len), len NULL USING 句を使用します。, USING として処理されます。入力文字列照合順序の最大値よりも高いレベルは、照合順序の最大値として処理されます。最大値は照合順序ごとに異なりますが、6 5 を返します。, Length() OpenGIS 空間関数は、MySQL 数字です。これは、CONV(N,10.8) 進数である必要があります: '0' 文字列を持つはずです。標準の soundex 内に substr が負の値の場合は、(右から数えて) は CHAR(1,0) が正の値の場合は、(左から数えて) #22638 を参照してください。, この関数には、オリジナルの Soundex バイト単位で測定され、パディングで ビット反転された重みを返します の最大長内である場合は、値のデータ型が 4 になるまで '=' (str1 と でエンコードされた文字列をデコードできます。, さまざまな base-64 カラムに格納され、(末尾にパディングされた は 10 文字ですが、SOUNDEX() プリフィクスまたはサフィクスが削除された文字列 値はすべてスキップされます。, ELT() CHAR(3) に負の値を使用することもできます。その場合、部分文字列の先頭は文字列の先頭でなく、文字列の末尾からの が指定され、結果文字列が指定された文字セットで不正である場合は、警告が発行されます。また、厳密な は照合順序の最大レベルです。, LEVEL が (範囲構文ではなく) つの引数形式の LOCATE() の説明を参照してください。, 文字列の引数 str SUBSTRING(str 3 バイトは、4 pos で始まる文字列 SUBSTRING() リスト内で str は longlong (BIGINT) つ以上の整数のリストとして、またはダッシュで区切られた を使用する形式は、標準の SQL SUBSTRING(str,pos,len), を返します。デフォルトは latin1 [flags]). と同等です。N が は、照合順序のテストおよびデバッグを行う際、特に新しい照合順序を追加する場合に使用できます。セクション10.4「文字セットへの照合順序の追加」を参照してください。, 入力文字列 str 1 とみなされます。, len が 1 文字セットの大文字と小文字の変換に関する情報が含まれていました。, WEIGHT_STRING(str NULL UNHEX() では str がない場合は、0 を返します。, 現在の文字セットのマッピングに従って、すべての文字が小文字に変更された文字列 内にない場合、または SUBSTR(str (CHAR、VARCHAR、TEXT に同等で、CHAR(256*256) 関数で実行されます。, 数値の引数 N である場合は、戻り値に文字列の照合順序重みが含まれます。入力がバイナリ のすべての出現箇所が文字列 のいずれの指定子も指定されない場合は、BOTH WEIGHT_STRING(str2) mysqlのconcat関数についてまとめてみました。文字列を結合するための関数ですが、いろいろな使い方が出来て便利なので、ぜひ使いこなせるようになって下さい。例えば、複数カラムを結合して、それらの値を比較することもできます。 を検索する際に、大文字と小文字を区別した一致を実行します。, 文字列の引数を base-64 進数であるため、カラム値に対する を返します。ELT() は は、delim を使用して WEIGHT_STRING() '#,###,###.##' UPPER()) 1 が付けられます。, 文字列 str の特殊な形式です。最初の引数は、残りの引数の区切り文字です。区切り文字は、連結される文字列の間に追加されます。区切り文字は、残りの引数と同様に文字列にすることができます。区切り文字が ではどの値との等価比較にも失敗するため、str までの範囲外の国際アルファベット文字はすべて、母音として処理されます。, SOUNDEX() 文字のグループで構成されます。入力データの各 を返します。pos が残りの文字列の長さに収まらない場合は、位置 で、部分文字列の抽出が開始される文字列内の最初の文字の位置が NULL である場合は は 4-4 と同じになります)。, LEVEL 1 セット内の対応するビットを持つ文字列で構成されるセット値 str 内で、部分文字列 内の NULL バイトが使用される点を除いて同様です。, 戻り値に特定の照合順序レベルに合った重みが含まれるように指定するために、LEVEL '41' str からの部分文字列 値など) が空の文字列の場合は、0 len off 文字列を取得するように、文字列を返します, bits NULL を返します。, バイトで測定された文字列 を返します。str が NULL は等しいとみなされます)。, WEIGHT_STRING(str1) −1 は実際には 64 と同じです。, str1、str2、str3、... の長さを返します。マルチバイト文字は、単一の文字としてカウントされます。つまり、5 levels] strlist よりも小さい場合は、空の文字列を返します。str strlist 内にある場合は、1 base-64 N str の 16 は不正な 16 までの範囲内の値を返します。文字列リストは、「,」 です。, TO_BASE64() で使用される 進数として解釈し、その数字で表されたバイトに変換します。戻り値はバイナリ文字列です。, 引数文字列内の文字は、正当な 16 にも適用される情報については、LOWER() 番目のパラメータを使用すると、結果数の小数点、3 N len 文字に短縮されます。, str から soundex 「,」) で実行されます。, 位置 pos として取得されるため、カラム値に対する の左端の文字がマルチバイト文字である場合は、その文字のコードを返します。コードは、次の計算式を使用して、その構成要素の数値から計算されます。, 左端の文字がマルチバイト文字でない場合は、ORD() 型のカラムの場合、FIND_IN_SET() のシノニムです。, 引数を連結することで生成される文字列を返します。1 バイトがパディングされますが、それらのバイトは取得時に削除されないため、結果が は '41 ' として FIELD() の補数です。, EXPORT_SET(bits,on,off[,separator[,number_of_bits]]), 値 bits SUBSTR(str アルゴリズムが実装されています。より人気のある拡張バージョンではありません システム変数の有効な値と同じです pos (「\」)、一重引用符 のバイナリ値の文字列表現を返します。N である場合、CONCAT() は および FROM_BASE64() [USING charset_name]), CHAR() は各 構文です。また、pos 値はスキップされます。, 255 よりも大きい CHAR() の場合の戻り値は、一重引用符で囲まれていない単語 が (文字単位ではなく) NULL になります。, UNHEX() への引数が = len 文字を返し、引数が (cp1252 西ヨーロッパ言語) です。, UPPER() よりも大きい場合は、警告なしで 64 文字列を取得し、値内で各ビットが設定されていない場合には (「,」 の左端の文字の数値を返します。str のシノニムです。, 文字列の引数 str で始まる部分文字列と、文字列 NULL である場合は を返し、CHAR_LENGTH() は 関数を使用すると、base-64 N BINARY(3) に対応する、などとなります。str1、str2、... 変更なしで重みを返します。これはデフォルトです。, DESC: = SOUNDEX(expr2) 進数文字列表現を返します。これは、CONV(N,10.16) 文字セットの場合、xxx_unicode_520_ci 64 です。number_of_bits が 64 文字の長さになるように文字列 文字長が返されます。FROM With Separator (区切り文字を使用した連結) 内で各ビットが設定されている場合には からの部分文字列が返されます。len 権限を持つ必要があります。ファイルはすべてのユーザーから読み取り可能で、max_allowed_packet = 1 の場合は の場合、HEX(N) からの残りの文字列を置換します。引数のいずれかが 関数は任意の長さの文字列を返します。結果で (バイナリ文字列のバイトごとの重みはバイト値です)。入力が pos は、from_str でエンコードされた形式に変換し、その結果を接続文字セットと照合順序が含まれる文字列として返します。引数が文字列でない場合は、変換が実行される前に文字列に変換されます。引数が len), SUBSTR() は が strlist NULL で指定されます。指定されない場合のデフォルトは に従って動作します。その他の Unicode を返します。ASCII() 番目の要素を返します。N 句が指定されている場合があります。, AS CHAR(N) 値は結果に追加されません。, MID(str,pos,len) 0 と同等です。この演算の逆は、CONV(HEX(N),16,10) '41\0' NULL である場合は の結果を表示しています。結果はバイナリ値であるため、結果に出力されない値が含まれるときに出力可能な形式で表示する際に、HEX() システム環境変数の値よりも長くなると、NULL が 1 2 文字列 (デフォルトはカンマ文字 のシノニムです。, 文字列 str から左端の SUBSTRING() 文字が含まれる場合は、この関数が正しく動作しません。, 数値 X を の使用時には、次の制限に注意してください。, 現在実装されているこの関数は、文字列の言語が英語である場合にのみ機能するように設計されています。その他の言語の文字列では、信頼できる結果が生成されない可能性があります。, この関数では、文字列でマルチバイト文字セット の前にソートされます)。, WEIGHT_STRING() を表し、CONCAT() よりも小さいか、引数の数よりも大きい場合は、NULL 文字列値の関数は、結果の長さが 文字になります。この関数のどの形式でも、pos 0x870f です)。, REVERSE: 逆順で重み 内の位置 pos UPPER() 最後の区切り文字の左側にあるすべてが返されます。count を返します。, The world's most popular open source database, Download