やはり、産まれてから障害等が出てくるのでしょうか?  以上詳しくは成書を参考にしてください。, 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。 以上2点です。主治医は、ゆったりと構えていらっしゃるようで、大丈夫だからと言ってくださっていますが、頭の手術ということで、不安で不安で仕方ありません。 頭蓋骨には小さいものも含め穴がいくつもあいていますが、一番大きいものは首の骨;頚骨とつながる部分の大後頭孔です。つまり、ふくらんだ何者かに押されて代わりに脳がここから脱出することになります。 A 脳の成長が悪くて小さいこともあります。  a,b,c,の間には、 シャント...続きを読む, 1問目ですが、 祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿...続きを読む, おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。 閉塞性水頭症といいます。 ま、つまり酸素飽和度が一時的に85%になったからといって、それで脳細胞がやられてぼけたと言われると、じゃあ今の私は、何なんだ?ってことで。実際、倒れた次の日は元気そうだったんですよね? 内視鏡手術について補足します 内視鏡的第三脳室底開放術はこちらのタイプに有効です。  a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21) なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。 お体大事に、 参考までに, CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。, さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。 というわけで、禁忌とかかれているわけです。 2018/5/18 それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。 今年近くの病院の神経内科を受診(医師は国立大学医学部の准教授)し頭のMRIを撮った結果水頭症の疑い有りと診断されました。 ありえるのですが シャント機能不全に対する VPシャントほどの確実性は無いし この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようですが、夫の場合手術前は、そういうことはなかったんです。鎮痛剤をいただいて飲んではいますが、あまり効かないようですし、食後に少し吐いてしまうこともあります。」 また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!, 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。 A 赤ちゃんの場合は頭痛や嘔吐は出ないです。 ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。 術後の経過のうちで、こういうこともあるんでしょうか? 今年近くの病院の神経内科を受診(医師は国立大学医学部の准教授)し頭のMRIを撮った結果水頭症の疑い有りと診断されました。 その後の腹部レントゲン写真でチューブが入っていることを確認された。 それに、ちゃんと育っていくのでしょうか? これが脳ヘルニア(詳しく言うと大後頭孔ヘルニア)です。 水頭症時のシャントについて教えてください。 l-pシャントについて質問です。腹腔に流した髄液はどうなるのでしょうか?また、腹腔とはどこを指し、なぜ腹腔に流すのか教えていただきたいです。 Q先生の言うように「普通の人より脳室が大きいだけの子」なのでしょうか? 小脳の後下側から脳の外側に出ます ただし 成功した場合の機能不全の少なさが内視鏡手術の魅力であります 健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。 これは医療ミスに値しないでしょうか。, 母77歳、数年前より軽い歩行障害が出ていました。 心配でたまりません。。。  ↓注:は私の個人的見解です 内視鏡手術について補足します 現在パーキンソン病の薬を処方されていますが気休めのような気がします。  http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=17207876  ただ、出血は止まっているとのことですから、おそらくこの出血は吸収されてしまう程度ではないでしょうか?主治医へ詳しく説明を求めたほうがいいと思います。  a,b,c,の間には、 脳室内で作られた髄液は第三脳室→中脳水道→第四脳室を経て どこかでイラスト等を見ていただきながらだと、少しはわかりやすいと思います。, 腰椎穿刺というのは、くも膜下腔(脳と脊髄周囲にある空間で髄液が流れているところ)に太い注射器を刺し(ここでは腰椎穿刺という名前からもおわかりのように、背中の部分からですね)、髄液を採取することをいいます。 もともと認知症(痴呆)の治療として、最近は老人ホームでも身の回りに思い出になるものを置き、小さな家具などは家で使っていたものを使用することが望ましいといわれるくらいです。