあらすじとネタバレをお伝えします! なんとか立派に任務をこなし、無事に里に帰ってきたあやめ。 あやめが里の頭領である正真の奥方になった事を皆が祝福していた。 しかし、その声に嬉しくなる一方…, 鮫島には長年付き合っている彼女が居るという噂を聞いてしまい、清子は鮫島に不信感を抱き、ついには酷い事を言い放ち鮫島を傷付けてしまう。 すぐに勘違いだと気付いた清子は謝ろうとするが、タイミングの悪いことに仲直りする暇も無く、鮫島は清子の実家へ結婚報告をする事となり…!?, 今回は「隣の席の変な先輩3巻」のあらすじとネタバレをお伝えします! 朝日向から愛の告白をされたまゆみは返事に困り、同僚のとも子に相談していた。 まゆみから事情を聞いたとも子はまゆみの性格を把握した上で、ある1つの答えを提案するのだが…, 今回は、「年上の旦那様」の2話のあらすじとネタバレをお伝えします! 2人が心身共に結ばれてから一週間経っても仕事の帰りが遅い賢一郎に、美弥は寂しさを感じていた。 しかし、賢一郎の仕事の帰りが遅かったのには理由があった。 その理由とは…?, 今回は「忍ぶ恋ほど -好きすぎる旦那さまに溺愛されてます?4巻(act.4)」のあらすじとネタバレをお伝えします! 幼い頃に出会った正真とあやめ。 その時は、あやめが大した忍にならない事が分かったので、正真は特にあやめには興味が無かった。 しかし、あることがきっかけで正真はあやめに興味を持ち出すようになる。, 今回は、「お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!